FC2ブログ

4STRIKE 2

引き続き4ST話。
役名失念したので、役者名(しかも勝手な愛称)で書いてます。
印象に残った事を、ぶつ切りで書き続ける私。

というわけで、ちょっと残念なマサくん(中河内雅貴)は、挫折するかと思われたのです。
以前、本気で音楽をやろうと思っていた雄やん(宮下雄也)からは、びしっと怒られます。
マサくんは、元々、バンドマンだったふっきー(藤原祐規)に、何で音楽辞めたんですか、
って、しつこくきいて、切れられたって、しょんぼりしてまして。
雄やんは、軽い気持ちで音楽やるって言うやつ見ると、腹立つんですよ!(要約)って。
音楽辞めた人に、何でそんな理由なんて聞くんですか?って。怒るわけです。
まあ、そうよねえ。きかれても。。。
でも、聞きたい気持ちもわからなくはない。
だがしかし。
怒られて、怒ってくれてありがとう!って言ったそばから、「俺、バンドやる!」
って言い出すんですよね。突拍子もない人間でした。
そりゃあ、雄やんも「俺の話聞いてた?」ってなりますよね。残念な子(笑)
実際いたら、痛過ぎる子だけど、舞台の登場人物として見てる分には、
馬鹿可愛く見えてくる不思議。いやあ、フィルターかかっちゃってるな。

そして、バンドメンバー募集(早)
マサがすたすたこっちに歩いてきたなーと思ったら、「そこの御仁」と、バンドに
誘われました。わ、私ー?と、びびった。←サイドブロックの最前にいたもので。
1回見て、展開知ってたはずなのに、すっかり忘れてて、驚いてしまいました。
そして、わたわたしてる間に、雄やんが速やかに回収して行きました(笑)

練習してるのをちょいちょい覗き見して、応援してるんだかなんだかよく
わからないスタンスで、でも、どうしても気になってるさとちゃん(佐藤永典)が、
可愛かったなあ。見物して、チップ?投げ銭?として、1万円札渡したり、
クレジットカード渡したりね。おかしな子だった。
ふっきーの、愛妻家っぷりが新鮮だった。既婚者なのって、初めて見たかなあと
思ったけど、クリスマス・キャロルは妻子持ちでしたね。

バンド演奏は、何曲だっけか。思ったより少なくて、途中から皆、歌ってたような。
経緯は端折りましたが、結局、4人でバンドを組むことになるのです。
ラストシーンは、初ライブでした。
ちょっとね。どんなスタンスで、聞いていいのか、いまいちわからなくて、困った。
センターブロックの前方の方々は、ファンシートみたいなものだったのかな?
積極的に盛り上げてて、お揃いのタオルも持ってた。
1回目見た時は、マサが「立ち上がれー。」みたいな声を掛けてたと思う。
結局、スタンディングして見てました。
客席下りもあって、2回とも通路近くだったので良く見えました。
2回目の時は、立ち上がれーって言われなくて、何となく座ったまま、手拍子しながら
って感じになりそうだったけど、やはりセンターブロックの人たちが率先して
立ち上がり、ほぼオールスタンディングになりました。
まあ、ああいうライブっていうのは、楽しんだもの勝ちよね。
何も考えずにのってしまった方が楽しい。

さて。次回は、ちょっと印象に残ったエピソードを。
なんか、いつもながら、感想とは違う感じ。でもまあ、せっかく書いたから更新。


読んでくださった方、拍手してくださった方、ありがとうございます。
夜更かし夜更かし。まずい。早く寝なくちゃ。
本日はこれにておやすみなさい。
スポンサーサイト



テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
演劇ブログ
メンタルヘルスブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード