FC2ブログ

宝塚BOYS 2018 team SEA 1

原案:辻則彦(『男たちの宝塚』より)
脚本:中島淳彦
演出:鈴木裕美

上原金蔵:良知真次
竹内重雄:上山竜治
星野丈治:東山義久
太田川剛:藤岡正明
山田浩二:石井一彰
長谷川好弥:木内健人
竹田幹夫:百名ヒロキ
君原佳枝:愛華みれ
池田和也:山西惇

胸がいっぱい。やっぱり、泣かなかったけどねっ。
私、ほんっとうに泣かないなー。

あんまりにもぐったりして、ぼーっとして、
DVD、申し込まないで帰ってきてしまった。
買うのは決まったんだけど、両バージョン買うかどうか。
ヨシ、両方買ってしまえ!
経済をまわしてるってことで。

作品自体の感想は、前回公演の時に随分書きました。
2013-07-24「宝塚BOYS 2013 1」から。
もっと書こうと思って、下書きはしてたんだけど。
6までで、終わってます。←じゅうぶん書いてる。
今回のバージョンで感じたことを中心にぽつぽつと。

メンバーが違うと、当たり前だけど、全然違いますね。
今回は今回で、とても良いのです。
役替わりした人が多いのだけど、しっくりくるのが不思議。

あー。情緒不安定。ちょっと落ち着こう。
こういうのは、誰かと一緒に観て、お話ししたいもんです。
消化しきれないもん。

夢を叶えるために、夢を一生懸命追いかけているのが、眩しい。
今回の私の視点は、おばちゃん側からになってた。
BOYSは、まだまだ若いから、いくらでも、夢を追いかけられるよ。
私は、もうとても間に合わない気がしてしんみり。

夢を見るってことが、今の私には無いので、
BOYSたちが、とても眩しかった。
キラッキラしてるよね。

皆さんの、感動と賞賛の嵐を読んで、ついていけなくて寂しくなってる。
どうしたんだろう?集中力が足りなかったのかな。
絶賛ばかりだから、私の感じ方がおかしいのかと思って哀しくなる。
もちろん、素晴らしかったけれども!

成河さんが、言ってた!
受け取ったものに正解は無いって。
いや。むしろ、全部が正解だって。
のめり込めなかったのも、間違っていないよね。
思い入れが強すぎるから、色々考えちゃったんだよね。
今日は、こんなざっくりした感じで。
次回は、気になったこととか、印象に残ったことなんかをちょこちょこと。


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
blogram
blogram投票ボタン
演劇ブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード