FC2ブログ

押忍!!ふんどし部! ドラマ 1

はい。現実逃避きましたー。皆さん見てますか?
どうにもならない時は、関係無いことを考えようの更新。
舞台未見の友人から、おすふん楽しめないのは、若くないから?
というメールが来ました。
2話目の途中でもう既に辛いそうです。
うーん。うーん。何と答えたら良いのか。

実際ですね、私は楽しめてますけどね。
特に好きな役者も、知ってる役者も出てなくて、舞台も見てなかったら、
どうかなーと、思っていたもので。
友達の気持ちも、わかるのです。
目の前で、凝縮された時間で、自分たちも巻き込まれながら、すごい
勢いで展開されていくのを見ているのとはやっぱり違いますもんね。
しかも、舞台では、人員も限られているから、全部の登場人物を、出演者が
兼役でやっていて、それがまた、面白かったんですよね。

ここからドラマネタばれ、入りまーす。要注意。

ドラマでは、そういう部分がことごとく、変わっております。
複雑なのが、そこが!そここそがドラマの良さぢゃないですか!!!(強調)
舞台では描けなかった細かい部分や、追加エピソードもじっくり描ける。
舞台では、男性陣が、及川のバックダンサーを宝塚調メイクでやる。
女装して、通りすがりの北川のフェロモンにやられてキャーキャー言う。
及川の子供時代は、加藤諒君がやってた。
しかも、唐突に、上手手前に、昔の及川親子が出てくるシュールさ(笑)
それが、ドラマでは、本物の女子が及川のバックダンサー。
そうそう、富永くんの変哲の歌のバックも、女子高生(その他)でしたね。
そしてそして、リアルに女子に囲まれてキャーキャー言われる北川。
変なタイムマシーンに乗って、及川の子供時代に行く富永と及川。
子供及川は可愛い子役の子。お父さんはなんと、橋本さとしさんですよ。
豪華なゲストキャストも売りですよね。
その違いが、私には、とても楽しめるけど、舞台を見ていて、舞台との違いを
見て楽しんでる部分が大きいのです。
なので、全く舞台を知らなくて、私ぐらいの年代の方が、いきなりこのドラマを
見たら、やっぱり入りにくいかなあと。
でも、最後の方に出る、松下洸平くん(彼女は松下君の大ファン)のために、
頑張って見たまえ!と、言っておこう。
しかし。。。4話(北川メイン回)見て、どん引きされたらどうしよう。。。
ゆうちゃんの好きな人って、ええええ???まじで??とか。とか。
モーツァルトの時は、正直言って印象に残らなかったらしいです。
顔も良いし、ガタイも良いけど。とは言ってた。
モーツァルトの時、上山(この友人の前では、竜司くーんとか言わないようにし
ている)に、華があって良かったと思ったのは、贔屓目ですか、
と、メールしたら、贔屓目ですぜだんな。という返信がっ。おうふ。
というわけで、モーツァルトでの役とは全く違う、北川心な上山氏がどう受け取
られるのか。超怖い。怖いよう。自分の好きな役者さんが、酷評されるのは耐え
難い。しかも、友達から酷評されたら。。。おうおう。
私は、ドラマの北川君も、いけてると思うの。
舞台より、おばかな感じが減ってて、かっこよさの方が増えてるのが、
ちょっと残念だけど。←何か間違ってる。
でも、かっこいいと思うのー(もう支離滅裂)
はー。余計なこと言わずに、彼女が続きを見た頃に恐る恐る感想きいてみよう。。。

あ。あと、ドラマ版でちと辛いのは、やたらと脱いでくれちゃうこと。
しかも、それをたっぷり映してくれちゃってるんですよね。
私、ほんとに、裸体や、筋肉に興味が無いみたいで。
というかむしろ、あまり好きではないみたいで。それが辛い。
舞台ぐらいでちょうど良かったんだけどな。
シャワーシーンも売りなんだろうけどう。。。
ぬお。現実逃避でさらっと書くつもりが長引いた。しかも、書き切れてない。
続く。かもしれない。日常と違う事考えよう企画で、並行して3,4種類の
記事を書き始めて、結局、どれもまとまらない今日この頃。


読んでくださった方、拍手してくださった方、ありがとうございます。
次はどんな件について更新するかは、謎。まとまった順に!
と言いつつ、突然また、愚痴や、心の叫びを更新するかもしれません。
暑くなってきましたなー。体調には気をつけて。ではまた!
スポンサーサイト



テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
演劇ブログ
メンタルヘルスブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード