FC2ブログ

スケッチコメディ 3

行ってきました。神保町花月。
私、三回目のスケッチコメディです。前回見逃した「成人男性組」。
前回リーグでは圧倒的勝利で優勝したらしいですね。
まずは。「成人男性組」にも自己紹介していただきたかった(涙)
全然知らない方たちをこれで知って、気になった人のブログ調べたりするのが
楽しいんだよう。
呼び合ってる名前が聞き取れないし、顔を覚えようと思っても、かぶりもの利用
が多く。覚え切れませんでした。
今までより、渋くてシンプルなお題が多かった気がする。
これ面白くなるの?とか、どういう話にするのか想像つかないものも多かった。
そしてそれを選ぶ挑戦的なお客さんが多かった(笑)

印象に残ったこと。の前に、メンバー書いとこう。
成人男性組
ジューシーズ・児玉 / マキシマムパーパーサム・長澤 / パンサー・向井 /
かたつむり・林 / インポッシブル・蛭川 / 若月・徹 / 囲碁将棋・根建 /
色んなグループ名?コンビ名?があるもんですな。
そこから1人ずつしか出てないってのが、面白い。
最初あえて封印してたという必殺技の「二段落ち」は、結局やらなかったん
だよね?見てみたかったな。
今までみた芸人チームと違って、個人に任せる部分が多い気がしました。
中心2人、導入、落とし方だけ決めて、後は個人のアドリブで笑わせる感じ。

「パイレーツオブカリビアな話」カリビアンな映画の話ですね。ンはどうした。
私は映画を見ていないので、色々間違っていてもわかりません。
面白いことをすれば宝箱があくという設定で、次々一発ギャグや物真似を披露。
そんなに必死だったのに、ふらりと現れた人が何もしないで開けることができて
しまって、今まで何やってたんだろう?というオチになるはずだったんです。
それなのに、最後に出てきた人がいきなり、変な動きをした!
動揺する周り。
結局、何かやってしまって開いたので、最初に設定してたオチが使えなくなり、
誰かのアドリブで、中身が宝じゃなくて蒲鉾で、蒲鉾のためになんでこんなに
必死になってたんだろう?な、オチを無理矢理つけてました。
よく持ち直したと思う(笑)
それにしても、決めてたオチをいきなりぶち壊すとか。こわー(笑)
クラッシャーですね。
成人男性組は、暗転してはけていく時に、誰かが何かを言ってるのが毎回聞こえ
たんですけど「とおるさーーーん(怒)」と、言ってたらしいですね。
オチをぶち壊したりしてたのが「若月・徹」さん、だったのかな。
徹さんは「話し合いに入れてくれないんだもん。」「余計な事やるなって言われ
るし。」と、全然悪びれてなかった(笑)

「読めそうで読めない漢字の話」これはどう表現するのかなーと思ったら、
ストレートに、漢字宛てクイズにしてました。何問か出していましたが、最初の
「鮎」の読み方「さかなうらない」、これに全て持っていかれた。面白い。
さかなうらない。
この言葉の響。しかも、魚投げて、出た目で占うとか(爆笑)
読めそうで読めないのメインは「大蒜」でした。私読めた!

「おうむとインコの日の話」このお題、私当たったら、これやってもらいたい、
と、思ってたんです。だって全然想像つかない。選んだお客さん人ありがとう。
カップルが出てきて、今日は何の日?と、女の子が尋ね、男の子が答えられ
なくて、他のメンバーが後ろでその日の由来を演じるというコントでした。
最初に出てきた、でかめのインコとおうむが強烈過ぎて、その後の何の日?も、
全てその印象に持っていかれました。意味がわからないとこに、斧持った銀髪
の人が「今日は○○の日だー。」と、言いながら横切り毎回それで無理矢理
まとめてました。もうそれが変過ぎて。だんだん癖になっていきました。
「○日は○○の日」というのが、女の子役の方の無茶振りだったみたいで、
裏では皆さん、ばたばた大慌てだったみたい。
もしかして、無茶振りしてたのも、クラッシャーな徹さんなのかな。
男の子役の人が、突っ込みを入れつつ笑いをこらえてる姿もおかしかったです。
よく表現したよね。無理矢理だけど(笑)

役者役者
コッセこういち / 宮下雄也 / 枝村明子 / 伊藤修子 / 重山邦輝 / ジャングル
ポケット・斉藤 / サカイスト・将芳
斉藤さんの自己紹介を毎回楽しみにしてます。今回も、東京乾電池所属でした。
斉藤さんて、結構色んなお芝居観てるのかなあ。
そとばこまちや東京乾電池もそうだし、今回なんて、ガジラの名前も出してた。
先月見たばっかりだったから、私的にはタイムリーなギャグ。
誰にも通じてなかったみたいだけど!
告知も、帝劇で「夢から醒めた夢」のピコ役やるとか、なんという突っ込み
どころ満載の私むけのギャグ。私以外にも通じた人いたかな。
ゆうやんはかなりうけてたようだったな。
新メンバー、サカイスト・将芳さんが入ったのがうまく作用してたと思う。
今まで、引っ張って行くのは斉藤さんばっかりになってたんだけど、将芳さんも
かなり積極的に話を引っ張るタイプだったので、斉藤さんが必死にならなくても
うまく回ってた。
コッセさんは、最初から滑舌が悪いキャラで確定していたので、そのせいで話が
止まることもなく、むしろ、それを活かしたボケと突っ込みもあって今までで
一番まとまってたと思う。

印象に残ったこと。
「総選挙の話」政治的なあれではなく、某アイドルグループの話でした。
色々と生々しい話(プロデューサーの秋元さんは、修子さんにも、枝村さんにも
手を出している!)もありつつ、やはりこの話は、宮下雄也くんの雄子に注目。
金髪の鬘かぶって、真ん中で偉そうに足組んでました(笑)美人さんだったー。
雄子が、選挙で一番だったそうです。周りは納得いかず、もめています。
そこで雄子さん、皆にびしっと言ったんです。
あんたたちは、ダンスや歌や演技のレッスンをちゃんとやってない!って。
雄子、ちゃんとしてるー(涙)と、思いました。ただの高飛車じゃなかった。

「神保町花月の話」斉藤さん、修子さん、コッセさん、将芳さんがたどたどしい
演技で芝居の稽古をしてます。そこへ「芝居なめんな!」と、雄也くん、重山さ
ん、枝村さんが武器持って乱入。芸人が芝居をやるから役者の居場所が減る!
と訴えて、銃やナイフ、爆弾らしきもので脅します。
ここの俳優組3人の心の叫びが、本音か?と思うほど激しくて面白かったー。
特に雄也くんの「正直ここにもどういう気持ちで立っていいかわからんっ
(やや表現違うかも)」という言葉。本気かと思っちゃった。
一通りすごんだ後、急に「っていう芝居を今度やろうと思ってるんだけど、
どう?」と、和み始める俳優組。切り替えが鮮やかで、楽しかった。

「オルフェーブルの話」これ、題名読んで全然わからなかったんです。
競馬の話なんですってね。馬の名前。斉藤さんが馬のトレーナー?で、
将芳さんが、取材にきた記者。後のメンバーは馬(笑)
将芳さんに馬の特徴(中の人の悪口とも言う)を説明しながら、名前を紹介。
名前思い出せるかなー。カツゼツワルイオー(コッセ)、カゲグチインパクト
(枝村)あ。もしかしたら、枝村さんは、ショウワルインパクトだったかも。
あとは、ハンリュウ(重山)、インランジュクジョ(宮下)って感じだったかな。
酷い名前だ(笑)修子さんにいたっては、馬じゃなかったからね。
なんと。ロバ。ですって。
人間2人が別な場所で話してる時は、馬たちの会話が聞ける仕様で、
酷い名前つけられて怒ってたり、人間2人の暴露話などをしてました。
馬の場面では、隣にちょっかい出したり、草食べたり、空を見つめたりして、
それぞれ馬っぽい演技してました。雄也さん、馬なのにイケメン認定(笑)
雄也さんの名前は、インコースから攻めるのが多いだかなんだかで、その
インコースという言葉からの流れでついた名前だと本人は言ってましたが。
実際、熟女好きなのか?(笑)隣の枝村さんが真顔で「で、(熟女を)
攻めたの?」と、きいてたのがつぼにはまりました。馬、面白いー。

とにかく。役者役者の初勝利が嬉しかった。
成人男性組は、本領発揮できてなかった気がする。調子悪い人もいたみたい。
また見てみたいけど、全部の対戦見る気力体力は。。。。。
役者役者チームしか見られないかなあ。
題名見てたら、思ってたより色々思い出して、またまた長くなっちゃった。
いつも拍手してくれたり、コメントくださってるSさんが参戦するという話を
うかがっていたので、どこかにSさんがいるんだなーと、勝手にわくわく
しちゃいました。


拍手、いつもありがとうございますー。
スポンサーサイト



テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇 神保町花月 スケッチコメディ

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
演劇ブログ
メンタルヘルスブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード