FC2ブログ

最高はひとつじゃない2016 SAKURA

うん。そうだね。ひとつじゃない。

見に行った理由。
今まで見たこと無いジャンルのものを見て、気分転換したい。
うちくんが、見てみたい。
この2点。名前知ってる方はちょいちょい出てましたけど、
実際には、見たこと無い人ばっかり。
梅棒さんのメンバーは何人か、TAROやボンベイドリームズで、見たかな。
梅棒さんの踊りはやはり面白かっこいいね

気分転換になったかと言えば、また遭遇してしまったばかりだったから、
急に、思い出してしまって、気持ち悪くなったり、
話にの流れに関係無く、涙が出そうになったりしてしまった。
わざわざ、出勤時に、パートさんをつきあわせてしまう事も申し訳なく。
こんなこといつまで続くのかと。
わあああああああああああっ。
ってなことが、急に頭に浮かぶので、胃がぎりぎりしたりで大変でした。

2階から見てたのですが、KREVAさんが出てきた曲から、
1階前方の子たちが、手振りや、手拍子を始めたのでびっくり。
開演前に、拍手も起こりました。まるで、ライブみたい。
2階席でもノリノリの人はいましたが、私は色んな意味で、
ついていけず。まだ、手拍子できませんでした。
隣の子は、がんがんノリたそうだったのに、悪かったなー。
気にしないで、手拍子したり、手を振ったりして良かったのに。
そうそう。こういう感じなら(後で書くけど、スペシャルもあったし)、
芸劇みたいなかっちりした大きめな劇場より、FACEとか、
赤坂BLITZみたいなライブハウスの方がのりやすいような。
あー。でも、あのセットや照明なんかの演出は、
ライブハウスじゃ難しいか。
レーザー光線を多用した演出が、すんごいかっこよかったんです。

はい。公演情報。
音楽監督:KREVA 原案:町田誠也 脚本:野村昌史 馬場巧
演出:野村昌史 田村敦史 馬場巧
出演
KREVA 内博貴
増田有華 綿引さやか AKLO
梅棒 最強歌少女2
ブラザートム
Mummy-D(ライムスター)
小西真奈美
馬場巧 浅野泰徳 程嶋しづマ 宮崎重信 大岩主弥 熊井吾郎

うお?脚本が2人に、演出が3人。
桜を題材にしたお話が3つだったから、それぞれ違う人が
書いたり演出したりしたのかしらん。

ネタバレ、ありますので、知りたくない人は、気をつけてー。
役名書いたら、それだけでネタバレなんよな。
わりとヨコシマな気持ちで観劇しに行ったので、かるーいみーはーな
感想ばっかり書くよ!(宣言)

内くん、びじん。
だけど、声が太くてしっかりしてるというギャップ。
ピンクの帯がなんだか可愛い。←途中から衣装の意味もわかってきます。
遠目で見てたから、可憐。
名前しか知らなくて、つい先日、某グループの8番目の人を調べていて、
いきあたりました。
この人「オダサク」で、新納慎也さんと共演した人だ、と気付きました。
新納ファンの友人、内くんのこと、なんて言ってたっけなあ。。。
私は、見てないのですよ。確か、再演もしましたよね。
評判良かったってことかな。
っていうか、新納さん、内くんと、同年代の役だったんですよね???
どうだったんだろ。内くんが、予想以上に今時のイケメンだったので、
新納さんと同年代設定って、想像つかない。←安定の話のそれ具合。

ラップというのは、演劇的に、かなり使える技なのかもしれん。
と、思いました。今まで、そんなこと思ってなかったけど。
だって、よくよく思い返してみると、かーなーりーストレートに、
かーなーりー、くっさいこととか言ってるんですよ。
普通に歌いあげられたり、台詞で言われたりしたら、
ひゃあああってなりそうなことも。
だけど、ラップで表現されると、なんだかカッコイイ!ってなる。
聞き取れない歌詞も多かったのが残念。
殆どの人、聞き取りやすかったので、聞き取れなかったのは、
曲調によるみたいです。
今現在の、最前線のラップのリズム、イントネーション、言葉の切り方。
日本語に聞こえなかったりするんよー。
そう。きっとそれは、歳のせいーーー(涙)

ちょーっとかったるいな、と思うような、だらっとしたシーンが
多いような気もしたし、時々、スペシャルライブショー
を見ているような気がして、一瞬、本筋を見失いそうになった(笑)
それがちゃんとかっこいいものだから、普通に、
ライブに参加しているような気持ちになっちゃうのよ。

古くからの桜さんたちが、人間や、新しい染井吉野くんを
見守る視線がとても温かく。ほっこりしました。
周囲にはなーんにも興味が無くて、何で生まれたかわからなくて、
どうしてここにいるのかもわからなくて、ずーっと元気無い内くん(違)が、
だんだん周囲に興味が出てきて、行動的になって、周りの意見をきくようになって、
うちとけて、表情や声が柔らかくなっていくのがとても素敵でした。
華があるねえ。

桜にまつわるお話、時代を越えて、行ったり来たり。
その中で、だんだんと青年は変化していく。
はっ。ブラザートムさんがとても良かったの。
フル・モンティの時も、面白いなーと思ったんだった。
トムさんがいたのは、新撰組関連(微妙に濁す)の場面なんだが、
トムさん(役名はふせる)が、吉野くん(トムさんが命名した内くんの役名)に、
「お前、イケメンだから、沖田総司やれ!」って、言うもんだから、
あのお姿が見られるのかと期待しちゃった。
けど、また、時代が入れ代ってしまったので、総司の扮装は無しでした。

増田さんと、綿引さんの区別がついてなかったんです。
超早替えだな。とか、あれ?さっきと雰囲気違う?とか思ってました。
違う人かーっ。二人とも見たこと無かったからかしら。
なんか、ごめん。
両人と、両人のファンの人に失礼ね。
いや。2人とも、お芝居もお歌も無難に上手かったもので。
声質も似てたのかな。ほら、遠目で見てたから(もにょもにょ)

小西真奈美さんは「Nのために」と同じに見えて、衝撃だった。
透明な雰囲気と、哀しそうな綺麗な語り口が印象に残ってて、
ドラマでは、ああいうキャラクターなのだと思っていたのだけど、
この舞台でも、しゃべり方一緒だたよ。。。
あれ?この人、Nのためにから、出てきた?!と、思いました。
そして、お歌は。。。うん。ちょっと、アレ、でしたね。
可愛らしいと言えば、可愛いけれども。
初っ端、1人で出てきて、ちょっと長めに、アカペラで
歌ってくれるのですが、唖然としてしまった。
あれも味と言えば味なのか。と、自分を納得させてみる。

ウチクレバ、って、くればさんのダジャレだと思っていたけど、
(劇中でも「うちくればー?」って台詞あった)
うちくん+くればさん=ウチクレバ
なのか!と、観劇中に気付いた(遅)
私が観た回は、「SPECIAL DAY」でございました。

3月年度末で忙しいあなた
4月からの新生活を迎えるあなた
そんな皆さんを”ウチクレバ” は応援します。
3月30日(水)、31日(木)、4月1日(金) は、
SPECIAL DAYS - ウチクレバスペシャル ~あなたのそばで咲き誇る~ と題し
スペシャルな演出で皆様をお迎え(応援)します!!
SPECIAL回にご来場頂いた皆様には、スペシャルセットリストカードを
プレゼントいたします。

だそうです。
なんかスペシャルらしい、という曖昧な情報だけ入れて見てたから、
どこがスペシャルなのかわからないかと思った。
ブラザートムさんが、わかりやすく、スペシャルなことをやれ、
と、振ってたので、あの場面がいつもと違うんですな。
くればさんと、うちくんのファンは、行くと良いよ!
できれば、1階席で。もっと選べるなら、通路際で!
スペシャルは、あと、今日1日だけだけど。
上から見てて、わー、これは、ファン、倒れちゃいそうだわー、と。
実際、脱力してる子、おったもん。
目を見つめて歌われたり、肩ぽんぽんされたり、
ハイタッチしたり、握手したり。
一ヶ所、関係者が多いエリアだったのか、内くんが目の前で
歌っているというのに、誰も、ハイタッチに行かないとこがあって、
もったいないーーーーーっ、と、思いました。
中央通路際ね!
後ろ側の女の子たち、めちゃくちゃ触りたそうだったけど、
なかなか難しいわよねえ。

上演時間が長いので、ちょっと疲れた。かな。
18時半開演でも、カテコで、退館時間が迫ってるって、
くればさん、言ってたもん。
それなのに、べらべらしゃべり始め、なかなか締めない内くん(笑)
イメージ的には、クールなタイプかと思ったんだけど。
それは、役柄だけか?
だんだんテンション上がってきて、おかしなことになってました。
くればさん、退館時間気にして
「閉じ込められたら、もう一回やらなきゃ」って。
お客さん、大喜びで、ひゅーーーーっ、ですよ。
そこ、喜んでる場合じゃない。無理。って、くればさん突っ込んでました。
急かされて、早口で、変なテンションのまま、コールアンドレスポンスの
指示を出す内くん。
あれ、やりたいんでしょ?って、言ってたけど、お決まりなのかな?
内くん「最高はーって言ったら、ひとつじゃなーい。ね。」
。。。なんという、大雑把な説明(笑)
なんか、キャラが変わってきて「お前ら、パッション見せろよ」
とか、言いだしてました。周りは、内くんどうした?ってなって。
更に「俺らもパッション見せるから、お前らもパッション見せろ」と。
テンション上がりきってなかったから、パッション見せるところまでは
いきませんでしたけども。「ひとつじゃなーーーい」は、やりました。
満足気に空を見上げて、手を口元に。そのまま、投げキスしてました。
あれですよ。手のひらじゃなくね。軽く握った手の親指で。
内くんは、いつも、こんなたらしなことするのかしら?
ファンの子たち、ぎゃーってなってました。

第一目的の、うちくんを見る、は、十分達成できました。
堪能。実は、顔も知らずにいったからね。
どれが内くんかわからなかったらどうしようかと。
大丈夫だった。
勝手に想像してた人物像とは、かなり違ってたけど。
声も滑舌も良いし、舞台むきですなー。

わー。なんか、話の内容に殆ど触れず。
それぞれの物語に素敵なラッパーさんが出てたのに、それにも触れず。
いいんです。今回は、あほみたいにぼーっと見たかったから。
感想も、ぼーっとした感じで(笑)


読んでくださった方、拍手してくださった方、ありがとうございます。
コメントくださった、あゆこさまー。ありがとうございます。
コメント読めましたので、該当記事のコメント欄にお礼と、
ちょっとしたお返事書きました。お時間のある時に、読んでみて下さいなー。

拍手コメントくださったYさま。ありがとうございます。
こんばんはー。相変わらず、何でこんなにいつまでも怖くなって、
周りも巻き込んじゃってるんだろうーって、自分が悪い気がしてきて、
情けなくなって困りものです。くっそうううって、何度も思うんです。
吐き気も困ったもので、観劇中にまで起こりました。
ほんとにほんとに、悔しいいいいい。
パートさんには、迷惑かけちゃいますが、もう一日だけ
お願いすることにしました。
久しぶりに、あんまり緊張せずに歩けました(涙)
家猫さんだけじゃなく、ノラ猫さんもいるってことは、
静かで人通りが無いって事なんですよね。。。
ほっんとに、まーったく、気付いてなかったです。。。
次に会っても、ぶっ殺さないように気をつけないと!
こっちが損しますもんね。

甘味の表現が強烈で、それ全部からめたらどんなことになるのかと。
今朝は、自分に甘くして、たっぷりホイップクリームが入った
あんぱんを食べました。ホイップクリーム食べると、幸せー。
やっぱりやっぱり、もうすこーし気持ちが落ち着くまでは、
びくびくしちゃうことや、弱っちゃうこと、赦そうかな。
あたたかいコメント、いつもありがとうございます。

わわ。更新直前にもう一つコメント発見!
良知くん結婚おめでとうー。ですね。
報告のブログが、とても簡潔で、感謝にあふれてて
とても素敵だなーと思いました。
結婚報告って、ファンの人たちにとっては、
本当に、重要だと思うんですよね。
恋愛感情持っているわけでもないのに、少しさみしいって、
わかりますー。なんでなんでしょうね?

残響のテロル、実は、感想下書きはしてたんですー。
色々思うところがあって。インパクトのあるお話ですものね。
演出についてもそれはそれは、言いたい事があるので、
余裕ができたら、書きますね。
最終的には、面白かった。と、思えましたよ。
スポンサーサイト



テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
演劇ブログ
メンタルヘルスブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード