おん・すてーじ 真夜中の弥次さん喜多さん 三重

乗馬行ってきました。
乗馬行くと、必ず体重が増えます。
運動すると、すぐ筋肉がつく。筋肉量が増えるんですうー。
ああ。華奢になってみていよう。←言い回しもおかしくなるってもんです。

さて、弥次さん喜多さんのお話、観てきました。

脚本・演出:川尻恵太
唐橋充/藤原祐規
佐藤祐吾/芹沢尚哉/深澤大河/大海将一郎/岩義人
田代哲哉/コロ(ピヨピヨレボリューション)/松本寛也/湯澤幸一郎
&日替わりゲスト

公式さんから、あらすじ。
しりあがり寿さんの漫画「真夜中の弥次さん喜多さん」を原作とした、
歌、ダンス、パフォーマンスを絡めたエンターテイメント舞台。

弥次さんと喜多さん・・・
薄っぺらな江戸の町からリヤルを求めて旅に出る。
お伊勢さんに行けば全部叶うんだぃ!
しかし、途中の関所は奇妙奇天烈なところばかり・・・
出逢う人も、出来事も不思議なことばかり・・・

はたして!
弥次さんと喜多さんは、お伊勢さんにつけるのか・・・
お客様はリヤルを実感することができるのか・・・

相変わらず、シュールでわけがわからなかった(苦笑)
そのシュールなお話に、役者さんが全力投球なのね。
あそこまで振り切っていると、清々しいです。
何が何だかわからないんだけど、
弥次さん喜多さんの愛に溢れていました。

お久しぶりの湯澤幸一郎さんが、若者たちの全力をどしっと支えてて、
役的にも、人間的にも、仏様感。
(でもって、やっぱりマグダラがまた観たくなった。)

喜多さんを演じるふっきーは、何でこんなに愛らしいんだろうね。
今回は、最後にほっこり。
松本くんが主役だったんじゃ。。。みたいなね。
前説に繋がるのが驚きでした。

カテコ挨拶。岩義人くん。
この作品は愛に溢れていて。。。って言ってたな。
(私もそう思った!<愛に溢れて)
あと、この役にキャスティングされて、危ない刑事を見て
すごーく研究したらしいです。
拳銃撃った後に、すーっと手を下げるところとか、走り方とか。
そういうところも、もう一度観て欲しいって。
あ。もう終わってしまったので、気になる方はDVDで。

ふっきーも挨拶したんだけど、今回で、一区切りだとか。
知らなかったー。
またやることになったら「帰ってきた○○!」
ってやれば良いって言ってて笑いました。
どこかで聞いた言い回し(笑)
舞台あるあるだよね。

何だかんだ言って、3作品全部観た。
わけがわからないけど、どの作品も、愛に溢れているよね(再)


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
blogram
blogram投票ボタン
演劇ブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード