夢の裂け目 1

作:井上ひさし
演出:栗山民也
段田安則 唯月ふうか 保坂知寿 木場勝己
高田聖子 吉沢梨絵 上山竜治 玉置玲央 佐藤 誓

井上ひさし流 重喜劇 東京裁判、戦争の真実を問う

『夢の裂け目』は、2001年に「時代と記憶」シリーズのひとつとして書き下ろされ、続いて、03年『夢の泪』、06年『夢の痂』と、市井の人々の生活から東京裁判の、そして戦争の真実を問うた「東京裁判三部作」が生まれました。その後、2010年に「人はなぜ戦うのか」をテーマに三部作を一挙連続上演、改めて、風化させてはならない記憶、国家と国民の関係を描き、今新たに「日本人とは」ということを問いかける作品として高い評価を得ました。

新国立劇場さんのHPより、粗筋。
昭和21年6月から7月にかけて、奇跡的に焼け残った街、東京・根津の紙芝居屋の親方、天声こと田中留吉に起こった、滑稽で恐ろしい出来事。ある日突然GHQから東京裁判に検察側の証人として出廷を命じられた天声は、民間検事局勤務の川口ミドリから口述書をとられ震えあがる。家中の者を総動員して「極東国際軍事法廷証人心得」を脚本がわりに予行演習が始まる。そのうち熱が入り、家の中が天声や周囲の人間の〈国民としての戦争犯罪を裁く家庭法廷〉といった様相を呈し始める。そして出廷の日。東条英機らの前で大過なく証言を済ませた天声は、東京裁判の持つ構造に重大なカラクリがあることを発見するのだが......。

というわけで、「夢の裂け目」観てきました。
竜治くんがっ、普通のっ、インテリだった!
変な人じゃなかった!
色物じゃ無いのって、珍しくない???
笑いが起きたのは、最初の方の、こんにちは、さようなら、
のところぐらい。
びっくり。

2回観るの、キツイな。と。
全然重くないけど、言葉を追うのに精一杯で疲れた。
怒涛の言葉言葉言葉。
井上ひさしさんだもんね。
覚悟はしていたけれど。

ふうかちゃんの、ぴんとした可愛い声でお話が進んで行くので、
見やすいんだろうなあ。
竜治くんから勉強習いながら、憧れてもいる少女な部分が好き。
そして相変わらずとても可愛い。

保坂知寿さん、やっぱり好き。
劇団四季の時代から、すごく好きな女優さん。
凛とした佇まい、声。どこか面白い間。素敵よねえ。

段田さんはじめ、皆、上手いから、そういった意味ではストレスフリー。
でも、ちゃんと理解しきれないところがあって、
周りの人と同じようには感動できなかった。

キーワードになるのが、いくつかあるから、
次はそこにちゃんと注目しよう。
もっと楽しめるはず。
楽しいだけの作品ではないけれど。

難しい言葉を使っているわけではないのに、
あんまり理解できなかった。
周りは笑っている人がたくさんいたのに、全く笑わなかった。
面白いことを言っているなあというのはわかるんだけど。
唯一笑ったのは、最初に書いた、竜治くん(役)の挨拶ぐらいかなあ。
友人は、歯ブラシのくだりでも笑ったらしい。

次回はもっと理解したい。
もう少し頑張って観てみよう。
「夢の裂け目」という題名を心に落とし込みたいのです。


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

StarS。浦井健治。山崎育三郎。井上芳雄。

StarS、また活動しないかなあ。
と言っても、私は、LIVE観に行ったことありません。
映像で観たけれど、とても、楽しかった。
でもきっと、またLIVEやっても、行かないんだろうなあ。
私、StarSのメンバー、皆好きなんですけど、
それぞれのファンクラブにも入ってないし、
全部の舞台観ているわけじゃない。

一人ずつ考えてみよう。

浦井くん、時々無性に会いたくなります(無理)
なんか、幸せになれそう。
ファンなはずなのに、ヘンリーシリーズ観に行かなかったし、
王家もデスノも再演は観てないし、立ち位置、微妙だな。
でも、アルバムは、しょっちゅう聴いてる。
「ミッドナイト・レディオ」を聴いて「大丈夫だから」って
言ってもらった気になるんですうー。←何度でも書く。
ラジオは、先日、初めて聴きました。
素でしゃべってると、本当にふにゃふにゃへにゃへにゃだね。
演技になると、すっと世界に入るのがすごい!
初めて観たのは「蜘蛛女のキス」のヴァレンティン。
石井一孝さんと、縄田晋さん目当てで観たんだよね。
あれが最初だったから、浦井くんのイメージ、今と全然違うの。
男らしい役だったもんね。
今なら、石井さんがやったモリーナの方で観てみたいかも。
調べたら、あれ、荻田浩一さん演出だったのね。
萩田さんと言えば、「アルジャーノンに花束を」好きだった。
浦井くんの好きな作品あげていったら、キリが無いね。

育三郎。何故か、StarSの中で、唯一呼び捨て。
育三郎の扱い(笑)
昨日のMステ見ました。
妙に緊張してしまった。台詞入りとは!!
育三郎、歌が更に上手くなったね←偉そう。
初めて観たのは「レ・ミゼラブル」のマリウスかなあ。
私、育三郎のマリウス好きでした。
カフェ・ソングで泣きそうになったもん。
私は、舞台観て泣いたのは数回しかないので、
泣きそうになっただけでもすごいと思う。
まあ、泣く=良い演技、とは限らないけど。
あと、前回の「モーツァルト!」観たんだけど、
等身大で、ぼろぼろになっていく感じがとても良いと思ったよ。
(って、だから何で、上から目線。ファンの方、すみません。)
しかし、昨日も書いたけど、私の友人からは不評。

芳雄さん。
小川絵梨子さんと組んだ「1984」観に行かなかった。。。
すごく観たかったんだけど、今の状況では心も体もついていけないと思って。
初めて観たのは「エリザベート」のルドルフ。
今でも覚えているから、やっぱり印象には残ったんだよね。
しかし、特にハマりはしなかった。
というか、その時のエリザ自体にはまらなかったんです。
祐一郎さんと、内野さん両方観たけど、足して2で割って欲しいって、
感想が残ってた(笑)
一路さんのエリザベートもいまいちで。
私、一路さんのトート、映像で観て大好きだったものだから残念でした。
話がそれた。
「ミス・サイゴン」のクリスも数回観てるんだが、
その時も特にファンにはならなかったんだよなあ。
クリスって役自体がそんなに好きじゃないせいもあるけど。
サイゴンは、トゥイが好き(余談)
ハマったのは、映像でしか観てないんだけど、こまつ座の「組曲虐殺」から。
あれ、すごいのめり込んで見ました。
あれで、芳雄さんを観る目が変わったなー。

さて。書くだけ書いて更新。
あなたのStarSは、ドコカラ?とか、話す相手がいたら楽しいのになー。


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

ロック☆オペラ サイケデリック・ペイン

これも、昔観たやつー。2015年4月銀河劇場で見てました。
最近、中途半端に書いた感想を発掘してくるのが流行り。

作:森雪之丞
音楽:布袋寅泰
演出:茅野イサム
小越勇輝 桜田通 佐藤永典 慎之助 汐崎アイル/
七木奏音/玉置成実/佃井皆美 冨森ジャスティン 林野健志 山岸門人/
麻生かほ里/藤木孝 …and more

初演の公式HPから、粗筋拝借。
――どこか懐かしい近未来。

人気急上昇中のロックバンド“サイケデリック・ペイン”の
ヴォーカル・詩音の前に現れた謎の美女ソフィ。
自らを天使だというソフィは、“ブレイン・スクエア”のハッキングで
毎夜詩音に、「世界を救えるのはあなただけ。あなたが救世主です。」と訴える。
大天使ミカエルを復活させるための3つの鍵、
その最後の鍵『救世主(メシア)の孤独』を、詩音が隠し持っているというのだ。
いつしかソフィの存在は、人知れず“孤独”を抱えていた詩音の心に、
特別な感情を芽生えさせた。

ある日、異変に気づいた“サイケデリック・ペイン”のギター・魁人
に詰め寄られ、詩音はバンドを辞めると言い出す。
――信じ続けたROCK、夢に向かって共に歩んできた仲間たち…
それらを捨ててでも、ソフィを守る。ソフィへの思いは、“愛”に変わっていた。

救世主の宿命を背負った詩音と、そんな彼を放っておけない魁人、
そしてバンドのメンバーは、復活をめぐる“天使”と“悪魔”の
争いに巻き込まれていく。

奇しくも“サイケデリック・ペイン”野外音楽堂でのライブ当日。
ついにすべての鍵が揃い、ステージ上で詩音はソフィへの愛を証明するために、
救世主であることを受け入れようとするが・・・
――悪魔を崇拝する秘密結社“ダークネス”も魔王ルシフェルの降臨を願い、
その時を狙っていたのだった。

“天使”と“悪魔”……それは、人間が持つ複雑な心の分身。
“善”と“悪”“光”と“影”相対する2つのパワー・バランスが
崩れた近未来社会で、幻のような痛みを抱え、迷いながら未来を模索する若者たち。
彼らが、本物の“愛”に出会ったとき、そこには真実(ほんとう)の“天使”
が現れる……。


いのうえひでのりさんとか、河原雅彦さんの演出の方が合うんじゃないかしら、
とか、身も蓋もないことを考えていたら、初演はいのうえさん演出だった!
なるほどね。。。
小越勇輝さんに「お前ら立てよ!」と、煽られる日が来るとは。
「2階も3階も立てよ!」と、煽りつつ「落ちんじゃねーぞ!」
と、気遣いを忘れない小越さん(涙)
小越さんが女子といちゃいちゃするのは、微笑ましく見ていられるのに、
桜田通さんがいちゃいちゃしていると、見てはいけないものを見ている気が
してしまうのは何故だろう。通さん、大人になったなー(しみじみ)

小越くん、一生懸命、ロッカーになろうとしたんだろうなあと思いました。
真面目なんだろうね。
ものすごく楽しみにしてたのだけど、世界観とか、なかなかついていけんかった。
小越くんは、いかんせん、見た目が超可愛いので、
高校生がバンド組んでるようにしか。。。
喉やられたのか、音域が合わないのか、バンドの音に埋もれちゃってた。
通のソロの方が、ばんばん聞こえてた。
通は、大変おいしい役でした。色気もあったなー。

アイルとさとちゃん、出番が少なかった。
ライブ場面では確かにいるんだけど、ドラムとキーボードは後方だし。
バンドとして数コーラス、ソロで歌ってたぐらいで、
ミュージカル曲でのソロは無し。
悪役の、ジャスティンや、林野たけちゃんの方が断然出番がありました。

おごたんは、あの見かけだから、今後、作品選びが大変かもねえ。
今回の役、阪本奨悟の舞台復帰作にしても良かったんじゃ。
とか、身も蓋もないことも考えてしまいました。
おごたん、頑張れー。

って、こんな中途半端なところで、感想が終わってる。
しかも、世界観にはまれなかったから、役者についてうだうだ。
話しの内容はどうだったんだ?!
思ってたのと全然違っていて、ぽかーんとしちゃった記憶。
でも、通さんが、色気もあって、大人になっちゃって、
何だか、どきどきしました。
天使とか悪魔とか、ファンタジーじゃない世界観の中に出てくると、
ちょっと、浮いて見えちゃうんだよね。
今見たら、もうちょっとこう、楽しめるかもしれません。


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。
コメントくださったYさま、ありがとうございます。
Tシャツコメントは、最初の部分だけだったんですね。
簡潔で、おかしいとは思わなかったです。大丈夫でしたよ。

今日は、体験2回目、力を抜くように意識してみました。
前回ほどは、ぐったりしませんでしたー。
この調子で、あと1回体験してきます。

妹さんのお友達さん、面白い職種ですねっ。
前に、そういうお仕事の方を特集した番組を見たことがあります。
お握り300個、すごい!
小林薫さん、渋くてカッコいいですよね。

やっぱり、季節の変わり目のせいですかねえ。
お互い、はやく、すっきりしたいですね。

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

4BLOCKS

これは、かーなーりー昔。
調べたら、2015年4月の記録に書いてあった!
感想を書こうとして、途中までで止まってたのを発掘してきました。

演出:河原雅彦
音楽:諸星和己
脚本:澤田育子
諸星和己/ISSA/SHOGO/山崎裕太
内藤大希/赤澤燈/内海大輔/古見将大
安藤聖/河西智美/はいだしょうこ

げきぴあさんから、粗筋拝借。
「4BLOCKS」は、諸星和己、DA PUMPのISSA、175RのSHOGO、山崎裕太
の4人が兄弟で「4BLOCKS」というトップアーティストグループ、
という設定のオリジナルミュージカル。

演出は河原雅彦、音楽を主演でもある諸星和己自らが
担当していることにも注目したい。
また、振付も一部ISSAが担当している。

ストーリーは、かつて一世を風靡したトップグループ「4BLOCKS」が、
突然解散を宣告され、落ちこぼれ人生まっしぐらの4人兄弟が、
とあるきっかけで再び集結し、音楽とむきあうこととなる。
その中で兄弟間の確執が表面化し、兄弟関係がどんどんこじれていく。
4人をとりまく人々との交流と、真剣に本音でぶつかり合うことによって、
徐々にそのもつれがほぐれていき、最後、ついに1つの音楽が完成する。


ネルケさんの招待企画に当選しまして、行ってきました。
前にも書きましたが、ISSAさんの生歌に感激。
なんか、4BLOCKSのメンバーってすごいよね。
声の相性も良かったです。
音楽がとても好みのものが多かった。

このメンバーのパフォーマンス見るだけでもなんか、贅沢気分で。
HILLSのメンバーが、4BLOCKSをバカにする場面。
台詞とはわかっていても、見てるこっちがはらはらしてしまった。
すごいこと言ってた。
「時代遅れのポンコツ」とか「お じ さ ん」とか。
そりゃあ、燈くんとか、ぴちぴちの子からしたらーーー。
あうあう(涙)
HILLSのメンバー、歌も踊りもキレキレでかっこよかったです。
かっこよかったのと対照的に、アンサンブルとして色んな役で、
たびたび出てくるのだが、女装が可愛くてだな。
燈くんが可愛いのは、マリアさんシリーズで知ってたけど。
内藤くんが超好みだった。可愛いーーー。
話それたけど、単純な設定で、河原さんの演出のわりに、毒は薄めに感じたなー。
ちょっとベタな感じもしました。
でも、気軽に見られたし、観劇後はすっきりした気持ちになった記憶。
2回観たしなー。
今の自分で、もう一度観たいなあ。

水田航生くんが近くで観ていたのに、友人に教えてもらうまで気付かず。
世界平和にいかしたい笑顔なのに!←いつまでも言う。


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

ねこはしる

この間、就職相談会を受けた就労移行支援事業所、
体験実習してきました。ぐっっったり。たり。
感想については、後日。今日は、大分前に見た「ねこはしる」のお話。

原作:工藤直子(童話屋刊)
脚本・演出:ふじたあさや
音楽:西村勝行、振付:酒井麻也子、タップ振付:祝利美杏
歌唱指導:赤星啓子、美術:池田ともゆき、衣裳:坂本真彩
照明:坂本義美、音響:山北史朗
王子菜摘子,太田有美,小山雲母,笠松はる,片山千穂,勝山優,川島由美,
神田恭兵,鈴木英恵,中島史香,中野亮輔,中村つむぎ,藤咲みどり,
古舘一也,森山蓉子,矢鳴優花,横山由和(ゲスト)

童話屋さんからの粗筋。
のろまでドジだけれど気持ちの優しい、子猫のラン。
池の魚と仲よしになって、いつしか二人は心を通わせ、ともに成長します。

ところがある日、魚がほかの兄弟猫に見つかって、魚とり競争が行われることに。
前の晩、魚は静かな声でランにこういいます。

「きみにたべられたいんだ
 ...ともだちのきみになら
 <たべられる>のじゃなく
 <ひとつになる>気がするんだ」

ランが悩んだ末、心に誓った哀しくもたくましい決意とは?...


見る方の力もいる作品な気がして、
観る前、とても怖がってました(苦笑)
コロスが表現するものが、私には見えるだろうか。
作品のメッセージを素直に受け取れるだろうか。
心は解凍されているだろうか。
楽しみだけど、不安もいっぱいで観に行きました。

そして。
受けとめ過ぎた。受けとめられた。
終演後には、ふらっふらのよれっよれで、胃が痛くなりました。
全く泣きはしなかったけれど。現地で会った友人に、
休まなくて大丈夫?ちゃんと帰れる?
と、すごく心配されるほどには影響を受けました。

ラスト、色んな受け取り方があるのだろうなあ。
私は、どうしても辛くて。
わかるんだけど、苦しくてたまらなかった。
その原因の一つに、ラスト上手後方の紗幕の向こうが見えなかったというのがある。
最後の最後に気付いたんだけど、あの時、あの2人は、
どういう表情をしていたんだろうか。
笑顔?泣き顔???←どうやら、わざと見えない演出にしてたっぽい。

できれば、笑顔で走っていて欲しい。
それならば、救われる。
私は、幸せな受け取り方をすることにする。
2人、一緒になって、幸せに生きて行くんだ。
辛いけれど、幸せなんだ。命は巡る。
ちょっとライオンキングを思い出す。

池の藻が歌い、ダンスをする藻が、魚の周りを回る。
あのシーンが好きだ。もう一度観たい。
今にも涙がこぼれそうな魚の目のシーンと、
覚悟を決めた、ランのきりっとした目が印象に残っている。
ランが、成長するに従って、少しずつ衣装が変わるのも良かったなあ。

コロスの表現するもの、純粋な気持ちで受け止めた。
そう見えた。なんだか、動植物って優しいなあと。
ランに優しいもの。
野うさぎ母さんは、ランの母さんにまで気遣っている。
すすきもざわざわ。

そうだ。神田魚の髪の毛の話を伝えたい!
青が入っていたんです。
それが、時々反射して、お魚の鱗が、きらっと光るように見えて、
とても奇麗でした。
それに、動きがしゅるんとしてて、お魚が素早くするする泳ぐように見えて、
とってもお魚だった(伝わって!)

魚のくしゃみ、猫のランのくしゃみ、小さくくしゅんとしてて、
とても可愛い。
コロスが一緒にわーって驚くのも可愛いの。
魚と猫が遊ぶってどんなものかと想像できなかったけど、本当に遊んでた。
段々成長するのもわかった。舞台ならではの表現だよねえ。

なろうと思えばなんにでもなれると魚が言う。
猫のランは、ふわふわの綿雲に。
小さい魚は鯉だと思えば鯉になれるって。
「俺、鯉なんだぜ!(どや)」(言い回し違うかも)が愛らしい。
決めポーズ大好き。
それを聞いたコロスのぽっかーんとした顔からの笑いの間が絶妙。

やまばとの場面がとても楽しかったな。
横山由和さんって、私の大好きなマドモアゼルモーツァルトの脚本を始め、
色んな作品の演出されてる方ですよね。弾き語り出来るとは。
ででっぽっぽうー、楽しい!褒められてるさかなが見える席で、
とても嬉しそうな顔が微笑ましかったなあ。

命がキラキラしていて眩しかった。
泣かないけど!私の命のなんとどろどろしていることか。
動物も植物も本当にキラキラしていた。
包容力があったり見守ったり応援したり。
それでもどうにもならない運命があって、究極の決断を下す。
ラストはどうしても、笑顔で走っていて欲しい(再)

観劇後、色んな方々の感想やレポを読んで、脳内補足。
ありがたや、ありがたや。
私の記憶の儚さと、感想の表現力の無さよ(涙)
でも、「感想には正解は無い」という言葉に勇気づけられて、
思ったことを、つらつら思いつくままに書いてみました。

精神的には辛い状況で観に行きましたが、
感じ取ることが出来て良かった。
本当に、皆さん、素敵でした。
一回一回まるで違う印象だったんでしょうね。
それが演劇の醍醐味!何度でも観たい!
けど、これはちょっと、何度も観るのはきつかったかな。
1回で、じゅうぶん受け取れた気持ち。
出演者の皆さま、スタッフの皆さま、そして、
客席で一緒に楽しんできた皆さま、お疲れ様でした。
温かい空気をありがとうございます。
勝手に仲間意識ー(笑)

はい。呟いたことから思い出しつつ加筆してアップ。
帰り道、本当にしんどかった思い出(苦笑)
でも、観ることが出来て良かったです。


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。
コメントくださった、あゆこさま、ありがとうございます。
コメント欄にお返事書きましたので、いらしてたら読んでくださいな。

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
blogram
blogram投票ボタン
演劇ブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード