FC2ブログ

父よ! 再演

とうっ。
あのー。昨日、花男のチケット話を書きましたけど。
その時期、「ロボ・ロボ」と、「DNA-SHARAKU」が
思いっきり被ってるじゃないのさ!むううう。
花男 5~24日
DNA-SHARAKU 10~24日
ロボ・ロボ 16~24日
ぐは。タイヘンダネー(棒読み)
DNA-SHARAKUももう、チケット買えるサイトがあるし。
先行抽選始まるし。
ロボ・ロボも、先行抽選始まるだよ。悩むわー。
ロボ・ロボの先行抽選は、制作会社の先行の他に、役者ごと受付もある。
それについての、あらけんさんのブログが率直過ぎて面白かったので、
あらけんさんとこで、申し込みしようかなーと、思いました。
題名「同情するならチケット買って下さい」ですって。
あらけんさん、超ストレート(笑)
陳内さん、矢崎さんの、アナライザー、レコーダーコンビがとても好きだった。
鈴木くんのコックも好きだったなあ。
再演したら、絶対見に行こうと思っていたけれど、
ドクターとナビゲーター以外、キャスト変わるので、複雑な気持ち。


さて、田村孝裕さん作演の「父よ!」観てきました(唐突)
いや。観てきたって言っても、結構前。ははは。
再演ですって。
初演は見てません。チラシは見た覚えがあるけど行かなかったらしい。
私、毎月一本、田村さんの作品見てる気がする。
ちょっと自分の記事調べてくる。
。。。そうでもなかった(笑)<毎月
もっと見てると思ってたわ。
9月「三匹のおっさん」脚本・演出
6月「おもろい女」潤色・演出
4月「ゼブラ」脚本、「龍が如く」脚本・演出
3月「漂泊」演出

ネタバレあります。気をつけて。
一人暮らししてるお父さんの面倒を誰がみるのか。
古くなった家をどうするのか。
4人兄弟が実家に集まって、話し合う。
テーマが重かったので、終演後ぐったりしてた。
楽しかったーと、気軽に見ていた人も多かったようなので、
私が勝手に重くとらえて、のめり込んでただけかもしんない。
まあ、田村作品なので、ずうっと重苦しいなんてことはないです。
くすりとくる会話。絶妙な間。たびたび笑えます。
大きい事件は何も起こらない。
企画側でもある平田満さんが、インタビューで
『ドラマチックな展開があるわけではない。
「そこが挑戦です」。あえて耳目を引く要素は取っ払った。
「役者の人間性がにじみ出る作品。言葉にできないところを感じてほしい」』
と、答えていたので、何も起こらず続く兄弟の会話はわざとなんでしょうなあ。
公務員で、最近定年退職した長男(花王おさむ)、
自営業(工務店???)の次男(ベンガル)、
サラリーマンの三男(平田満)、
売れない役者の四男(徳井優)、
が、実家に集まる。
父親は、おでかけ中で、姿を現しません。
が、実はこれは、長男がわざと、父がいないときを見計らって集めたらしい。
実は私、花王さんが出てきた時、お父さんかと思った。
息子にしては、頭が薄(自主規制)
いやいや。悪口じゃないっすよ。劇中も、ネタにされてました。

表面上、皆、現状上手くやってるって話しているんです。
家族なのに、本当のことは全然言わないの。
いや。家族だからこそかな。本当のことが言えないのって。
うん。すんごく思い当たるフシがあるよ。
上手くやってるなら、お父さん引き取れるでしょ?
(四男は実家に帰って同居したら?)って流れになった途端、
俺だって大変なんだ、俺にも事情が、とにかく絶対無理!
ってな感じで、お父さんを押し付け合う展開に。。。
それでもやっぱり、本音は言わないんだけど。
お父さんの様子を見にくる民生委員(井上加奈子)から、
父親の意外な面を知る兄弟。
お母さんのリクエストで、マジックを練習するようになり、
色んなマジックができるようになったらしい。
(きっかけは、四男がお見舞いした時に持ってきたマジックの本)
仏壇に供えてある花は、杖に早変わりするマジック用品(笑)
なぜか飼われていた鳥(鳩)は、鳩の手品が見たいと言った
奥さんのためだった。

それぞれの事情がわかる場面が合間合間に挟まるのですが、
暗転後、兄弟1人の話が始まり、他の1人がお父さん役になり、
井上さんが、絡んでくる女性、全ての役をやります。
長男の話では、お母さん役、次男の話では浮気相手の社員、
三男の話では、養育費をせっつきにくる妻の妹、
四男の話では、アルバイト先の上司。井上さん大活躍。
父親役を、4人交互に演じる事で、本当はどんな人なのか、
ぼやけて見える。
でも実際、相手のことって、自分に見えてるものが全てで、
他の人にとっては、別人だったりして、こうやって、
定まらない人間像というのも分かる気がする。
そういえば。ほさかさんの「眠れる羊」でも、
横暴なご主人を、他の人物が交互に演じるって演出だったなあ(脱線)

もう終わりかなという場面で、あれ?田村さんの作品なのに、
なんか、しっくりこない。ここで終わっちゃうの?と、思いました。
田村さんのお話って、どんなに暗い話でも、最後の最後に、
何らかの結末を見せてくれて、もやもやした気持ちで終わることが
少ない印象なのです。
まあ、ものすんごい救いようのない終わり方の話もありましたけども。
それがね。暗転後の一瞬の最後の最後の場面でやられました。
もー。
奥さんの仏壇の前で、マジックを披露する燕尾服姿の男性。
後ろ姿のみ。劇中にも出てきた、お花をステッキに変えるマジック。
そこまでは、大丈夫だったんだけど、次にやったマジックがね、
鳩出すやつだったんですよ。もー、これは、泣きそうになりました。
泣かないけど!
シルクハットからはみ出している髪の毛が、黒々としていたこと。
背筋がぴんとしてたことで、お父さん若っ。
と、思ったんだけど。
最後の最後まで、お父さんの印象を限定させない作戦なのかしら。
あれは、お父さんじゃなくて、お父さん役をやってる誰かってことか。
勝手に解釈して、妙に納得してしまった。
それにしても。べたと言えばベタなんだけどー。
鳩が伏線になってて、最後にまんまとやられたなあ。悔しい。

長男の話では、死んでしまったお母さんが出てくるんだけど。
「この家の男は見栄と保身で生きている」
って、言うんです。
その言葉の通り、ずーっと、見栄を張って、ほんとのことを言わずに
お父さんを押し付け合う兄弟。
でも、お互いの事情も何となくつかめてきて、
これから、良い方に向かって行くのだろうなという希望は見える。
客側に見えているのは、昔みたいに相撲で決着つけようようって、
とこまでだけど(笑)

アフタートークがあったのですが、司会者さんが、
ものすごい勢いで、作品に対する思い入れや、感想、
初演エピソード、稽古エピソードなどを話してました。
うん。。。役者さんたちが全員と、作演出家が出てきてるんだから、
もっと、彼らの話を聞こう?と、思いました。
ゲストにはなかなか話を振らず、振ったと思ったら、
超ざっくりした質問を投げかけたので、唖然としてしまった。
あんなベテランたちの話を聞けるチャンスなんて、そうそう無いのにー。
トーク時間の半分以上、彼女のお話をきかされましたです。
田村さんの言葉で、印象に残ったのだけ、書いとくね。
っていうか、2回ぐらいしかしゃべってないんだけど。。。
言い回しは、曖昧なので、雰囲気で受け取ってください。
「(今の自分から見る)おじさんたちは、見栄と保身でできてる。
と、感じる。」
「言葉に出さずに俳優さんの演技を通して本音を伝えることを、
考えていた。台本にも、本音は書いてない。」
だそうです。
花王さんが、お芝居する時に、どうしても本音を
言おうとしてしまうのが大変だった、って言ってました。
言わなくても、人って、本音が漏れ出ちゃうものだものねえ。
本音を言わない。本音を見せない。だけど、本音はある、って、
お芝居で表現するのは、ものすごく難しそう。

そうそう。お母さんに浮気を疑われて、それを全然認めなくて、
夜中だとういうのに、包丁を砥ぎ始めた、というお父さんの
エピソードがあったのだけど。なんとそれは、田村さんの
お父さんの実話だそうです。という、情報をお知らせしておきます。
取りとめも無く、思い出話。何となく書いておきたくなったので。


読んでくださった方、拍手してくださった方、ありがとうございます。
コメントくださったYさま。ありがとうございます。
アフターV、イライラしちゃうの、私だけじゃなかったーーー(泣)
私の心の余裕の無さで、楽しめないのかしら、って、
変な落ち込み方までしてしまって、頑張って見ようとしてたんです。
けど、こんなにイライラするなら、無理矢理見続ける必要は無いですよね。
バイトくんも、アフターVの皆さんも、どうもこうも、
シュールとか、面白いとか通り越して、いい加減さが耐えがたくなって。
せっかくの風邪薬を失くしちゃうイエローとか、もう。。。
ああいうだらしのないところがイエローの持ち味と言えばそうなんだけど。
やっぱり、イライラしちゃうんですよねえ。
ああいう店員、本当にいたんですか?うあああ。
その店、昔行ったことあるような気が。。。

新年の上山祭りですねっ。←パン祭りみたい(笑)
初日と楽は、計画通りに確保できたのですが、
どちらも、遠くから見るので、やっぱり、1回は、
すっごく近くから、人の頭も気にせずに見たいなあと、
思っております。贅沢ですけど。
今週の土曜日の一般発売、頑張ってみます。
スポンサーサイト



テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
演劇ブログ
メンタルヘルスブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード