FC2ブログ

ロック☆オペラ サイケデリック・ペイン

これも、昔観たやつー。2015年4月銀河劇場で見てました。
最近、中途半端に書いた感想を発掘してくるのが流行り。

作:森雪之丞
音楽:布袋寅泰
演出:茅野イサム
小越勇輝 桜田通 佐藤永典 慎之助 汐崎アイル/
七木奏音/玉置成実/佃井皆美 冨森ジャスティン 林野健志 山岸門人/
麻生かほ里/藤木孝 …and more

初演の公式HPから、粗筋拝借。
――どこか懐かしい近未来。

人気急上昇中のロックバンド“サイケデリック・ペイン”の
ヴォーカル・詩音の前に現れた謎の美女ソフィ。
自らを天使だというソフィは、“ブレイン・スクエア”のハッキングで
毎夜詩音に、「世界を救えるのはあなただけ。あなたが救世主です。」と訴える。
大天使ミカエルを復活させるための3つの鍵、
その最後の鍵『救世主(メシア)の孤独』を、詩音が隠し持っているというのだ。
いつしかソフィの存在は、人知れず“孤独”を抱えていた詩音の心に、
特別な感情を芽生えさせた。

ある日、異変に気づいた“サイケデリック・ペイン”のギター・魁人
に詰め寄られ、詩音はバンドを辞めると言い出す。
――信じ続けたROCK、夢に向かって共に歩んできた仲間たち…
それらを捨ててでも、ソフィを守る。ソフィへの思いは、“愛”に変わっていた。

救世主の宿命を背負った詩音と、そんな彼を放っておけない魁人、
そしてバンドのメンバーは、復活をめぐる“天使”と“悪魔”の
争いに巻き込まれていく。

奇しくも“サイケデリック・ペイン”野外音楽堂でのライブ当日。
ついにすべての鍵が揃い、ステージ上で詩音はソフィへの愛を証明するために、
救世主であることを受け入れようとするが・・・
――悪魔を崇拝する秘密結社“ダークネス”も魔王ルシフェルの降臨を願い、
その時を狙っていたのだった。

“天使”と“悪魔”……それは、人間が持つ複雑な心の分身。
“善”と“悪”“光”と“影”相対する2つのパワー・バランスが
崩れた近未来社会で、幻のような痛みを抱え、迷いながら未来を模索する若者たち。
彼らが、本物の“愛”に出会ったとき、そこには真実(ほんとう)の“天使”
が現れる……。


いのうえひでのりさんとか、河原雅彦さんの演出の方が合うんじゃないかしら、
とか、身も蓋もないことを考えていたら、初演はいのうえさん演出だった!
なるほどね。。。
小越勇輝さんに「お前ら立てよ!」と、煽られる日が来るとは。
「2階も3階も立てよ!」と、煽りつつ「落ちんじゃねーぞ!」
と、気遣いを忘れない小越さん(涙)
小越さんが女子といちゃいちゃするのは、微笑ましく見ていられるのに、
桜田通さんがいちゃいちゃしていると、見てはいけないものを見ている気が
してしまうのは何故だろう。通さん、大人になったなー(しみじみ)

小越くん、一生懸命、ロッカーになろうとしたんだろうなあと思いました。
真面目なんだろうね。
ものすごく楽しみにしてたのだけど、世界観とか、なかなかついていけんかった。
小越くんは、いかんせん、見た目が超可愛いので、
高校生がバンド組んでるようにしか。。。
喉やられたのか、音域が合わないのか、バンドの音に埋もれちゃってた。
通のソロの方が、ばんばん聞こえてた。
通は、大変おいしい役でした。色気もあったなー。

アイルとさとちゃん、出番が少なかった。
ライブ場面では確かにいるんだけど、ドラムとキーボードは後方だし。
バンドとして数コーラス、ソロで歌ってたぐらいで、
ミュージカル曲でのソロは無し。
悪役の、ジャスティンや、林野たけちゃんの方が断然出番がありました。

おごたんは、あの見かけだから、今後、作品選びが大変かもねえ。
今回の役、阪本奨悟の舞台復帰作にしても良かったんじゃ。
とか、身も蓋もないことも考えてしまいました。
おごたん、頑張れー。

って、こんな中途半端なところで、感想が終わってる。
しかも、世界観にはまれなかったから、役者についてうだうだ。
話しの内容はどうだったんだ?!
思ってたのと全然違っていて、ぽかーんとしちゃった記憶。
でも、通さんが、色気もあって、大人になっちゃって、
何だか、どきどきしました。
天使とか悪魔とか、ファンタジーじゃない世界観の中に出てくると、
ちょっと、浮いて見えちゃうんだよね。
今見たら、もうちょっとこう、楽しめるかもしれません。


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。
コメントくださったYさま、ありがとうございます。
Tシャツコメントは、最初の部分だけだったんですね。
簡潔で、おかしいとは思わなかったです。大丈夫でしたよ。

今日は、体験2回目、力を抜くように意識してみました。
前回ほどは、ぐったりしませんでしたー。
この調子で、あと1回体験してきます。

妹さんのお友達さん、面白い職種ですねっ。
前に、そういうお仕事の方を特集した番組を見たことがあります。
お握り300個、すごい!
小林薫さん、渋くてカッコいいですよね。

やっぱり、季節の変わり目のせいですかねえ。
お互い、はやく、すっきりしたいですね。
スポンサーサイト



テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
演劇ブログ
メンタルヘルスブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード