FC2ブログ

VISUALIVE ペルソナ4

金星、月、木星が縦に並んでたよー。とってもとっても奇麗だったよーう。

VISUALIVE ペルソナ4観てきたーーー。
以下、内容に触れますので、DVD待ちの方は気をつけて下さい。

安心と信頼と、必ず想像以上の面白さを提供してくれる(田上統計による)、
浅沼晋太郎さんの脚本演出なので、出演者が誰も発表されていないうちから、
既に観ることにしていました。

まずは、私、なぜ、予習しなかった!と、言いたい。予習大事。
基本、原作があっても「見る前に読んで」と、制作側が主張してない限り、わざとチェック
しないで行ったりすることが多いのだけど、今回ばかりは、ちょっとぐらい予習すべきでした。
そもそも、ペルソナは、来月だと思ってた(ボソ)←来月だと、主役の馬場さんはSAMURAI7。
わたくし、テレビゲームというものをやった事が無いのです。
なので、一般的なゲームの感覚もわからないのです。
その上、ペルソナという世界の設定を全く知らない。わからない。
というわけで、オープニングからしばらくは置いて行かれました。
ペルソナって、術名みたいなもん?「ペルソナを発動する」って表現してるみたい。
あの、めがねしゃきーんってして、陰陽師が式神使って戦ってるみたいな状態が、
ペルソナを発動してるとこなのかしらん。。。
本筋に入ってからは、ついていけたんですけどね。
心おきなく堪能するためには、予習しておいた方が良かったなーと。

『「VISUALIVE(ビジュアライブ)」とは、脚本・演出の浅沼晋太郎と、映像演出の奥秀太郎
による「視覚効果に特化したパフォーマンス」と「俳優の生の演技」とをスタイリッシュに
融合させた、全く新しいライブエンターテイメント。』
と、銘打ってるだけあって、映像かっこ良かったです。そこに生の物、生の人間が絡んで
動いているから、不思議な世界感が出来上がっていました。
映像から飛んできたものがそのまま実体化して、人物の手の中に落ちてきたように見えたりね。
テレビの世界に、劇場全体が吸い込まれていくように見えたり。
もう1人の自分、影(これがシャドウって言ってたやつ?)が実体化してるように見えたり。

初日に観てたのですが、機材トラブルがあって、マイクの音声が入って無い時があったり、
映像とちょっとずれてたりなんてこともあったので、こなれたころにお勉強した上で、
もう一回観たかったなー。だって。わからない部分があっても、十分面白かったんだから。
もっともっと楽しめたと思うよ。
「続く」って感じの終わりでしたが、次は浅沼さんは関わらないっぽいです。
そういえば、ペルソナって完結しているのかしら。ゲームだから、クリアしないと結末が
わからないってことなのかしら。アニメにもなってるから、決まった結末があるのかな。
とても意外な裏ボスがいるらしいので、続きが気になっています。
ま、まさか、実は、堂島さんが、裏ボスとか。。。←一番意外な人をあげただけー。
谷口賢志さん、渋くてかっこ良かったなあ。あの人、作品ごとに、ほんと、全然違う人に
見えて面白い。一番最初に観たのは、ハイカラだったかな。その後、随分色んな作品で観たな。

私は、馬場徹さんを好きであることをそろそろ認めねばならんな。と、思いました。
うん。前々から、感じてはいたが、はっきりしました。
考えてみたら、随分前から、ブログチェックしてるし、過去作品を調べたりもした。
気づいたら、馬場さんが出てるお芝居のDVDを買いそうになっていたこともある。
これって、もう既にファン。。。?最近だと思ったけど、結構前からか。
最近自覚が出てきて、薄々感じてはいたんだよ。
だって、ダンス・オブ・ヴァンパイア行く事にした決め手は、馬場ヘルベルトだったもんね。
SAMURAI7だって、再演は観てないのに、今回のキャストになって、観に行くことにしちゃったし。
まあ、馬場さんだけが目当てでは無いけども。中川晃教さんのウキョウも気になるのです。

というわけで。馬場さん。あの人、面白いー(涙)
なんなんでしょうね。あの面白さは。真面目に話してるだけなのに、独特な空気があって。
その馬場さんの味が主人公(役名は日替わり)の、空気読めないのと混ざって、ほんとに
面白かったです。それに振り回されつつ仲良しな一条くんとのやり取りがとても楽しかった。
あと、台詞を言わない、ただ立ってるだけの時の空気が好きだった。
堂島さんと会話する時、お互い、静かにぼそりぼそりと会話するのが良かったなあ。
とっても自然な感じでした。
女性も皆、奇麗で可愛くて、アクションできて、素敵だった。
戦国★男士に出てる、佃井皆美さんが出てるので、気になってたんだけど、あの子、
ほんとにアクションできる人だったんですね。かっこ良かった。

あとー。美津雄、怖かった。気持ち悪いし。←褒めてます。
儀間裕士さん、初めて拝見しましたが、インパクトありました。
初日だからというのもあるけど、一幕最後の場面で、美津雄の映像が流れて、
「つかまえてごらん?」だっけ、そんな言葉で、うわーーーってなったところに、
客席が明るくなって。皆、一瞬、引き込まれてシーンとなってたんだけど、その後、
どよめきが起こったんだよね。気持ち悪かったり、なんだり、それぞれの気持ちで
どよどよっとしたんだろうけど。あれはちょっとすごかったです。
二日目からは、落ち着いたのかしら。

あれ。今回もなんか、うわっつらばっかりのこと書いてるな(苦笑)
もちろん、しんみりと感動する場面もあったし、面白ろエピソードもたくさんありましたよ。
とりあえず、まとめると、馬場さん、面白い。です。←結局、そこかい。


拍手して下さった方、ありがとうございますー。
本日も、うだうだ書く前に、お芝居思い出話!
今日は、意見したいところを、ぐっとこらえてお仕事してきました。
スポンサーサイト



テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
演劇ブログ
メンタルヘルスブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード