一夏二夏

成河さんの一人芝居「フリー・コミティッド」初日ですね。
おめでとうございます。
私が観に行くのは、まだまだ先です。
DDD青山クロスシアターに、無事に辿り着けるのかが心配。
超方向音痴なもので。
青山劇場の手前の道を曲がれば良いんだよね?←誰にきく。
青山劇場、何度も行ったくせに、そこも怪しい。
行くまでに、念入りに調べておかないと。
さっき、ぐーぐるびゅーで行こうと思ったんだけど、
どうしても進めなくて困った。
ぐーぐるびゅーの中でも、迷子になる奴ー(焦)

2001年7月の日記を読んでいたら、田村孝裕さんの作品について、
書いてある日がありました。
一部抜粋加筆。

劇団ONEOR8が、ぴあに取材されました。
うーん。すごいのう。頑張っているのう。←何目線(笑)
調べてみると、
2001/7/17~22 下北沢「劇」小劇場 第8回公演 『一夏二夏』
のことでした。作・演出はもちろん、田村孝裕さん。
田村さん、出演もしてるー。

■キャスト
渡辺純一郎(無機王)
田村孝裕
野本光一郎
西松希(無機王)
冨田直美
菅野さおり(チャリカルキ)
冨塚智
河口高志
恩田隆一
西山竜一(無機王)
和田ひろこ
猪股俊明
平野圭
近藤勇
今井千恵
金森勝

公式さんのあらすじ。
「夏」をキーワードにした8つのオムニバス。
1:アパートの一室。「暑さにやられて仕事を休む男」
2:女の部屋。「今年こそは水着を着るつもりでダイエットを決意する」
3:自転車駐輪場の管理室。「ある男が自転車日本一周旅行中に…」
4:ムサ苦しい男の部屋「妹が突然結婚を報告に訪ねてきて…」
5:ある作家の部屋「作家先生がいない中、〆切り間近で焦る編集者」
6:別れる男女の部屋「引越し当日。譲れない荷物の取り合い」
7:その引越し業者達。「やる気のない引越し屋。はたしてちゃんと引越し出来るのか…」
8:男二人同居の部屋「もしかしてホモなのか?」

毎回、「あー、そういうことある。」と思う部分が必ずある。
言葉とか、しぐさとか。
ダイエットする女の子が出てきたり。
その子のしゃべる言葉が、リアルで。
男なのに何故わかる?その気持ち。
と、思った。怖いわあ。日ごろから観察してるのかしら。
日常の中で、ふと現れる安らぎの瞬間とか、
何故か居心地のいい場所だとか、ちょっと懐かしい感じの風景がある。
ずっと、ここにいたいなあって思う場所。瞬間。
今回は、あんまり強調されていなかったけど。
でもやっぱり、その部屋自体に居心地のいい瞬間があって。
ずっと、続けばいいのにって、登場人物達が思っている感じがするのだ。
田村さん自身が、そういう場所を求めてるのかなあとか、思ってしまう。
どうなんでしょうね?(笑)

勝手な感想だけど、田村さんの作品は、お客さんに優しいなあと思う。
救いようのない終わり方って、2つぐらいしか観たことないかも。
後味が良い=良い芝居、とは限らないけどね。
今後の作品も、見続けたいと思います。


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
blogram
blogram投票ボタン
演劇ブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード