FC2ブログ

宝塚BOYS 2018 team SEA 3

夢の続きが見たいです。

見ている間に、私が、お芝居を観る意義とは?
という疑問が浮かんできて自分で驚いてしまった。
それは、こういう作品、こういう瞬間に立ち会えるから
かもしれないなあと思いました。

BOYSたちが夢見てたように、私も、舞台上に夢を見る。
でも、その夢は、逆にどうしようもない現実も突きつけてくる。
だから、私は、何を見ても泣かないのかもしれない。
どこまでも強い自意識よ(溜息)

ただただ楽しい可愛い面白いだけの作品も見たくなったな。
少々疲れました。

皆、素敵だったよ。
素敵の一言で片付けるのも、なんだけど。

ハプニングもありました。
冒頭、カーテンが上手く閉まらなくて、何度もやり直す上原さんが、
とても上原さんだった(伝われ!)

馬の脚の練習の時、山田さんの蹴りの時に、
何かがスコーンと客席に飛んで行きました。
あれ、長谷川の扇子だったんですってね。
馬の足から何か取れたのかと思ったよ。
お客さんが、舞台上に、そっと戻しに行ってました。
あれは、戻さなくても、良かったような。
お客さんにダメ出し?(笑)

男子部解散を告げられて、池田さんに小林十三先生に会わせてくれと、
すがりつき崩れ落ちる竹内に、上原さん、竹田さんって、呼びかけなかった?
私だけの幻聴?
その後、肩に手をおいて、竹内さんって、あらためて言ってたけど。
良知くんがそんな失敗するわけないか。

奢るの誰か決める飴ちゃんの場面。
ハッカが当たった長谷川が、駄々をこねて、星野にハッカ押し付けてた(笑)
太田川が、星野さん羽交い締めにしてる間に、
長谷川がハッカ飴を星野の口に押し込んだ!

木内健人君が、挨拶の時、泣かないようにしようと思ってたのに
泣いてしまったら、隣の藤岡正明さまが「○(放送禁止用語)出せ!」
と言って、びっくりする木内くんに「涙引っ込んだだろう?」って、
いたずらっ子な顔するの反則過ぎた。
それでもやっぱり泣いちゃう木内くん。
木内くん、10年前の再演を初めて見て、客席で溺れるかと思うくらい泣いて、
とても出たかった作品なんですって。
夢が叶ったんだね。

次に挨拶した藤岡さままでが、まさかの泣き出してびっくり。
芝居をするのが怖くなったことがあって、
芝居って良いなあって思えるきっかけになった作品が、
裕美さん演出の「たとえば野に咲く花のように」、だったんですって。
続けていれば、こんなふうにご褒美があるって、
再び宝塚BOYSに出られたことをそんなふうに思ってるんだなあと、
嬉しくなったよ。
私にとっても、とても大事な作品だから。

はっ。真っ白に燃え尽きていて、藤岡さんの男泣きに衝撃を受けていたら、
竜治くんの挨拶の内容、覚えてなーいー。
すっきりまとまった挨拶だった印象はあるのだけど。
後で、検索してみよっと。
悔しいから、昔のトークレポの「サングラス事件」と、
「竹田クリスタル」でも読み返そう。

あー。終わってしまった。
この作品、これからも上演してほしいですね。


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
blogram
blogram投票ボタン
演劇ブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード