FC2ブログ

BLOOD-C~The LAST MIND~

南圭ちゃん(南圭介さん)のお誕生日、お祝いしちゃった。
えへ。
いや。誕生日って知らなかったけど。
観劇日が、偶然ね。←誕生日に当たるの法則はまだ続く。
圭ちゃん、舞台上で祝われるの初めてですって。
360度(お祝いの)隙が無いって、嬉しそうに、舞台上のキャストさんや
客席をぐるぐる見回してました。
1人、皆の前に出て、しゃべってて心細くなって、列に戻ったのに、
やっぱり前に出てきて、舞台の端から端までうろうろしながら
「少し時間をください」ってお話する圭ちゃんが微笑ましかった。
「衣装がケーキと同じ!」と突っ込みを入れる伊阪達也くん。
確かに、白地に赤い模様で、イチゴのケーキな衣装でした。

終演後、ハイタッチ会がありました。
伊阪、吉川、松村、石渡、南、宮原(敬称略)の順番だったかな。
最初に、伊阪くんが大変良い笑顔で待ち受けておられたので、
リラックスして挑めました。ほっ。
客層も幅広かったから、自分がやたら浮いてる感じでもなくて良かった。
思いの外、ゆったりしっかりタッチでしたよ。
私、全員初めてハイタッチしたかも。
圭ちゃんに直接「おめでとうございます!」って言えました。
あと「いつも(鋭い突っ込み)ありがとう。」と、心の中で言っておきました(笑)
ほんと、いつもお世話になってます。
舞台上でアクションしまくった宮原華音ちゃんまで、ハイタッチ会出演させるなんて、
制作?も鬼だなー。間近で見ても、可愛かったです。
男前!って、声かけたくなった。
後、本編中は、とても嫌なやつだった、松村龍之介くん。
目がきらっきらで、にこにこで、かがんでくれてて、
更に、低い位置で両手構えて待ち受けてて、ひいいっとなりました。
うん。でも、それじゃ、ろーたっちだよ(笑)←余計な突っ込み。
とても、やんわりとしたタッチをしてくれて、可愛かったです。
役とのギャップ、良いね!
頭真っ白になってるとこに、真修くんが現れ、女子!と、思う。
目、おっきい。

それでは、印象に残った事をチラッと。
少しネタバレありますので、気をつけて。

映像とアクションの融合が、かっこ良かったです。
が、どこかで見たような。。。
ペルソナ舞台と似てるなーと思ったんですが、もしかして、
演出家、同じ?????後で調べてみよう。
原作、全く知らず。
記憶喪失な小夜の記憶を追うんだけど、どれが嘘の記憶で、
どれが本当なのか、ちょっとわかりにくかったです。
圭ちゃんの2役は、全然混乱しなかったんだけど。

記憶を取り戻した小夜(宮原華音)が、なかなかの男前でありました。
蹴りがかっこいいの。強いの。
これって、ヒロインは、真修くんですよね?と、思いました(大真面目)
だって。小夜と蘭が、陽さん(真修)を助けるために、病院に乗り込むんですよ。
強い女性二人が、真修を助けだそうとするとか。やっぱり、ヒロインは真修。
だけど、声は男っぽい。顔は、女の子みたいに可愛いのになー。

圭ちゃんの役、悪くて良かった。あの人は、変態なのかな?ん?
圭ちゃんの悪役って初めて見たかも。いいねいいね。もっとやれ。
でも、文人さんの行動の本意は、明かされなかったので、ちょっともやっと。
続編あるですかー?文人さん、どうなるですかー?

ふっきーの富山も面白かったな。あの人もちょっと変た(略)
先日「龍が如く」で、大変かっこ良かった滝川英治さんが、
お父さん的な役だったのよね。似合ってたけど。世代が。。。
伊阪さんも、もうすっかりしっかり者で。←なに目線?
名前をよく見かけるのに、見たことなかった松村龍之介さん、
田中稔彦さんも見る事ができて良かった。

笑いどころもあるし、可愛いしかっこいいし、はらはらどきどきもして、
全体的に面白かったんですが、何かが、なにかが。。。
うーん。テンポかしら。
あんなに殺陣いっぱいで、スピード感ありそうなもんなのに、
ちょっとばかり、たるく見えるのはなぜなのか。
転換も多過ぎるのかな。
ああ。最後にマイナスな印象で終わるのは良くないかしらん。

ロビーで、八神王子をお見かけしました。
大変、爽やかさんでした。そして、でかい。


読んでくださった方、拍手してくださった方、ありがとうございます。
コメントくださったYさま、ありがとうございます。
こんにちはー。はっきり国を特定しないように書いているのですが、
アジアなんですようー。でも、イケメンというのはあってます。
自国では、ウェブ番組やったりもしてたらしいです。
自国でも、暑いと具合悪くなるって、言い切ってたのかもしれないですね。
5月から10月は彼的暑い期間なので、休むのは仕方ないと割り切るしかないですなあ。
私も上手いこと、休む口実ができれば良いのに(悪)
ああ。バリケード築きたいです。前は本棚とかでやってたんですけど、
レイアウト改変した際に、机の上には最低限の物しか置いてはいけないという
ルールができて、バリケードはあえなく陥落いたしました(涙)

客席にいた話、こちらの雄やんファンの友人もメールに書いてました。
キスシーンも間近に見ちゃったらしいです。
ただ座ってただけかと思ったら、そんな設定で座ってたんですねー。
それって、その役者さん知ってたら良いけど、知らなかったら
とんっでもないお客さんだーーー。びっくり。
「雄やんのクズ男って、持ち芸として、認められそうだね」、
と、返信しておきました(笑)
私、そういった授業受けた記憶が無いのです。Yさんの年代だけなのかしら。
スポンサーサイト



テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
演劇ブログ
メンタルヘルスブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード