fc2ブログ

メリリー・ウィー・ロール・アロング~それでも僕らは前へ進む~ 2

今朝起こった事。
正しいさんがある事でぷんぷん怒っていて、私にも伝えてきたのだが、
少し間違っていたので、指摘したら「俺がバカだってことか。」と、
機嫌を損ねてしまい、「むかつく。」「むかつく。」と、
ぶつぶつ呟くので、どうしようかと思いました(鬱)

昨日、お休みを月曜日に変更しますってメールしたら、
正しいさんが「別に(ずらさなくても)いいんじゃん?」って、
半笑いで言いやがりましたので、むかっとしました。
「お客さんに迷惑かけたくないので。」と言ったら
「大丈夫じゃん?」と、どうでもいいじゃん、みたいな口調で言われた。
「大丈夫じゃないです。」とだけ言っておいた。
他の課の人も困ってるって言いたかったけど、そんなこと言ったら、
誰が言ったんだって、ぶち切れて大騒ぎになるから、黙ってた。

その前、私がやった仕事が意味無しになった上に、
私を含め3人の人間が二度手間三度手間になるような案件が持ち上がり、
正しいさんがやるべきことに突っ込みを入れたんだけど、
俺様はそんなことしてられない。
何で俺様がそんなことしなくちゃいけないんだ。
という話になったので、去年の例の戦いを思い出し、
嫌になって早々に引いてしまった。
ああ。黒いわ。今日も気持ちが真っ黒。にゃー。

メリリー話、続き!
アフタートークを先に更新しました。今日は、感想。
と、印象に残った場面など。これ、ほんのちびっと。

ネタバレあります。再演待ちの方、何も知りたくない方は気をつけて。
2回観たのですが、1回目観劇後、ものすんごくどんよりしました。
何でこんなにどんよりするのかなあと不思議なぐらい。
フランクが大成功しているところから始まります。
40過ぎぐらいの設定かな?
仕事では大成功したけれど、大切な友人を失って孤独なフランク。
何でこうなってしまったんだろう。
と、20年間を遡って行くんです。
20年前から話を始めるのではなく、遡るのです。
逆再生って、言われてました。
ちなみに、この後、根本宗子さんの「夢も希望もなく。」を見たら、
過去と現在の同時再生だった(余談)

人生の転機になるような、節目ふしめのエピソードを遡るのだけど。
エピソードが始まる時に、
♪なぜここにきた?♪♪いつのまに?♪
って、問いかけが入る。
それが、きっつかったのです。
あの時、こうしていたら。あの時、こうしたから。
あの時、こっちを選ばなかったら。あちらの道を選んでいたら。

どうしてこうなっちゃったんだろう。
と、思う時に、私が、ちょいちょい考えてしまうこと。
もちろん、全部の出来事を後悔しているわけではないけどね。
劇中、ずーっと問いかけられると、きつい。
遡ってくると、だんだん若くなるわけで。
出会って、一緒に夢を見て、わくわくしてる。

だけど。
あー、でも、結局、ああなっちゃう(冒頭)わけでしょ(涙)
って、思っちゃう、暗いわたくし。
一番最後が、3人が出会って、夢いっぱいで、
いっちばんキラキラしている場面。
爽やかな気分で終われた人が多かったみたいだけど。
私はやっぱり、だって、ああなっちゃうわけでしょー(涙)と。

何で私はこんなにどんよりするのかなあって考えて、
ものすごいことに気付いたんです。
私、冒頭場面で、終わりだと思ってた。
ゴールというか。
人生の終わりだと思って見てた。
よく考えたら、40歳初めなんて、平均寿命から考えたら途中じゃんね。
どうして、終わりだと思い込んでいたんだろう。
そっちの方が、ショックでした。
40代で、自分も終わると思ってたのか???と。
あの後何年かしたら、また再開して、わだかまりがとけて、
友情が復活するかもしれない、って、感想見かけて衝撃を受けたなー。
そ、そうか。人間関係だって、全然終わりじゃないんだ。って。
もしかしたら、復活する可能性だってあるんだ。って。
とにかく、最初の場面で、人生の終わりだと思って見ていた自分にびっくりした。
でも、どんよりの原因がはっきりしたので、2回目はもっと気軽に楽しめました。

印象に残った場面。らしきメモ(笑)
チャーリー(小池徹平)が、タルトをジャケットのポケットに入れて
べったべたになったのを出して、フランクに見せてた。
ここ、わざわざ書いてあるってことは、きっと可愛かったんだと思われる。
っていうか、印象に残った場面あんまり、メモしてなかったようだ。

小池くんに関しては、印象に残ったみたいで、友人へのメールに感想が。
「小池徹平くんは、とっても綺麗な声してて、歌い方もストレートで
聴きやすいと思いました。好感度アップです。」ですって。
このブログでも、ミュージカル、もっとやればいいのにーって書いたかも。
デスノミュージカル見て、やっぱり良いなあって確信しましたよ。
メリリーの株式会社の歌、また聞きたいなあ。
今なら、もっともっと上手いよね。

創ちゃん、パパ役はしっくり。←菊地創さんのこと、創ちゃんって書いてた!
おネエの時は、まるで同性と話すかのように、ガッシーと会話してて良かったです。

海宝くん、ちょいちょい可愛かったり、かっこ良かったりするんだけど、
やっぱりちょっと埋もれちゃってる感じがしたなあ。
調べてみたら「フル・モンティ」の感想のとこに、同じこと書いてたよ、私。
『海宝くん、メリリーの時は、埋もれちゃってるな、地味だなと思いました。
歌も上手いし、可愛いのに。
今回は、プロのストリッパー役で、所作の一つ一つが大振りで嫌味でかっこ良かった。
ジェリーに向かって言った「ハニー」が、すごく良かった。
それに対する「あいつ、トイレに何しにきたんだよ。」という
ジェリーの突っ込みが面白くて。
ウザくてかっこいいのは、上山さんもいけるよね!(どさくさ)』
ですって。いちいち上山さんを絡めてる私。うざいですね。
その後、マリウスと、アンジョルラスで共演するとはなあ。
海宝くん、ガッシーの後ろで踊ってるの、かっこ良かった気がする。
ガッシーがグランドピアノの前で歌うシーンです。
竜治くんもそれはそれはドヤ顔で踊っておられて、大変うざかっこよかったです。
他の人も印象に残ってるところあったはずなんだけど、メモは無し。
よし。メリリー話、とりあえず、終了(おじぎ)


読んでくださった方、拍手してくださった方、ありがとうございます。
コメントくださったYさま。ありがとうございます。
嫌味で糾弾のはずが「別に全員いなくてもいいじゃん(笑)」
と、バカにした半笑いで返されたので、もう、絶望的な気持ちになりましたー。
ぐううおおおおおおおおおうううう。
おのれ。アンジョルラスに撃たれてしまえ。
えくすとりーむ欠勤(笑)ものすごい前向きな、意識的な欠勤だー。

ドラマのお話ありがとうございました。舞台の人がドラマに出ると
浮いちゃったりしますが、唐沢さんも、窪田さんも、舞台に出てますもんね。
それでも、顔芸が際立つ育三郎さん。興味深いです。

キタムラさん版のちーさまは、木村了さんですね。
あの後、シリーズ化された方の薄桜鬼って、最初のはそんなに苦労せずに
チケット取れた気がするんですけど、その後って、取れなくなったんですね?
私、見なくていいやってなっちゃったもので。
定価以上で売ってるものは、私も手を出しません。
最近は、手数料がいっぱいで、定価って何?って感じですけど。
私も、普通の手段で取れなければ、諦めております。
中村倫也くんのチケットも、取れなくなる日、きちゃうのかなあ(涙)
ライチは、先行から挑戦しといた方が良いかなと思っています。
競争率読めないから、できるだけ早く確保したいとこですよね。
まえのめりんに、会いませんように。

デンペーさんの目標、意外と早いうちに実現しそうー。
サカイストのMCだったら、楽しそうです。
夏祭りなんかにも、吉本の人たちが参加したら、盛り上がりそうですよね。
スポンサーサイト



テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台観劇

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
演劇ブログ
メンタルヘルスブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード