FC2ブログ

プリシラ 2019

プリシラ、観てきましたー。
力尽きた。。。
体力、気力無さ過ぎやん。
この状態で、明日は、胃腸科診察、検査結果きいて、
たっくさん薬を持った状態で、芳雄さんの「十二番目の天使」。
明後日は、山本さんの「愛のレキシアター ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」。
半年前ぐらいの私ー、いや、もっと前か?過去の私ー、
何故こんな無茶なスケジュール組んだ?
頑張ろうー。おー。←無理矢理、テンション上げる。

今回、アダムはユナクさん。ミス・アンダースタンディングと、
シンシアは、前回と同じ、オナン・スペルマーメイドさんと、
キンタロー。さん。ベンジーは、瀧澤拓未くん。

初演観て、こんなものだ(良い意味で)とわかっていたので、
何も考えずに楽しむ事ができました。
小難しく考えても仕方ないと思う。
友達と一緒に観劇してたんだけど、終演後、楽しい気分になる。
せっかく生きてるんだから、楽しくなくちゃもったいない。
楽しまなくちゃもったいないと、思いました。
趣味も無理して頑張って、辛くなったらもったいないねって。
楽しく生きたいねって。
いつ死ぬかわからないしね。
そこまで、到達いたしました。
ほんと、せっかく生きているんだから、どうせなら、
楽しく生きていきたい。
楽しく生きていても、苦しんでいても同じなら楽しく生きたい。
まあ、それができないから、苦しいんだけどなー。
できてたら、病気治ってるよなー。

そうそう。就労移行支援のスタッフさんに、
「不安や落ち込み、ストレスには必ず原因がある」
って言われたんだけど、それが無くても、よくわからなくても、
落ちてしまうのが、うつっていう病気なんじゃないの???
原因がはっきりわかるようなら、病気じゃないような(疑)
と、エンドレスな悩み。

はい。プリシラに戻して。
私は私で良いんだって思う。
人と比べなくて良いんだ。
実際は、比べてばっかりで、苦しくなるんだけれども。

カテコは、前回同様ごってごて。
山崎育三郎ティックは、指先まで美しいしぐさ。
陣内孝則バーナデットは、気品がある。
普通の女性よりも、女性らしい。可愛らしい面もある。
バーナデット、好きー。陣内さん、当たり役よなあ。
ユナクアダムは、不思議ちゃんで、キュートで。
やっぱり、バスをレインボーに塗っちゃうとこ良かったなー。


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。
コメントくださったTさま、ありがとうございます。
ヒールは、辛いです。男性の革靴も痛かったりするんですかね。
ヒールよりは、マシなんじゃないかと思ったりします。
インソール、使ったりもしてみたんですけど、
足がなかなか特殊なので、やっぱり豆ができます。
色々、調整してみようと思います。
オーダーメイドできるぐらいの、お金があれば。。。(うっ)
お祈り、ありがとうございますー。

コメントくださったYさま、ありがとうございます。
10連休って何?って、感じです。ずっと通所であります。
レミゼ日除く(シレッ)
前の会社は、服装自由だったんですよねー。
会社行ってすぐに、決められたスリッパに履き替えちゃうし、
制服だったので、通勤はジーンズにスニーカーでもOKでした。
だから私も、かれこれ14年ぐらいは、ヒール履いてないです。
でも、就活はさすがに、パンプスですよねえ。。。
入社したら、パンプス履かなくて良い会社だと良いなあ。
パンプスは、無駄なエネルギーだと思います!
なんて、まずは、入社できる会社があるかってのが問題ですな。

ヒールで頭が痛い、で、思い出したんですが、
展示会でヒール履いてましたね、私!!!
そして、大変なことになった記憶が。。。わー。
一人暮らししてた時には、近所にChiyodaがあったんです。
パンプスもそこで買いました。他のヒールもそこで買いました。
Chiyodaは、値段もお手頃だし、良いですよねー。好きです。

サドルシューズにソックス!
良いですねー。足も楽だし、可愛い。
やっぱり、会社で女性だけパンプスっていうのは、
男性目線ですよねー。
足がじんじんするし、むくむし、考えただけで怖いです。
アトピー患者さんには、ストッキングも強敵なんですね。
ストッキングも、すーぐ電線させちゃう私です。
良いことないですねっ。

すごい!大当たり。まさに、双極性I型の人です。
もうすぐ、就活開始するそうです。
意識して、ヒールを履くようにしているそうです。
ようやく、その子が周りの人とわーわー話してるのを
気にしないでいられるようになりました。
一対一で話してると、全然平気で、明るくて良い子だなーとか、
思えちゃうんですけどね。
自分が落ちている時に、周りでわーわーされると厳しいです(涙)
スポンサーサイト

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

莫逆の犬

脚本:田村孝裕(ONEOR8)
演出:田村孝裕(ONEOR8)
宮下雄也
冨田直美(ONEOR8)
山口森広(ONEOR8)
恩田隆一(ONEOR8)
大谷麻乃
ヒラノショウダイ
西田どらやき(入間国際宣言)
奈良岡にこ

矢部太郎(カラテカ)

板尾創路

彼はずっと桜を見ている。
毎日、一年中、何年も、欠かさずに見ている。
それは彼がここにいるしかないから。
ここから一歩も出ることはできないから。
私の帰りを待つことしかできないから。
彼の優しすぎる性格が、いつしか彼を、
犬にしてしまったんだと思います。

さて。いつものように、観た人にしかわからない感想を。
ネタバレありますので、知りたくない方は気をつけてー。

真綿で首を絞められるような感じって、こんな感じ?
初演観てるから結末はわかっていたけれど、ひりひりじりじりと心が痛かった。
雄やん、燃え尽きてた。すごいね。
カテコ撮影OKだったんだけど、まだ一郎が抜けてないから、
全然前を見てくれなくて、俯いた姿しか写せなかったです。

一郎、美月、一郎の父の10年の変化が、
一つの部屋の中を出入りする人物とともに浮き上がる。
田村さんの作品は、時間の移り変わりがいつも鮮やかだ。
話自体は暗く重いのだけど、それぞれのキャラが濃くて、
面白い場面もたくさんある。

ガリ子さんが、好き。友達になりたいわー。
あと、冨田さんがやった役。
ああいう嫌な女いるよなー。
でも、相変わらずカッコいいなー。って思った。
出番の少ない役者さんも、それぞれの場面だけなのに、印象に残る。

矢部さんのぶっちぎりぶり、守さんの、ちょっとズレた一生懸命ぶり、
パンダちゃんの豹変ぶり。
弟くんのクズっぷり。
恩田さんのダメ先輩ぶり。
皆みんな、いそうな人だな。
ガリ子さんと、りょうさんは、ズルい(笑)
面白い。安定の劇団員。

初演と比べて、少し明るくなりましたね。
ココリコ田中さんの時は、もっとどろどろしてたような。
結末は、同じようで、全然違う印象。

初演、ラストシーンが前の人の頭で見えなかったというトラウマがあったのだが、
今回はよく見えた。
けど、ある意味とても大事な、PCを前にソファに横になるところ、
PC画面に丸かぶりで、表情を見る事ができなかった。
残念。非常に残念。
別な角度からもう一回観たかったなあ。
あの場面、やろうとしてることはアレだけど、表情は重要だよねー。
見えなかったのほんとに残念だー(涙)

一郎の変化、美月の変化、一郎の父親の異常にも思える行動。
どのシーンも心に残る。
入れ替わり立ち替わり入ってくる登場人物のインパクトも大きい。
笑ったり胸が締め付けられたり胃が痛い。
雄やんの魂、削られただろうなあ。
こんなに、全ての登場人物が、印象に残る作品ってあまり無い。
ほんの少しの登場シーンでも足跡を残して行く。

美月の変化がきっつい。
一郎の変化が哀しい。
でも、最後は、初演よりすっきりした。
自分で選んだ結末だと思えたから。
って、解釈には自信ないけど。
終演後のどんより感は減りました。
ちょっと説明すると、一郎は、世間から身を隠すために、
10年間、一歩も外に出てないのね。
自首しようとした時も、彼女や父親が止めて。
でも、結局のところ、彼女は、彼をおいて出ていってしまう。
新しい恋人と去っていく彼女が戻ってこられるように、
やっぱり、外に出ないで、ずっと待っている一郎。
ここにいないと、彼女が戻ってこられないからって。
あと、一郎が自首しちゃうと、匿ってた彼女も捕まるからね。
(ちなみに、殺人だけど、彼女との結婚を反対した母親と、
もめていたら、母親が階段から落ちてしまい死亡。
本当かどうかも謎だけどね。弟君は冗談だと受け取るし。)

この、普通じゃあり得ない設定なんですけれども。
人間の変化が面白くて鮮やかで、舞台として成立してる。

ラストシーン。
お腹がすいて、歯磨き粉を食べるところまでは同じ。
初演は、歯磨き粉まで這って行って、食べて、
そのまま、力尽きて餓死した。
再演は、ずーっと眺めていた桜の木の下へ落ちて行った。
自分で終わりにしただけ、今回の方が優しいなあと。
初演の方が救いようがなかった。
でも実は、初演のラストの方が好き(暗)
正直、一度観ているから、初演のようなインパクトはなかった。
それは、仕方ないです。
今回は今回なりの良さがありました。
『出来事』と『思い出』は違う。
ずっしり来ました。
私は、ただの『出来事』ばっかりだ。

今回、哀しいけれど、自分で選べて救われた気がする。
それにしても、彼を犬にしてしまった周囲の人間。
飽きたら捨てる。
犬だ。
犬はいつまでも待ってる。
切ない。
彼女が飽きていくさま、父親の不気味な執着。
狂っていく彼。
見応えあったな。

というわけで、ちょっと突拍子もない設定ですが、
やっぱり、田村作品好きだなー。
雄やん、終わったらどうなっちゃうんだろう?って感じだったけど、
今は、ラビトン稽古、楽しんでいるようで、何よりです。
お疲れ様でした。


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

ミュージカル イヴ・サンローラン

過食した。この日に。それは見事に。
まだ、気持ち悪い。
吐かなかったのは、奇跡。
頓服薬2錠も飲んだのに、止められなかった。

今日、初めて、就労移行支援休みそうになった。
なぜにこんなにきついのか謎。
だけど、のりきった。
大雨だったけど、行ったし、途中で帰らなかった。
頑張った私。たまには、褒めても良いよね。

さて。イヴ・サンローランのお話(唐突)

キャッツからの、ハシゴ。
大井町から、大手町へ。
なんと、東京駅から、歩いて辿り着けた。奇跡!
超絶方向音痴の私が!

東山義久リーダーも気になるけれど、海宝直人先輩Ver.の方を。
更に、川原一馬くんが観たかったので、後半日程で。

公式さんより、概要。
『人は生きるために美を必要とする。』
トラぺーズライン、モンドリアン、スモーキング、サファリ・ルック、パンタロン…数多くの美の結晶を生み出した、フランスを代表する伝説のファッションデザイナー、イヴ・サンローラン。
誰よりも時代の喝采を浴び、
誰よりも孤独で壮絶に生きた ─── モード界の神。
プレタポルテの開拓によってもたらした、多くの人々への美の享受。
その偉大な功績と人生の足跡を、音楽に彩られた束の間の幻として浮かび上がらせる、ミュージカル「イヴ・サンローラン」。これはイヴのパートナー、ピエール・ベルジェが垣間見たイヴの人生のタペストリーであり、
「能」のごとく死者が語る前世の物語である。

そして何よりも、美に囚われた「極度に神経質な、痛ましくも素晴らしい一族」の叙事詩なのである。
ミュージカル「イヴ・サンローラン」
本作は、フランスを代表する伝説のファッションデザイナー イヴ・サンローランの華麗な人生の光と影を、ファンタジックに、そしてドラマチックに描くミュージカル。脚本・作詞・演出を担当するのは、荻田浩一。宝塚歌劇団在団中から文化庁芸術祭演劇部門優秀賞を受賞し、退団後もミュージカルだけでなくストレートプレイやショーの演出も手がけて高い評価を得ており、世界的に有名なイヴ・サンローランの人生をミュージカルとしてどのように描くかが期待される。

イヴ・サンローラン役には、類い稀なる身体能力で魅了する東山義久と、圧倒的な歌唱力で人気の海宝直人がダブルキャストで演じる。そして、舞台を中心に活躍している上原理生、大山真志、川原一馬、神田恭兵、奥田 努、和田泰右といった若手注目株の男性俳優陣が脇を固め、伊東弘美、皆本麻帆、安寿ミラが華を添えて、イヴ・サンローランの切なくも美しい人生を謳い上げる。

ちょっと、あんまり良くない事も書くので、
けなされたくない方は、読まないでーーー。

私には、お洒落がなんなのかわからーん。です。
衣装がちょっとアレでした。
装置もちょっとアレでした。
小道具っていうか、デザインする時に出てくる巻き布が
高級感無くて、ユザワヤ?って感じがしました(正直)
演出もよくわからなくて、全体的に「?」が渦巻いていました。

でも、イヴの純粋な気持ちは伝わったし、ガラスみたいな痛々しい繊細な心は見えた。
真志氏が色んな意味で包容力あるから、余計に際立ってた。
海宝くん、痩せたなー。すごく華奢に見えました。

ルールーは必要無いような(言っちゃった)
むしろ邪(自主規制)
狂言回しは、ディオールがいるしさ。
2人っきりの歌や交流が観たいのに、うろうろされて邪(自主規制再び)
麻帆ちゃんは、悪くないのよ?
まあ、声は主役二人と合わないなーって思ったけれど。
可愛いのに、もったいない。
ミューズのとこだけ出てれば、鬱陶しいなどと思わなかったはず。
やっぱり、演出の問題か?
荻田浩一さんの演出、私、合わないのかなー。
ルールーの最後の衣装が一番「?!」ってなったんだけど、
あの羽根しょってるのは、ルルではないんですって。
イヴ・サンローランが衣装デザインをつとめたバレエダンサーの
ジジ・ジャンメール役なんだそうです。
アフトクレポをしてくれた人がいて、ようやくわかった。
やっぱり、荻野さんの演出、よくわかんなーい(泣)
アルジャーノンは、それなりに良かったんだけれど。

印象に残ったことをぽつぽつと。
やっぱり、安寿ミラさんは、カッコいい。好きです。

神田恭兵さんと、奥田務さんが、随所随所で、良い味出してたよね。

神田ウォーホルのインパクト、大。癖になるあのドヤ顔とダンス。
神田さんが歌った、あの、兵士の歌、良かったなー。

見た人と、色々語り合いたい舞台だった。
それにしても、海宝氏、綺麗だったなー。←また言った。
最初にも言ったけど、ガラスみたいに綺麗だったの。

私の感想が薄っぺらいのは、よくわからなかったからー(正直)
でも、ピエールが、イヴをとてもとても愛していたのはわかった。
それで、じゅうぶん???

それにしても、ブランド名は知っていても色々知らないことだらけだったなー。
そこが繋がってるんだ?!とか。ね。
もっと、賢かったらなあ。
透明で美しい世界観は好き。
それだけに、突拍子もない衣装などにびびる。
海宝くん、壊れそう。折れそう。美しい。

ディオールの一馬も、安定してて(数回噛んでたけど)、上手くなったなあと。
上から目線すみません。
飄々とした雰囲気が良かった。

本当に、うまくまとまらないけど、その気持ちをぶちまけたくなる作品。
しばらく、寝かしておいたけれど、やっぱりわからないままでした。とさ(笑)


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。
コメントくださったYさま、ありがとうございます。
こんばんはー。今頃、一杯飲みながら、芳雄さん見てますか?
私は、リアルタイムで見られないので、明日見ます!
今日はほんとに、通所するのが辛かったですーーーーー。
憂鬱が消えなくて困りものです。
交通費がもらえなくなるので、何とか、通所日数をこなしております。
休めたら、気が楽になるかなー。

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

キャッツ

本日も調子悪し。
頓服薬は2錠飲みました。
ちょっと今は、落ち着いている。
帰り道、「死ねよブス」って言われた気がしたんだけど、
幻聴かなあ。
本当だとして、私がブスだからと言って、
死ななければならないくらい迷惑かけているとは思えないんだけど。
見るだけで迷惑って、こと?(悩)

さて。キャッツ。両親の誕生日プレゼントとして観劇しました。
ちゃんと、通路際を確保しましたよ。
両親を通路際に座らせました。
父の顔を覗き込む猫さん、たくさんいた。
通路際に座っているおじさんは、珍しいのかな。
握手は、通路から3つ目に座ってた私まで、してもらえたの。
美猫ちゃんでしたー。

両親とも、楽しんでくれたようで、ほっとしました。
良かったあ。
久しぶり過ぎるキャッツ。
あまり良くない噂もきいていたので、どうなるか不安だった。
随分、変わりましたねー。
十何年ぶりだ?!
マンゴジェリーと、ランぺルティーザの曲が変わってたのが、
一番大きな変更かな。
増えた曲もあるよね。

さて、良いことを書くのはここまで(きっぱり)
はっきり言って、お歌が今一な人が多くて。。。
非常に残念でありました。
マンカストラップと、オールドデュトロノミーは、上手かったけど。
それ以外は今一って、やばくありませんか?
タガーもスキンブルも、ジェリーロラムも。。。
うーんうーんうーん。。。

台詞もね、飲んじゃう人がたくさんいてね、
聞き取れなかったりするの。
私は、歌詞も台詞もほぼ暗記してるから大丈夫だったけれど、
両親は、聞き取れなかったとこがあったみたい。
言葉がききとれない四季って、致命的じゃない?!
台詞がいまいちということは、お芝居もちょっとこういまいちなわけで。
(しどろもどろ)
なんというか、ジェリクル舞踏会というよりは、
ジェリクル発表会という感じでした。
残念。非常に残念。

でもまあ、両親が楽しんでくれたからヨシ。
(母は、楽しんだけどいまいちだったわって、正直に言ってた(苦笑))
昔見たキャッツって、レベル高かったんだなー。
思い出が美化されている部分もあると思うけど、
今回のお歌と芝居よりはずっとずっと良くて、感動したもん。
今回は、楽しんだけれど、感動はできなかった。
踊りと動きは良かったです。


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

特別なもの。莫逆の犬。ゼブラ。

おかねがへるいっぽう。←無職なので当たり前。
だけど、レミゼのチケット抽選に応募している今日この頃。B席ね!
レミゼは特別!
あと、上山竜治さんと、田村孝裕さんが関わる作品は特別扱い!!
仕方ない!!!
あと、神田恭兵さんと、ミス・サイゴンと、エリザベートも!!!
スリル・ミーも特別扱いかなー。初演からずーっと見てるからね。
アトリエ・フォンテーヌの濃密な空間が懐かしい。
本当に衝撃を受けた。
久し振りの柿澤・松下ペアも、新生、成河・福士ペアも、ほんと楽しみ。
あと(略)

だから(だからって何(笑))、これは絶対観ます。
「莫逆の犬」2/20(水)~3/3(日)
脚本演出:田村孝裕(ONEOR8)
出演: 宮下雄也 冨田直美(ONEOR8) 山口森広(ONEOR8) 恩田隆一(ONEOR8) 大谷麻乃 ヒラノショウダイ 西田どらやき(入間国際宣言) 奈良岡にこ 矢部太郎(カラテカ) ・ 板尾創路

田村さん作演だし、ONEOR8のメンバーが出るしね。
そしてなんと、雄やんも出る!
田村氏の舞台に、雄やんが出るなんて、嬉しいなあ。
私がランガンに出会った「ブルーシーツ」以来ですよ。
雄やんファンの友人も、忙しいけれど、絶対観に行くって!
行くったら行く。

「莫逆の犬」は、とてもショッキングなお話なのである。
田村さんの作品の中でもああいうラストは、珍しいのではなかろうか(疑)
姉は、ラストに衝撃を受けて、終演後劇場出て泣きじゃくって、
トラウマになって、もうお芝居観ない!
って、なっちゃったぐらいの影響を受けた舞台。
今回は、板尾さんの為に書き直したらしい。
衝撃のラストはどうなるのかな。
前にも書いたけれど、私は、その衝撃的なラストシーンが、
前の人の頭のせいで、まるまる見えなかったのであります!
今回、ラストシーンが変わったとしても、
最後までしっかり見える席だと良いなー。

そして、田村作品の「ゼブラ」観てきました。
劇団ONEOR8公演。初演、再演、東宝版ときて、4種類目のゼブラですよ。
これから初めて観られる人が、羨ましい。
くすりとしたり、しんみりしたり、人間が愛しくなる作品。
和田さん、冨田さん、恩田さんの初演劇団メンバーがいることに感動。
いつの間にか、20年周年。おめでとうございます!
客演さんも、初演からのメンバーあり、新キャストあり。
今回は今回の良さがあるゼブラでした。
やっぱり、ゼブラのシーンはぐっとくるね。

こういう人いるーというリアルと、癖のある登場人物のバランスが秀逸で。
同年代のお話に、自分を重ね合わせる。
私はこれからどうなっていくんだろう?って、気が遠くなりました。
家族に会いたくなって、作品の、人間に対する愛を感じてしんみり。
実は、この作品で泣きたかった。でも、泣けなかった。
今の私が、初めて見ていたら、泣いたかもしれないけれど。
役者が変わったりしてるとは言え、4回目だからねー。
泣けるばかりが良いとは限らないけれどね。
笑って、しんみりして、とても良い作品でしたよ。←何目線。


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。
コメントくださったYさま、ありがとうございます。
こんばんは。寒いですねっ。寒いですねーーーっ。
私も、寒さでバカになりそうです。
近隣のお話声も、きっついですね。しかも、その奥さん、
絶対黙らなそうですもの。私も、頭おかしくなりそうだなー。
それが聞こえちゃうYさんも、お気の毒です。。。

ほんとに、2キロしか落ちてないんですけど。
しかも、そこで止まっちゃった(涙)
他人から、痩せたって言われると嬉しいです。
今後、お金と努力が身になると良いんですけど!!!

「莫逆の犬」は、絶対(絶対なんて無いけど絶対!)観に行きます。
久し振りに、田村作品に出る雄やんも、とっても楽しみです。

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
演劇ブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード