fc2ブログ

レ・ミゼラブル 2015 13

ま、まさか、竜治くん、タミヤ、くる?
きたりしないよね???
と、誰にともなく問いかけてみたり。
いやいやいやいや。でも。
でも。でも。河原さんだし、ネルケだし。油断できん。
中村くんとは、共演して欲しいけど。でも。←でも。ばっかり!
(12月に、中村倫也くん主演、河原雅彦さん演出で
「ライチ☆光クラブ」やるんですって。ですって!)

ここのところ、メリリーメンバーをたて続けに見ていたので、
とっても懐かしくなってしまった。
デスノのかっきー、小池くん、小此木まりちゃん。
アドルフでも、まりちゃん。レミゼで、竜治くんに海宝くん。
スマホのめもフォルダに「メリリー・ウィー・ロール・アロング」
という題名のメールがあったので(副題までしっかり書いてあった)、
読んでみたら、アフタートークがめもしてありました。
なんか。あの。竜治くんの下ネタ?がしっかり書いてあって(恥)
きもいバレエの先生役のときのね。あの部分ね。←あの部分て。察して!
エマちゃんが、突っ込み入れたんだからね!

「竜治くんはあざとい疑惑」についての考察。
ちょっと前に下書きしてて、その後ご本人の話のレポを見かけちゃって、
私の考えがズレていたものだから、どうしようかなーと思ったのですが、
竜治さんファンのYさんから、読んでみたいとのお言葉を頂いたので、
最初に思ったことはそのままに、その後の話を聞いて、追加修正、
自分突っ込みなどをして、更新することにいたしました。
Yさん、コメントありがとうございますー。嬉しかったです。

私がぐわっと心をつかまれた、アンジョルラスのシーンの一つに、
グランと抱擁してからバリケードを掛け上がって死んでいく。
というのがあります。そのシーンについて、あざとい疑惑が!
「歌も芝居もビジュアルもたいしたことないのに、あざとい。
そういうところで目立とうとして、わざとらしくて、嫌。」
ですって。それから、
「今回の演出で、どうして、最後、グランにああいう事するのか謎、
唐突過ぎてついていけない。」って、感想も見かけました。
私、グランとアンジョの関係性も好きだから、台詞が無いところ、
メインの芝居とは関係無いところでもやりとりしているのを見てて。
全く不自然に感じなかったので、衝撃でした。
エピローグで、グランとアンジョが隣同士で歌っていて、
(これは、ソワレだけ?マチネだと、ガブが間に入ってたかも。)
二人がアイコンタクトしていて、良かったね(涙)とか、思ってたのに。
そう思わない人もたくさんいるのだなあ。しみじみ。
あと、この書き方だと、あざとくても許される人もいるんですね(涙)
と、すさんでみたり。顔も良くて、歌もお芝居も良ければ、
あざとくても良いってことですよね(暗)

まあ、一つ言わせていただければ。竜治くんて、あざといアピールを
計算してできるほど、器用じゃないような。。。←褒めてない。
今はどうかわからないけど、最初にグランをがしっとした時は、
その場の思いで、思わずハグしてしまったんじゃないかなあ。と。
だって。決まったところで歌いだせなかったり、
決められた照明に入れなくて、あいつ自由だな。。。と、
怖い照明家さんに言われちゃったり(ブラメリエピソード)
するような子なのでー。
演出家の鈴木裕美さんにだって、くるくるぱーって言われてるし。。。
はっ。ちょっとはフォローしようと思って書き始めたはずが、
全然フォローになってないっ。
竜治くんが、おバカって曝してるみたいになってる!!!

と、ここまでは、先日のドリンクイベントレポを読む前の考察。
イベントで、グランテールとのハグについてのお話があったんですって。
竜治くんのアンジョルラスなら、こういうことするだろう、
って、ちゃんと話しをして、できたシーンらしいです。
グランテールの方から何か言って、わだかまりが解けて、
ハグして、バリケードを駆け上がって死んでいく。
という流れだそうです。
わーーーー。ちゃんと考えられてたああああああああああっ(衝撃)
すみませんすみませんすみません。
私の、竜治くんへのイメージって(汗)
大変お恥ずかしいです。
わかったふうなこと、言っちゃいけないなあと(反省)
というわけで、あざとく見える人には見えちゃうので、仕方ないですけど、
ちゃんと考えられてできたシーンです。
そして、考えられて作ったシーンだけど、あざとさは狙ってない。
という、結論になりました。

あざといと言うなら、カテコの海宝マリウスとのお手繋ぎ事件の方が、
批判されるんじゃないかとはらはらしてたんですけどねー。
あれも、何も考えずにやってそうだけど、世間(というか、グランとの
ハグを批判しているような人たち)からみたら、カテコでそういうアピール、
あざとい。うざい。本編、ちゃんとやれ。と、突っ込まれそうで。
心配で、はらはらしてた。
まさか、そっちじゃなくて、グランの方で、あざといと言われるとはな。
で、海宝くんのことですけど、単純に、海宝くんのこと、大好きなんだと思う。
だってあの人、好きな子にちゅーしようとするし(誤解を生む表現)
しゅーご(永嶋柊吾)とか、雄也くん(宮下雄也)にもちゅーしてたよねー。
雄也くんが「ちゅーしようとするのやめて」って、トークで言ってた記憶が。
そんなに前の話じゃなかったと思う。
海宝くん、逃ーげーてーーーーーーっ。

と、これまた、イベントのレポを読む前に書いてたことなんです。
いやあ、これについて、質問した方がいたみたいで。
「三角関係だったら面白いかなと思って」みたいな思いつきで、
始めたことらしいですね。
アンジョルラス・マリウス・コゼットの三角。
ぬおおおおおおう。
こっちも、考えてやってたあああ(思いつきのようだけど)
マリウスじゃなくて、コゼットでも良かったみたい。
でもそれなら、海宝マリ以外にもやっても良いような気がする。
私が見てた限りでは、海宝マリウスにしかやってなかったんですよね。
一つ竜治くんに言いたい。
アンジョルラスには、カテコで、面白さは求められていないと思う。
そのうち書くかもしれないけど、カテコの竜治くんのはしゃぎっぷりときたら。
子供か!と、突っ込んだよね。
というわけで。どちらかと言えば、カテコの件は、あざとい、に近いよ。
近いけど、あざといではなくて、面白いを狙っているよ、という結論。
でもまあ、私と雄也くんファンの友人の間では、竜治くんが海宝くん好き過ぎる、
という話になってるので、海宝くん逃げてーって、心配しております(笑)
この件について、海宝くん側からのお話がありますので、引用致します。
「デキメン列伝 第6回 海宝直人」という記事の中で、
カテコの仲良しぶりをきかれた、海宝くんの答えです。
「アレですね?みんなで手をつないでお辞儀するとき、
し終わっても、竜治さんが僕の手を離さないんです!(笑)
3回目出ていこうとしたら、僕とコゼットとの間に入ってこようとするんですよ。
話変わっちゃうから!って(笑)。」
というわけで、今のところ、微笑ましく、かわしているもようです。
名古屋でも、やらかしているのかなー。気になる。


読んでくださった方、拍手してくださった方、ありがとうございます。
ちょっと前のレミゼ記事に拍手してくださった方もいるー。

コメントくださった、あゆこさま。ありがとうございます。
コメント欄にて、お返事書きましたので、いらしてたら読んでみて下さい。

拍手コメントくださった、Yさま。ありがとうございますー。
リクエストされた!と、調子に乗って、
思い込みで書いた文章もそのままにしてみました。
恥ずかしいですが、読んでみて下さいませ。
こうやって書いていると、天然なように見えて、ちゃんと考えてたり、
(ちゃんとって、失礼な(笑))意外な思いつきで行動してたり、
驚いてばかりです。ほんと、飽きない人ですよね。

50人程度しか入らないとこに、ぎゅうぎゅうに押し込めるのかなあと
思ったんですけど、イベントを2回に増やしてましたよね。
狭くて近いなんて、私なら、ど緊張で大変なことになっちゃいます。
ぷりんすらいぶ行くことになっただけで、今から大変な緊張をしております。
Yさんも見に行かれるのでしたら、お互い、楽しみましょうー。
あと問題は、レミゼの地方公演どうするかです(苦悩)
スポンサーサイト



テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台観劇

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
演劇ブログ
メンタルヘルスブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード