FC2ブログ

時速246億vol.A No.721 再演 1

雄也くんの言葉、ちゃんと調べてきました。追加修正。
人の言葉は、曖昧なまま、書いちゃいけませんな。言い回しも大事。


日曜日で東京公演終わりだと思ってた。今日までだ!
観てない皆様、まだ間に合うよ!!!
というわけで、東京公演終わってから書こうと思ってたけど、書いちゃう。
思い浮かんだ順にざくざく書くよー。
内容や、再演で変わったこととか、少しも知りたくない方は、読まないでー。

早めに座って、折り込みのご挨拶を読んでいました。
隣のページには、役者さんの今後の出演情報。
そこにね。役名書いてあったんですようーーー。もうびっくり。
1人以外は書いていいと思うんですけど。
ふっきーの役名、書いちゃっていいのん???と、動揺してしまって。
お隣さんに言いたい衝動にかられたり(知らない人です。落ち着いて!)、
海老ちゃんファンのTさまに、ふっきーの役名書いてあるんですけど、
どうしようー。と、心の中で訴えたりしていました。いやいや落ち着けよ私。
これって、前回も書いてありましたっけ。再演だからかなあ。
私、ふっきーが名乗るシーン、初見の時、かなり衝撃を受けたんですよね。
あのシーン、なんだかとっても好きだったんです。
うーん。紙に書かれた名前を読んでいても、実際に名乗るのを見たら、
あらためて何か感じるところはあると思うけど、やっぱり全然知らないで観た方が、
インパクトあると思うんだけども。

余計なものを削ぎ落としたって、何かで読みましたが、確かにすっきりとして、
わかりやすくなっていました。
だけど、なぜか皆さん、見かけは濃いーくなってました(笑)
全然、すっきりしてませんでした。髪型、メイク、衣装と、それぞれ濃いこと。
見かけがあまり変わってない印象なのは、ゴドーと、ヴォルフかな。
アルビーも前回からあんな感じだったかしら。
キャラが一番変わった気がしたのは、ヴォルフ。
とってもすっきりとして、前回よりクールに。ニコニコもしているんだけど。
前みたいに、きゃっきゃきゃっきゃすることもない。うろうろもしない。
スナフキン化。と、思った。
スナフキンさんなので、私の好きなシーンが一つ無くなっておりました。
ソニーがいなくなった時に、「がーーーっ?がーーーっ。」って、叫ぶシーン。
あれ?この後だっけ?あれ?と、思っている間に、次のシーンへ。
あのヴォルフだと、叫ばないよなあ。。。と、納得はできるのですが。
とても好きなシーンだったので。ちょっと、さみしかった。

神戸のビジュアルにもびびり(雄也くん、超怖くなってた)、
三島博士の髪型に驚く。銀髪。髪の毛逆立ってた。つんつん!
そういえば、シルエットが見えた時に、少年も、誰っ?ってなった。
皆、髪型変えてきたねー(笑)
ビジュアルで言ったら、一番強烈だったのはやっぱり、アンドウくんですね。
たいへんわかりやすく、半半の人になってました。あの髪色はそういうことかと。
ピンクい半分(左)が、女性。右が男性。
左目がまあ、まつ毛長くて、お目めパッチリで。美しい。
ぼびなさん、思い出しました。海老ちゃん、綺麗ー。
アンドウくんは、前回より、乙女成分が多めになった気がしました。
最近、白神くんばっかり見ていたから、新鮮。やっぱり海老ちゃんは可愛いのう。

ついでにアンドウくん話。注目の、「へええええんーーーー。」は、
更にバージョンアップして、目がこぼれ落ちんばかりでした。
神戸が調べ物してるとこに出てきた時、初っ端、声がひっくり返りそうなくらい
高い声で話しかけてて、「そんな声やったっけ???」って突っ込まれてましたが、
あれは、たまたま?それともいつも?えらい高い声だったよ(笑)
前回も、「可愛いから許す。」と、アンドウくんにめろめろってなってた神戸
ですけども、今回、最後に奇声ともとれるような笑い声をあげながら、去っていく
アンドウくんの背中を見送った後、「博士、あれ、失敗作やで!」と、神戸は
言っておりました(笑)前回は、最後まで、可愛いから許すって言ってたような。
前回でも十分、くるくる入れ替わる表情や声で、印象に残ってたけど、今回更に、
声音や、動き、お芝居が、バージョンアップしてた気がする。
雄也くんも、呟いてたもんな。郷本さんと、海老ちゃんがすごく成長してるって。
いや、成長って言い方じゃなかったか。上から目線っぽいもんね。
別な現場で、着実に技術を積み上げて、変化してるというような表現だったかも。
呟きが残ってたら、メモしてこよう。
というわけで、調べてきた。雄也くんの呟き引用。
『まだ始まって二日目やのにこんなこと言うの変やけど、初演と全くキャスティング
で一年ぶりに会って、海老ちゃんと郷本ナオヤンは良い役者やなと思った。
去年より確実にレベル高い。ペーニャ(フッキー)は4strikeの時も思ったけど、
信頼できる役者。彼らを見て学ぶこと沢山ある。』
うーん。やっぱり、全然違う言い回ししてたや。調べて良かった。私ったら、勝手に
脳内変換し過ぎだ。(「全くキャスティングは」原文のままです。)
清水さんが、ブログで、役者さん1人1人について書いているんだけど、
ちょっと意外な事が書いてありました。
海老ちゃん、頑固だとは思っていたけど、私が想像してた以上に頑固だった。
時に、演出家が困るほどだとは。←清水さんは、前回のおすふんの演出しました。
「自分で納得しないと、たとえ演出しても言う通りにはしない。」のだそうです。
すんごい予想外。あんなにふわふわとしてんのになー。


読んでくださった方、拍手してくださった方、ありがとうございます。
コメントくださったYさま。ありがとうございます。
パソコン復旧お祝いありがとうございます。
PCの調子が悪くなると、なんであんなに、心がざわざわ不安になるんでしょう。
やっぱりちょっと依存気味なのかしらん。
今はとっても快調です。(しかし日曜のチケット、一つは瞬殺でした。びっくり。)

夢だけど、何だか本当に手当てしてもらった気になりました。
夢の中では全く傷が無いとこに絆創膏をペタリと貼ってもらったのですが、
何と、現実的には、一番新しくて目立つ傷がある位置でした!
恐るべし深層心理。そこ治して欲しいって、切実に思ってたからなんでしょうねえ。

パコにはそんな登場人物がいるんですね。あうぅ。
ちょっと。。。どころか、ものすごく不安が。。。
その役が竜司さんだったら。。。いや、逆にその方が良いのか?(動揺)
映画や舞台を観てる人の予想で、竜司くんは、消防士さん?って書いてる方が
いました。怖いけど、映画観といた方が心の準備が出来そうですね。

日曜日は、朝早くからはりきって洗濯してたので、夕立前に無事に乾いて
取り込み完了してましたです!
そして、その後「知ってたよ!」確認しましたー。
いつ気づいたのか、舞台の時もわからなかったのですが、ドラマではもっと
わからなかったです。でも、好きな台詞が残っていて、嬉しかったです。
あの言い方、優しくて、好きなんですよねー。
顔や格好という見かけじゃなくて、香りとかでわかってたら、すごいですね(笑)

レディレディは、推理とか、考える間もなく、どきどきしながら見ちゃいました。
私、普段から、あんまり深く考えずにのめり込んで観るので、まんまと騙される、
良い観客だと思います(笑)
不思議なことに、音響効果が生々しくてすごかったのに、全然びっくうーって
ならなかったんですよね。他が怖かったからかしら。
スポンサーサイト



テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
演劇ブログ
メンタルヘルスブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード