FC2ブログ

音楽葬。ちゃんと生きたい。

叔母の葬儀は、無宗教の音楽葬でした。
音楽葬って、とても良いですね。

式場に向かう途中に、叔母を偲ぶコーナーができてて、美空ひばりさんのタオルや、
ひばりさんの写真入りのラベルのついたワインボトル。ひばりさんの雑誌。
叔母と家族、親戚との写真もたくさん。そしてお花も。素敵なコーナーでした。

受付も式場の中にあったので、受付しながら、式も見る事ができました。
式中は、ずーっと、エレクトーンの生演奏。
式が始まったら、黙祷して、献奏曲を一曲。
叔母が美空ひばりさん、大好きだったので、「りんご追分」。
あれは、エレクトーン奏者の方のオリジナル編曲なんだろうか。
エレクトーンは、音量や音種を自由に変えられるから、こういう場には良いですね。
その後、白いカーネーションの切り花を、1人ずつ献花。
無宗教なので、お数珠を持っている人もいれば、何も持たなくてもいい。
手を合わせても良いし、お辞儀しても良い。話しかけても良い。自由。
献花には、参加できないかなあと思ったら、出席者全員が終わったら、
受付のとこにも、カーネーション渡しにきてくれて、最後に献花できました。
献花している間も、エレクトーンで、ひばりさんの曲を弾いてくれてました。
最後にもう一曲、献奏曲を。「みだれ髪」。
これはね。ほんとに、好きだったんですよね。
叔母さん、歌碑を見に、塩屋岬にも行ったんです。

こうやって、大好きな歌に送られるのって、良いなあと思いました。
と言っても、本人は亡くなってしまっているので、送る側の自己満足とも言えるけど。

お通夜の前に、納棺にも立ち会った。
そうだ。その前に、お酒を唇に。あんなにお酒飲んだら酔っ払ってしまうね。
でも、叔母は、お酒大好きだったので、良いのかもしれない。
その後、とても奇麗にお化粧してもらいました。そして、皆で、旅立ちのお支度。
それが、日本古来の旅姿で、なんだか、良いなあと思ったのです。
足袋に脚絆、脛あて、手甲。編み笠、天冠。草履。六文銭。
杖を利き手の方に、って言われて、皆、一瞬悩みました。叔母は右利きなのだけど、
脳梗塞で右側が麻痺してたんです。だけどね、係のお兄さんが、もう悪いところは
無くなって自由に動かせるのですから、利き手が右なら、右手に。って。
そうか。そうですよね。
もう何にも縛られていないんですね。
最後に、守り刀。

亡くなった時には、誰も気づかなかったので、警察に連れて行かれてしまい、
いとこは、なかなか遺体に会わせてもらえなくて、実感がわかなかったらしい。
昨日の時点でもまだ、実感できてないようでした。
検死の結果、殆ど苦しまずに、自然死と言っていいような亡くなり方だったそうなので、
それが救いです。
まともな睡眠もとれずに、ずっと介護してきたいとこが、落ち着く日がきたら、
ゆっくり休めますように。

早めに行ったので、控室で親戚と待っている時間があり、姉とお茶出しして、
その後端っこでしゃべっていました。入口の方から、ばたばたと音がして、いとこの
お姉さんの声がするのだけど、しばらく入ってこなかったので、音だけ聞いていたら、
また、ばたばたと音がする。
「あ、そっか、叔母さん、車椅子だもんね。上がるの大変だよね。」
と、姉に言っていたら、姉が黙りこくってしまって、自分がとんでもないことを
言ったことに気づきました。その叔母のお通夜に出るためにきたのに。
なぜ、叔母が控室にくると思い込んでいるのか。
私、本当に、実感してなかったんだなあと。
「私、今、すごく変なこと言った。」
と、焦っていたら。姉は。
「うん。」
「聞かなかった事にしとく。」
と、冷静に言ってました。

いつか死ぬってことを実感する。私も死ぬ。焦る。やりたいのにやって無いことが
たくさんある。今はまだ、死にたくない。生きたい。生きたい。生きたい。
どうしてうまく生きられないんだろう。今日だって、安定剤飲んで乗り越えた。
飲まなかったら、切り刻んでいたかもしれない。
何か、使命が無いから?生きる目標が無いから?生きてる意味が無いから?
ただ生きてる。それだけじゃだめなの?
仕事しているのに、色んなことぐるぐるしました。


読んでくださった方、拍手してくださった方、ありがとうございます。
コメントくださったYさま。ありがとうございます。
今度は逆に、ゴタイローの方を、こんばんはに変えてみよう!と、思ったけど、
こんばんはです!イエー。って、書いてみると、すごく普通でした(笑)
あれ。こんばんはです、は、テレビでもやってたかしら。
そうなんです。お仕事で、何かに対処しなくちゃいけなかったら、もうちょっとこう、
器用に立ち回れるかもしれないんですけど、楽しい舞台話聞くぞーって、ぽやーっと
参加してたのに、急に、自分も巻き込まれる(大袈裟)はめになるとはねえ。
握手会。。。予想外でした。次回、しょうもない握手会話を、書いちゃいます(苦笑)
受付は、無事に終わりました。やっぱりちょっと大変ではありましたが、手伝えて
良かったです。きっと、これからじわじわくるんでしょうね。本文に書きましたが、
亡くなった本人が、控室に来るって言っちゃうぐらい、全然実感してなかったんですよね。
自分でも、驚きました。
スポンサーサイト



テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
演劇ブログ
メンタルヘルスブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード