FC2ブログ

音楽劇 ヴォイツェク

唐突に、ヴォイツェクのお話を。
2013年10月ですってよ!
下書きが残っていたので、加筆修正して、更新ー。

公式さんから。
「ヴォイツェク」は、とある殺人事件をもとに書かれたヨーロッパの未完の戯曲。
作者ゲオルク・ビューヒナーの生誕200年にあたる2013年、この名作が、
演出・白井晃、脚本・赤堀雅秋という演劇界注目の初タッグで甦る!
三宅純の音楽世界を、ヴォイツェク役の山本耕史はどう演じ歌うのか?
ストーリー
美しい内縁の妻マリーと、幼い息子とともにささやかな暮らしを営む一兵士
フランツ・ヴォイツェク。高慢な大尉の髭を剃り、尊大な医師の実験対象となって
わずかな日銭を稼ぐヴォイツェクだが、ある時マリーが男盛りの鼓手長と浮気して
いると聞かされる。
あるときは怪しげな見世物小屋で、あるときは猥雑な酒場で、ヴォイツェクの
目を盗んで鼓手長と会うマリー。ヴォイツェクはいつしか奇妙な幻視と幻聴に苛まれ、
マリーへの不信を募らせていき…。

山本耕史/マイコ/石黒英雄 良知真次/池下重大 青山草太 /日比大介 
駒木根隆介 加藤貴彦/半海一晃 春海四方/真行寺君枝/今村ねずみ 団時朗

ヴォイツェク、純粋でした。
人の話を聞いてる時の目、周囲の人の動きを見ている目、痛々しくて。
手の動きや首の傾げ方、動き方全てがヴォイツェクという人間なんだなあと。
やっぱり、山本さんの声、好きです。
でも、カール(良知真次)の♪人差し指から、めーしあーがれー♪
がぐるぐるしてます。←今だにすぐに思い浮かぶ。

最前列で観ていたので、ヴォイツェクの息遣い、汗、細かい動き、
ほんとによく見えました。
最後の方で、放心しながら、目の前を走って往復するのも、じーっと見ました。

今村ねずみさん、初っぱなから、
物凄い目が合いまくりで、大変びびりました。
が、しゃべるまで、ねずみさんだとわかりませんでした。
相変わらず、体のキレが素晴らしい。

贅沢だけど、最前列だと、最後の湖が見えなかったのが残念。
マリーは全然見えなかったです。
まだ死なないのか、の後は、足や手首なんかも切ってたのかしら。
その後、マリーはずっと湖にいたのかしら?
あと、ヴォイツェクは、湖の深みにはまって死んでしまったのかしら。
そこは人それぞれの解釈で良いのかな。

水面を反射する光や、ナイフを投げる距離、ばしゃばしゃ歩き回るヴォイツェクから、
そうとうでかい湖なんだな!ってことはわかりました。
そういえば。見えないとこもあるかわりに、見えちゃったところもありました。
開演前、帽子被って下手袖をうろうろしてる男性がたくさんいて、スタッフさん
見えてるよー、と思ったら出演者でした(笑)
袖で乳母車持ってスタンバイするマリーやカールも、見えました。
目の前で舞台を見つめるねずみさんやカールも思う存分じろじろ見れたし、貴重な体験。

殺人は悪いことに決まってるのに、ヴォイツェクの純粋さが痛々しすぎて、
可哀想になってしまう。
時々、同調しかけて危なかった。空を見つめて、ゆらゆら揺れながら話されると、
催眠術みたいに、自分も一緒に揺れそうで。
危ない危ない。
引きでも、見たかったなあ(贅沢)

首を少し傾げて、せかせかしてるヴォイツェク、目がいっちゃってるのとか、
早口でぶつぶつ言うのとか甦ってきます。
だけど、歌うと、静かなのに力強い。
純粋で真っ直ぐだから、心の中で思っていることは強いんだろうなあ。

重い話だから、なかなかの疲労感だったけれど、
終演後、思ったより全然どろどろした気持ちではなかったです。
妙な爽快感があった。殺人なのに!?殺人だから???


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
blogram
blogram投票ボタン
演劇ブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード