FC2ブログ

PRINCE LIVE~2014 X'mas~ 1

昨年のくりすますに行ってきました。
きゅーぶさんとこの若手が、王子さまになってLIVEするという。。。
私にとっては、ハードルが高過ぎて。普段なら絶対行かないところなんですが。
竜治さんが出るというし、友人が、25日なら一緒に行けると言ってくれたので。
わざと後方席を取って、遠くから見守ってきました。
次の日が検査だったため、夕飯抜きだったもので。途中、
「竜治くん、お腹すいたよう。」とか頭を過りました(余談)
終演後、わたくしの第一の感想は、やっぱり竜治くんは面白いなあ。
でした。はい。かっこいいの前に、面白い。です。
竜治くん、飽きないわー。

記念に出演者を書いておこう。事務所の公演案内HPからコピペ。
松下洸平 上山竜治 白洲迅 木戸邑弥 川原一馬
海老澤健次 加藤諒 花塚廉太郎 上條駿
緒方陽太 井阪郁巳 中山大輔 村上貴亮

まずは。松下くんがリーダーなことがとても新鮮でございました。
今まで見た松下くんて、いつも一番年下ポジションだったんですもの。
(例外は、「恋するブロードウェイ」初演。あれはお兄さんポジションでした。)
あの松下くんが、お兄さんで、先輩で、リーダー!
いやあ、感慨深い。友人と、しみじみ話してました。
歌も安定してるよねー。
「ALL I WANT FOR CHRISTMAS IS YOU」が、かっこ良かったです。

普段がっつり踊るところを見ることのできないメンバーも多かったので、
たくさんのダンスを見れて、満足まんぞく。
そういえば、私、おすふんの時も思ったんだけど、木戸くんのダンス、
好きなんだよなー、と思い出したり。

PRINCE LIVEをやるに至る設定がありまして。
松下洸平、上山竜治、白洲迅、木戸邑弥、川原一馬、加藤諒、
の、6人が、街でチラシを貰って、オーディションだかを受けにきて、
プリンスになって、ライブをすることになる(超要約)のです。
彼らに指令を与える天の声が、橋本さとしさんでした。
さとしさんて、なんだか、うさんくさくて(褒めてる)良いですねっ。
この6人、プリンスに変身するまでは、さえない設定なんですね。
全員書くと長くなるので竜治くん以外省略しますが、一つだけ。
白洲くんに、気付かなかった。。。
遠くから見てたせいもあるんですけど。
あの、独特なオタクの格好がだね、強烈でした。
髪の毛長くて、バンダナ巻いて、ジーンズにシャツ入れて、
アイドルに向かって、全力でペンライト振り回しながらダンスして、
合いの手を入れるという。
友人との会話の仕方も、こう、なんというか、キモ(略)
白洲くんて、ああいう演技デキル子になったのねえ。←超上からですみません。
しみじみしみじみ。いいぞ。もっとやれ。
白洲ファンはどう思ったんでしょうか。気になる。

竜治くんはですね。ミュージカル俳優を夢見る、スーツアクターでした。
何年やっても目が出ない感じ。ヒーローだけど、イエローで微妙。
イエローだって、十分すごいと思うけどなー。
(スーツアクターだからさえないんじゃなくて、自分がやりたいミュージカルに
出られてなくて、さえない、ってことですので。念のため。)
突然、イエローが出てきて、敵をばっさばっさと倒していくアクション。
そういえば、稽古場画像に、スパイダーマンのタイツを着た竜治くんが写っていて、
ふざけているのかと思いましたけど(笑)、あれは、これのためだったのかしら。
。。。いやいや、あれは本気のネタか。
スーツ着たままだから、顔は見えなかったけど、きれっきれのアクション、
かっこ良かったなー。
当日折り込みによると、殺陣は別な方の名前なんですけども、
「擬闘 上山竜治」って書いてありました。
擬闘って?と思い調べたら
「時代劇で殺陣、現代劇で擬闘・擬斗・技斗と表記される」
ですって。ということは、あのアクションシーンは竜治くんが作ったんだね!すごい。
敵を倒し、顔を出し、ミュージカルへの夢を語り始めたところで、
いきなりのレミゼでした。
abcカフェの「ラマルクの死」からでしたっけ。
「RED AND BRACK」から「民衆の歌」の一歩手前ぐらいまで歌いあげたところで、
次の出番だ早くしろ、な、突っ込みが入り、夢の世界は消えて、現実に戻っていきました。
イエロー全身タイツでアンジョルラス、シュールでございました。
中の人である竜治くん自身は、アンジョルラスをやる事が決定しているから、
ここで、こんな風に披露していいのか(笑)と、思いましたけども。
まあ、いいか。特別な日だからー。

同行してくれた友人は、竜治くんのこと、ロックオペラモーツァルトと、
ブラック・メリーポピンズでしか見てないので、かなりの衝撃だったようです。
冒頭、出演者が次々とソロで踊っていく場面、竜治くんが過ぎ去った後、
「え?今の上山くん????!!!!」と、思わず、口に出してましたよ。
ブラメリも激しいダンスは無かったですもんね。
実は、モーツァルトの時は、本役の出番以外に、アンサンブルとして、
がんがん踊ってたんですけど。
ファンでもなければ、竜治くんの踊りを意識的に見てる人もいないのかな。
あれ、私にとっては、ものすごく目立ってるように見えてたんだけどなあ。
モーツァルトの後ろで、超ドヤ顔で踊ってたりするのがツボでした。

竜治くん一番の見せ場の話をする前に、ここでいったん更新ー。


読んでくださった方、拍手してくださった方、ありがとうございます。
コメントくださったYさま、ありがとうございます。
こんにちは!コメント読んで、まず、阿諏訪さんの現状にびっくりでした!
いつの間にそんなにっ。それじゃあ、今は、演劇の舞台に出る余裕は無いかなあ。
阿諏訪さんは、役とご本人の素の中間のようなお芝居をしてて、結構印象に残ってます。
二瓶さん以外、別な役者さんになっているし、演出家も変わるので、
かなり違うものになりそうです。前回、見に行っておいて良かったです。
村井さまのピーターは、やっぱりもう一回見たかったですけども仕方ないですね。
今回のも、とっても楽しみです。チケット取れるかなあ。

乙女のワルツって?と、思ったら、次のコメントで補足、ありがとうございました。
歌詞、見たんですけど、ほんとに、エポっぽいですね。
月がのぼる小道を泣いてかえった
小雨降る日はせつなくて
とかとか「ほかのひとをつれて」なんて、そのままエポが歌っても違和感無しですね。

病院は、おかしな話ですけど、ある程度元気がないと、行けないですよね(泣)
「自発的様子見」で、半年も経ってしまって、更に行きにくくなってますが。。。
もう今更慌てても仕方ないですね。しっかし、いつも思うのですが、
情報を入れ過ぎてしまうと、それはそれで、候補病院がたくさんあり過ぎて
また悩むという。。。カウンセリングまでついている良い女医さんがいる婦人科の
情報もあるのですが、雑誌やテレビで紹介されたところとなると、今度は予約が
取れないんですよねー。なかなか悩ましいところです。

鶏肉のカシューナッツ炒め、随分食べてないです。
読んでたら、無性に食べたくなりました。
調べると、私にもできそうなレシピが出てきましたようう(涙)
いや、もう、涙出そうになるぐらい、料理できなくて。
今月中には、作ってみようと思います。まだ9日だから、大丈夫なはず!
美味しくて、運気も上がるならなおヨシですねっ。
スポンサーサイト

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
演劇ブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード