fc2ブログ

ミュージカル アルジャーノンに花束を 1

考えたこと、ぜーんぶ意図した通りに伝えられたら良いのに。
先日打ちのめされたメールの話。
ごめんなさいというメールの中の一文が、私が言いたかったのとは
違った受け取りかたをされ、更にどぎつい返信がきたのです。
あんなにきつい嫌味な文章書かせた原因は、私にあるんですよね。
そういう意味じゃない、って言いたいけど、そういう意味に
受け取られてしまったのだから。
誰にも誤解されないような文章を書くのは難しい。
私が、アホなだけなのか。

気をとりなおして。
ここではできるだけ、書きたいことを書きたいように。
「アルジャーノンに花束を」観てきました。
ネタバレありますので、知りたくない方は気をつけて。
(読み返したら、浦井チャーリィが可愛かった話ばっかりだったあ。)

随分昔に原作を読みました。
読み終わったとき、とにかく、哀しかった記憶。
何がそんなに哀しかったのか。
初演は観ていないけど、経過も結末も知っているものだから、
チャーリィが『かしこくなったら』という話をするたびに、
泣きそうになって困った。
チャーリィ、良いことばかりじゃないよ。
むしろ、つらいことばかりだよ、て(涙)
ほんっとに、目をキラッキラさせて話すんですよ。
浦井さんて、天使なの?!(大真面目)

かしこくなったら みんなぼくお もっとすきになってくれる
みんながはなしてることが わかるようになりたい
かしこくなったら おとうさんとおかあさんに あいたい
おかあさんもおこらない ほめてくれる

無邪気な笑顔で。(言い回しはちょっと違うかもです)

ぼくわかしこくなりたいです

何度も何度も。

しじつしてもなにもかわらない

って、泣いていたり。
浦井さんは、やっぱり天使なの?←また、言った。
はっ。反省したそばからまたアホな感想ばかりを。

本は最初と最後が平仮名ばかりで、だんだん漢字が増えて、
難しい言葉が増えて、また減っていくんですよね。
どう表現するのだろうと思っていたんですが、冒頭、キニアン先生をたずねて、
発した言葉、まだチャーリィの姿は幕の向こうなんだけど、イメージしてた通り
というか、それ以上の平仮名言葉で、それだけで感動してしまった。
そして、歌い方!
甲高い平仮名言葉にも感心して、その後歌い出したら、
今まで聞いたことのない発声でびっくり。
地声で、可愛い声のまま、かーんって。
浦井さん、こんな歌い方もできるんだ。
と、思ったけれど、浦井さんじゃなく、チャーリィが歌っているのだと考えたら、
当たり前のように、チャーリィらしい歌い方で。
チャーリィが歌ってると思えるのって、すごいことだよなあ。

賢くなったチャーリィが、周囲の態度が変化したことや、昔言われたこと、
されたことを思い出し、理解して、あの頃、愛されていると思っていたけど、
愛されていたんじゃない、愛玩されていたんだ、ペットと同じだ、と、言うのです。
私も、同じように、愛玩してただけなんだろうか、と、どきっとした。
知能が低いときのチャーリィの言動を見て、可愛い可愛い、って思っていたし。
↑読んでも、可愛い!天使!ばっかりだし!!
でも、アリス(キニアン先生)の言葉で気づきました。
知能が元に戻ったチャーリィを見て、賢くなったときに手に入れたものは
失くしてしまったけど、賢くなったときに失って、また取り戻したものがある。
それは
『笑顔』
だと、言ってました。
そうか、笑顔か!
ぱああっと、もやもやが晴れました。
チャーリィの笑顔は、周囲を幸せにする。
2回目のとき、笑顔を意識して見てたら、ほんとに、ある場面から、
ある場面まで、全く笑ってないのがわかりました。
苦笑や、自嘲はしていたけど。
チャーリィの笑顔は、本当にすごい。
私も、幸せにしてもらいました。
あの笑顔を芝居でできる浦井健治恐るべし。
なんて純真な笑顔。
天使な(以下省略)

とにかく、チャーリィは、皆のことが大好きで。
皆に好きになってもらいたい、という気持ちが痛いほど伝わりました。
はっぴーな結末とは言えないんだけど、最後の笑顔で救われる。

こういうお芝居ができるのは、やっぱり、浦井さんのお人柄も
あるんだろうなあ。
初演を見に行かなかったことを後悔してるけど、今回見られたことに感謝しよう。
はい。今回は、浦井チャーリィ天使!に終始して更新。
しかし、天使に紛れて、悪い顔した良知くんが、見え隠れ。
ちょっとぴんはねしてるだけ、なんか悪い?
の、ドヤ顔ショーがちらちら浮かぶのです。
あの曲、なんか癖になるわー。ミラーボールきらきらしてましたね。


読んでくださった方、拍手してくださった方、ありがとうございます。
コメントくださったYさま。ありがとうございます。
私は、感想言うのにも、正解は何か?皆はどう思っているのか?って、
考えちゃうんですよね。。。それが癖になっているのです。
心の中では、可愛いとか、綺麗ー、かっこいいー。とか、そういうのも
たっくさんぐるぐるしているくせに!
良いこと言おうと思ったり、皆がどう思ってるかって考えちゃうと、
書けなくなるので、不器用だわーと。しみじみ。
なので、本日、素直に、浦井チャーリィがとっても天使でした、という
感想を思う存分書きました。満足!

若者たち、最終回見たんですかっ。すごく良かったーという感想ではなくて、
なんだかほっとしております(苦笑)
私は、もう見ない、って決めたら、とてもすっきりしました。
ドラマは、そこまで無理してまで見るもんじゃないですね。。。
玄関先の、三毛猫ちゃんには、毎回和ませてもらいました(愛)
アオイホノオ、まだ途中なのです。最終回、盛り上がったみたいですねー。
楽しみたのしみ。

デイジーの瓶、見ました。
ラストシーンで、登場人物たちが持ってくる花束、Yさまのイメージと似てますよ!
びっくり。

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
演劇ブログ
メンタルヘルスブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード