FC2ブログ

あんちゃん 1

おでんの具は、ちくわぶが一番好きです!!!

はい。見た人にしかわからなーい。←いつもですよね。すみません。
今回も、そんな感じで、つらつらと。
まずは、基本情報から。
何も知りたくないというかたは、気をつけて!

お前は、
誰かの、
何かのせいに
してきたんだよ。

脚本・演出:田村孝裕
北山宏光 長男(弟):凌
荻野目慶子 母:瑛子
田畑智子 長女:冴
菅原永二 担任:芹沢
広澤草 次女:准
ベンガル 父:国夫

公式さんより、概要。
「よう、あんちゃん」

幼い頃に家族を捨てたはずの父が突然に帰ってきた。
戸惑いを隠せない家族の心は揺れて交錯し、
父を憎んで生きてきた青年は、父そして家族への愛憎の間で激しく葛藤する。


お父さんが、ちくわぶ大好きなのって、逆行性健忘症で家族の事を
忘れてしまっても、凌が、学芸会で頑張って、ちくわぶくんを
演じたのが、心の奥底に残っているからなのかもしれないなあ。
凌も、ちくわぶ食べてるお父さんを本当に嬉しそうな、
優しい表情をして撮影してるもんね。
と、いきなり、ラストシーンの話から始めるわたくし。

キャッチコピーは、どちらかと言えば、姉たちに当てはまる。
考えてみたら、凌だけは、誰かの、何かのせいにしてきた事を
語っていない。でも、粗筋には、借金を残し、子供を捨て、
愛人と去って行った父を憎んできたって書いてあるから、
言えなかったけれど、心の中では、思っていたということか。

小学生の息子が、パパのとこ行きたい、パパと暮らしたいって
思っているのに、ママと一緒にいてって泣きすがるママ怖い(涙)
それで、一緒にいてあげる凌、優しい(涙)
姉達から、母を頼りにして、だらしない。男のくせにって言われても、
母からずっと一緒にいてって言われたからだって、言わなかった。
やっぱり、本当に、凌って優しいんだなあって思うわ。

姉たちが本当はどう思ってどう行動してきたか、
堰を切ったように、凌が話し始めて、それで、キャッチコピーって、
姉たちに向けたもの?!
凌が、姉たちに向かって言ってるの?
となりました。が、「お前」は、見てる人全てに問いかけてる、
そんな感じがしました。
私もそうだもの。

痛恨のミス。
最初に「あんちゃん」って呼びかけられた時の表情を見逃した(鬱)
「あんちゃん」にはなれなかった(流産した)のを知っているはずの
父から、「あんちゃん」って呼びかけられたんだから、微妙な表情
したはずだよね?ね?ちゃんと見た人教えてー。

とりあえず、本日は、思ったことをつらつら書いてお終い。
久しぶりのマチソワ、とっても楽しくできました。
出発は失敗しなかったのに、運転見合せというハラハラから始まりましたが、
あゆこさんと無事に合流できました。
マチソワ間には、原宿で美味しいパンケーキを食し(店名失念)、
ソワレ後には、下北沢で演劇の聖地巡り的な行動。
本多やスズナリを眺めて、居酒屋、三日月ロックへ。
焼き鳥んまかったー。お通しが、サラダバーなのも素敵。生野菜万歳。
あゆこさんは、どう考えても、関東人の私より、関東の地理に詳しいと思う。
お世話になりました。楽しかったです。また会えますように。


読んでくださった方、拍手してくださった方、ありがとうございます。
急に暑くなりましたね。
熱中症には、ほんとにほんとに気をつけて。
Yさまの猫さんの体にもこたえそうで、とても心配です。
スポンサーサイト



テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
演劇ブログ
メンタルヘルスブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード