FC2ブログ

ナイツ・テイルー騎士物語ー 1

本日から、舞台写真入りパンフに切り替わったんですって。
2800円。わたくしは、とてもとても買えませんでした。
良いんです。我慢です。

脚本:ジョン・ケアード
作詞・作曲:ポール・ゴードン
日本語脚本・歌詞:今井麻緒子
原作:ジョヴァンニ・ボッカッチョ[Teseida]、
ジェフリー・チョーサー[騎士の物語]、
ジョン・フレッチャー/ウィリアム・シェイクスピア[二人の貴公子]
演出:ジョン・ケアード

アーサイト:堂本光一
パラモン:井上芳雄
エミーリア:音月桂
牢番の娘:上白石萌音
シーシアス:岸祐二
ジェロルド:大澄賢也
ヒポリタ:島田歌穂

公式さんから粗筋。
テーベの騎士で従兄弟同士のアーサイト(堂本光一)とパラモン(井上芳雄)。2人は厚い友情を誓い合い、騎士としての誇りと名誉を何よりも大切に生きていた。戦争により敵国アテネの大公シーシアス(岸祐二)に捕虜として捕えられるも互いに励まし合いながら同じ牢獄で過ごしていた2人は、ある日シーシアスの美しき妹・エミーリア(音月桂)を牢獄の窓から見掛け、同時に恋に落ちてしまう。だが、アーサイトは追放され、テーベに戻るよう命じられる。アーサイトは、残ったパラモンがエミーリアに近づくのではないかと、一方パラモンは、祖国に戻ったアーサイトが兵を率いて攻め入りエミーリアを奪うのではないかと、互いに敵愾心を抱きながら、愛するエミーリアを必ず手に入れると決心し道を違えて行く。

テーベへ戻る道中で、アーサイトは森の楽団を率いるダンス指導者ジェロルド(大澄賢也)に出会う。エミーリアの誕生祝賀の稽古をしている一座に名を偽りダンサーとして加わった彼は、再びエミーリアに出会うチャンスを得る。その頃パラモンは、食事の世話をしてくれる牢番の娘(上白石萌音)の手引きにより牢獄を脱出する。牢番の娘は脱獄という危険を冒すほどパラモンを愛していたが、ふとした瞬間にパラモンが去ってしまい、ショックのあまり正気を失ってしまう。

エミーリアに再会したアーサイトは、シーシアスが愛するヒポリタ(島田歌穂)の計らいも有り周囲には正体を隠して彼女に仕えることになったが、シーシアスやエミーリア達と狩猟に出かけた森で、無二の友であり今や恋敵となったパラモンと出会う。

艱難辛苦を経て再会した2人は、どちらがエミーリアを得るにふさわしいか男か、愛と名誉そして生死を賭けて決闘を挑むのだった―。

思いの外、二人とも、アホの子だった。←言い方。

ジョン・ケアードの演出は、私には心地良すぎて、
気持ちがふあふあして、ぼーっとなるのだよ。
なんかねー、うとうとーっとしそうになるの。
決して面白くないわけじゃなくて。ぽおーっとするのね。
「十二夜」の時もそうだったから、演出のせいだと思うのね。
しかし、レミゼは全然大丈夫だったんだよなあ。
シェイクスピアに関してだけなのかしら。
あ、でも、ダディも、途中、ぽおーっとした気がする。

なんかこう、祝祭劇って感じがしました。
何でだろう。
和太鼓とか、円を多用したセットとか、そういう効果もあるのかな。
盆が回るセットって好き。なんか、わくわくする。

ちょっと遠目から見てたのだけど、神田恭兵さんは、見つけられた。
可愛かったり、カッコ良かったり。ええ声だったり。

光一さんのお芝居、初めて観たよ!(テレビでも見たことない)
安定してる。腰が座っているというか。そして、美しい。可愛い。

芳雄さんの、軽妙な台詞回しが好き。
お茶目だったり、カッコ良かったりするから困る。←何故困る。

男性陣に比べて、女性陣は、皆、凛として、美しかったなー。
音月桂さん、好きー。

芳雄さんと光一さんの声って合うんだねー。
ハモリがとてもきれいだった。

そういえば、光一さんは、華を消すこともできるんだね。
村人に混ざって踊らなくちゃいけないとこは、すっと混ざってるし、
その後、目立つべき時は、さっと、華が出て、ぱあっと明るくなる。
器用な人よのう。。。
器用というか、持って生まれたものか???

最終的には、大団円で、良かったねーというシェイクスピアな
感じなんですけども。
エミーリアが、アーサイトを好きになるとことか、唐突。
本人も言ってたけど、やっぱり顔?!(笑)

ありがたいことに、もう一回観られることになっているのだが、
次はもっと、まともな感想をのべられるでしょうか。
かっこいーかわいーしか書いてない気がする(笑)


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
blogram
blogram投票ボタン
演劇ブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード