FC2ブログ

特別なもの。莫逆の犬。ゼブラ。

おかねがへるいっぽう。←無職なので当たり前。
だけど、レミゼのチケット抽選に応募している今日この頃。B席ね!
レミゼは特別!
あと、上山竜治さんと、田村孝裕さんが関わる作品は特別扱い!!
仕方ない!!!
あと、神田恭兵さんと、ミス・サイゴンと、エリザベートも!!!
スリル・ミーも特別扱いかなー。初演からずーっと見てるからね。
アトリエ・フォンテーヌの濃密な空間が懐かしい。
本当に衝撃を受けた。
久し振りの柿澤・松下ペアも、新生、成河・福士ペアも、ほんと楽しみ。
あと(略)

だから(だからって何(笑))、これは絶対観ます。
「莫逆の犬」2/20(水)~3/3(日)
脚本演出:田村孝裕(ONEOR8)
出演: 宮下雄也 冨田直美(ONEOR8) 山口森広(ONEOR8) 恩田隆一(ONEOR8) 大谷麻乃 ヒラノショウダイ 西田どらやき(入間国際宣言) 奈良岡にこ 矢部太郎(カラテカ) ・ 板尾創路

田村さん作演だし、ONEOR8のメンバーが出るしね。
そしてなんと、雄やんも出る!
田村氏の舞台に、雄やんが出るなんて、嬉しいなあ。
私がランガンに出会った「ブルーシーツ」以来ですよ。
雄やんファンの友人も、忙しいけれど、絶対観に行くって!
行くったら行く。

「莫逆の犬」は、とてもショッキングなお話なのである。
田村さんの作品の中でもああいうラストは、珍しいのではなかろうか(疑)
姉は、ラストに衝撃を受けて、終演後劇場出て泣きじゃくって、
トラウマになって、もうお芝居観ない!
って、なっちゃったぐらいの影響を受けた舞台。
今回は、板尾さんの為に書き直したらしい。
衝撃のラストはどうなるのかな。
前にも書いたけれど、私は、その衝撃的なラストシーンが、
前の人の頭のせいで、まるまる見えなかったのであります!
今回、ラストシーンが変わったとしても、
最後までしっかり見える席だと良いなー。

そして、田村作品の「ゼブラ」観てきました。
劇団ONEOR8公演。初演、再演、東宝版ときて、4種類目のゼブラですよ。
これから初めて観られる人が、羨ましい。
くすりとしたり、しんみりしたり、人間が愛しくなる作品。
和田さん、冨田さん、恩田さんの初演劇団メンバーがいることに感動。
いつの間にか、20年周年。おめでとうございます!
客演さんも、初演からのメンバーあり、新キャストあり。
今回は今回の良さがあるゼブラでした。
やっぱり、ゼブラのシーンはぐっとくるね。

こういう人いるーというリアルと、癖のある登場人物のバランスが秀逸で。
同年代のお話に、自分を重ね合わせる。
私はこれからどうなっていくんだろう?って、気が遠くなりました。
家族に会いたくなって、作品の、人間に対する愛を感じてしんみり。
実は、この作品で泣きたかった。でも、泣けなかった。
今の私が、初めて見ていたら、泣いたかもしれないけれど。
役者が変わったりしてるとは言え、4回目だからねー。
泣けるばかりが良いとは限らないけれどね。
笑って、しんみりして、とても良い作品でしたよ。←何目線。


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。
コメントくださったYさま、ありがとうございます。
こんばんは。寒いですねっ。寒いですねーーーっ。
私も、寒さでバカになりそうです。
近隣のお話声も、きっついですね。しかも、その奥さん、
絶対黙らなそうですもの。私も、頭おかしくなりそうだなー。
それが聞こえちゃうYさんも、お気の毒です。。。

ほんとに、2キロしか落ちてないんですけど。
しかも、そこで止まっちゃった(涙)
他人から、痩せたって言われると嬉しいです。
今後、お金と努力が身になると良いんですけど!!!

「莫逆の犬」は、絶対(絶対なんて無いけど絶対!)観に行きます。
久し振りに、田村作品に出る雄やんも、とっても楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

浪漫活劇 るろうに剣心 2

きーいーてええええええええっ。
「るろうに剣心」2回目で、最後の観劇に行ってきたんですがっ。
前の男性が大き過ぎて、センターが全く見えないという哀しみ。。。
傾斜があるのに、見上げる程大きい人。
13000円だして、これしか見えないとか。。。(泣)
見せ場が見えないから拍手する気力も無し。
途中諦めて、俯いてた。
竜治くんのソロも見えないだろうなと、一幕の内に考えて、
泣きたくなりました。
剣心の影の殺陣もすごく見たかったのに。
見えない見えない。おうふ。

前回は、お着物の、妖怪まえのめりんがいた上に、
チケット代ケチって、3階席で、花道も客席下りも全く見えなかった。
次回は、もっと物語に入り込めますように!
って、書いてる。
今回は、後方とは言っても、1等席だし、花道も客席下りも見えるし、
3階よりは、ずーっとずーっと近いから、入りこめるはず!
って、期待しながら行ったものだから。がっかりだよ。
ヘタにほぼどセンターだったものだから、ど真ん中がずっと見えない。
13000円払って、3時間この人の頭を観に来たのかぁとか、
考えちゃって、切なくなりました。

だがしかーしっ。武田観柳の竜治氏は、役作りなんだろうけど、
一処でじっとするということが無いので、ずっと見えないということが無かった。
男性の頭の脇から、ちらちらちらちら見えました(涙)
ありがとうありがとう。落ち着きのない武田観柳!←褒めてる。
ガトリングも、ど真ん中見えなかったら見えないようー(涙)って
諦めていたのだけど、思ったよりうろうろしてくれたので、
少し見えました。ありがとうありがとう。挙動不審な武田観柳!←とっても褒めてる。
金で何でも解決しようとする、嫌らしさ。
金が効かないとなると途端に、わーわー言う小物感。
子供っぽいところ。
ガトリングの前で、乙女になるところ。
好きです。

花道はよく見えました。
おかげで、四乃森蒼紫な三浦涼介くんは、かなりよく見えたよ。
まあ、ソロソングは、ど真ん中で歌い踊ってたから、
全く見えなかったけれど。。。
やっぱり、かっこ良かったなあ。

高荷恵の愛原実花さん。前回も書いたけど、やっぱり好き。
ビジュアルからして好み
声も好き。
自分が作ったものを、何としても回収しようとする意志の強さ。
男性よりも、頼りになりそうー。

あとやっぱり、緋村抜刀斎(剣心の影)の松岡広大くんね。
かなり見えない部分が多かったけれど。
高い台に、ひょいって乗る重力の無い動作は観れて嬉しかった。
あんまり見えなかったけど(しつこい)、やっぱりやっぱりすごいよ!
殺陣、かっこ良すぎるよ。
剣心の影であることが、すごくよくわかる。
剣心を、影に引きずり戻して、戦って。
はー。もっとしっかり殺陣観たかったよう。

そして何より、緋村剣心の早霧せいなさんね!
今回も、女性って事、全く意識しないで観てたよ。
薫や弥彦を守ろうとする時の、スイッチ入った状態。
流浪人の時の、ぽやんとした感じ。
両方、魅力的。
殺陣もだけど、歌も上手いよねー。
上手いって言うか、すごくききやすい。
素敵だったなあ。
やはり、宝塚の人の男役ってかっこいいようー。

はい。見えなかった割に、見えた部分を褒めまくってみました。
一回ぐらい、ストレスフリーで観たかったなあ(涙)


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

浪漫活劇 るろうに剣心 1

原作:和月伸宏「るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―」
脚本・演出:小池修一郎(宝塚歌劇団)

緋村剣心:早霧せいな
神谷 薫:上白石萌歌
斎藤 一:廣瀬友祐
四乃森蒼紫:三浦涼介
武田観柳:上山竜治
相楽左之助:植原卓也
高荷 恵:愛原実花
緋村抜刀斎(剣心の影):松岡広大
加納惣三郎:松岡充
明神弥彦:加藤憲史郎(交互出演)
明神弥彦:大河原爽介(交互出演)
明神弥彦:川口調(交互出演)
朱音太夫:彩花まり
関原 妙:五條まりな
三条 燕:田村芽実
山県友子:月影瞳
セバスチャン:遠山裕介
井上 馨:松井工
山県有朋:宮川浩
藍実成 浅川文也 伊藤寛真 祝陽平 大場陽介
黒沼亮 笹岡征矢 寒川祥吾 鮫島拓馬 柴原直樹 高木勇次朗 髙頭祐樹
楢原じゅんや 西村聡 早川一矢 廣瀬真平 藤田朋輝 山名孝幸
織里織 熊澤沙穂 小板奈央美 杉浦小百合 松村沙瑛子 美翔かずき
横関咲栄 吉田繭

<あらすじ>
舞台の中心となるのは、明治11年 東京、薫風の章。血に染まった剣を封印し、逆刃刀を手に流浪人となった男―緋村剣心と 「人を活かす剣」を信じる真っ直ぐな瞳の少女―神谷薫が出会う。人を守りたかった少年が、何故人斬り抜刀斎という修羅となったのか。その男が何故、不殺の流浪人となったのか。大切な人達と出会いながらも、罪の答えを探す剣心の苦しみは続く…。幕末の動乱を生き抜いた者達の、新たな戦いが始まる。

演出のネタバレ有ります。

前の人が、お着物で、帯を崩したくないのか、
肩を椅子の背につけてくれてなくて、しかも前のめり気味で、
すごくすごく見えなかった(涙)
チケット代をケチりまして、2回行くうちの1回は、A席にしたのです。
3階の後ろから2列目。
遠かったわ。想像以上に。
気持ち的にも遠く感じました。
花道も、客席下りも全く見えないし。。。(泣)
やっぱり、観劇って、お金を出すだけの価値はあるのかなあなんて、
考えてしまいました(しみじみ)
1幕長いなーと、現実に戻ってしまったりして。
それはきっと、見えない部分が多かったのと、遠かったという
二つの要因が大きいと思うのだけれど。
でも、最後列でも、感動する時はするしなあ。

そういば、どこのミルク?って場面があった(笑)
(それは、エリザ!)←心の声。
同じ、いけこ先生ですもんね。
ってなことを考えるぐらいには、集中できてなかった(泣)
お着物の、妖怪まえのめりんと、チケット代をケチった私のせい!
でも、S席も、1階後方席という哀しさよ(涙)

武田観柳の竜治氏は、大変キモかったです!←全力で褒めてる。
ガトリング砲を前にした大興奮な一人芝居も最高でした。
観柳が出てくると、ついつい目で追ってしまった。
後ろの方でも、けったいな動きしてるんだもん(笑)
やっぱり竜治くん、面白いなあ。

緋村抜刀斎(剣心の影)の松岡広大くん、動きがすっごいね!
考えてみたら、遠山金太郎観てたわ。
あと、映像だけど、ナルトも観てる。
うんうん。運動能力高いよね。
とにかく、重力が無いみたいなの。
すっごい殺陣だった。
緋村剣心の早霧せいなさんも、男性って言って良いぐらい
ハマってて、かっこ良かったのね。
この2人が一緒に殺陣をやってるシーンの迫力といったら。
本当に、かっこ良かったなあ。

早霧さんの剣心。穏やかで、ちょっととぼけた流浪人の時と、
人切り抜刀斎が顔をのぞかせる時の、きりっとした感じ、
切り替えが鮮やか。人切り抜刀斎になると、途端にかっこよくなる。

四乃森蒼紫の三浦涼介さん。りょんりょんー。
ワイヤーで下りてくるのは、3階席から良く見えたようー(涙)
おいしい役だなあ。あ。私、原作全く知りません。
殺陣も鮮やかだし、歌もダンスもかっこ良かったです。
りょん、いつの間にかあんなに歌上手くなったんだね。
りょんの歌の記憶は、bambinoとか、ピュアボの頃で止まってる(古)

相楽左之助の植原卓也くん、すっごいムキムキになってた!
グレルやった人とは思えない(驚)
高荷恵の愛原実花さん。なんか良いなーと思いました。
好みなんですよね。ああいう人物像。
黒髪つやっつやのストレートロングもお似合いでした。素敵!

一人一人書いていると、きりがありませんね(苦笑)
やっぱり、何と言っても、早霧せいなさんが、
剣心として、ど真ん中に立ってるから、
成立しているんだなあ。
次回は、もっと物語に入り込めますように!


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15 ZEROTOPIA

作・演出:岸谷五朗

柚希礼音  西川貴教
新田真剣佑 宮澤佐江・花澤香菜(Wキャスト)

藤林美沙 原田 薫 大村俊介(SHUN)
水田航生 植原卓也

原田 治 小林由佳 中村百花 おごせいくこ 丹羽麻由美
碓井菜央 加藤真央 大曽根敬大 岩﨑浩太郎 田口恵那
堀部佑介 辻中 武 小南竜平 砂塚健斗 日向智法
咲良 大音智海 鈴木百花 高木勇次朗 酒井比那
鈴木さあや 杉山真梨佳 蛭薙ありさ

岸谷五朗 寺脇康文

公式さんより粗筋。
目覚めると…気がつくと…意識を取り戻すと…
そこは島であった。
感覚が…おかしい。
五感が…変だ。
確かな事は…自分は、島にいる。

そんな感覚に取り憑かれ、島を見渡しているのは自分だけでは無かった。
何人かの人間が島に生きていた。
否、生き残っていた。

彼等は自分と同じ豪華客船に招かれた人々。
沈むはずのない客船が沈んだ。

打ち上げられた数名の命・・・男と女。
彷徨い徘徊している内に出逢いを重ねる人々。

罪を隠す女
恨みを隠す男
悲しみを隠す男
狂気を隠す女
何も隠さない男
そして、企みを隠す男…

一つ一つ剥き出しになっていく彼らの隠された過去。
そして、彼等は知る。
この島に流れ着いたのではなかった…。
客船は沈没したのではなかった…。
「俺達は、沈没させられ!流れ着かされたのだ!この島に!」

この島は、色を失った、地図にない島。そして、大きな大きな…陰謀渦巻く島。
彼らは、なぜ、集められたのか。
心の奥底に巣食う闇を抱えて生きてきた彼らに、魔の手が近付く…。

実は実は、地球ゴージャスは得意じゃないのだけれど、
大音智海さん目当てで観に行きました。
率直な感想を呟いていたので、加筆して記事にします。

なんかこう肩がこらないで芝居観られたのは、久しぶりかも。
無の気持ちで見てました。
いや、ほんと、地球ゴージャスの名前の通り、ゴージャスでございました。
私は、岸谷五朗さんと、笑いのツボがズレてる。
でも、単純にすごいなー豪華だなーって楽しんでた。

お目当ての、大音智海くん、どんどん男らしくなっていくなあ。
最初は、可愛いっておもっていたのに。
歌のソロもあったし、TAPもやってた。
いやあ。かっこいい。

加藤真央くんて、目立つよね。
ダンス、きれっきれだし、あの髪型。
そして、ちょっと小さい。
どうしても、目がいってしまう。

藤林美紗さんが、相変わらずかっこいいんですが!

新田真剣佑くん、花男ミュージカルぶりに観た。
あの時は、華奢に見えたけど、意外とがっしりしてる。
条件反射的にジュンに甘えてしまうとこは、可愛すぎだろー。
あれは、需要と供給よく分かってるな!
気絶の仕方が、キレ良すぎ(笑)

あかん。
可愛いと、かっこいいばかりになってる。
愛してるとか、好きとか、頭の中、スルーしてしまう哀しさよ。
ワンさんみたいに、心に闇が無いのって良いなー。
本当は、辛いこともあったかもしれないけど、
取り込まれないぐらい笑顔で生きてきたんだろうねえ。
ほっこり。

水田航生くんの笑顔は世界平和に活かせるのではないかと常々言ってるのですが、
今回は、悪役だったので、満開の笑顔が見られなかったのは惜しい。
しかし、植原卓也くんとコンビでダンスもお芝居も、二人とも良い味出してた。
美味しい役よねー。

ほんとに珍しく、頭痛もしなかった。
これって、すごいことな気がする!
ただただ、単純に楽しめるって大事。
すごく大事。いつも小難しく考えることはない。
地球ゴージャスは、これで良いのかも。

こんな感じで、かるーく、きゃっきゃきゃっきゃしながら
楽しんで参りました。内容に触れてない。察して!(笑)
上にも書いたけれど、岸谷さんとは笑いのツボが違うのです。
あと、突然のシリアスも、苦手だったりします。
基本、ついていけなかったりします(苦笑)
だからかなー。一昨日、映像で見てたら、うとうとしちゃったぃ。
西川貴教さんが、歌いだしたらはっと起きたりして。
西川さん、やっぱり、歌の迫力はすごかったです。
そんな感じで。


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。
コメントくださったYさま、ありがとうございます。
終日通所、一日だけですが、頑張りました。
精魂込めた!は、プラス表現ですねー。

ちなみに、私、PTAは関係無いですが、あむうぇいに
勧誘されたことあります(涙)
他にも、ネズミ講の集まりに連れていかれた事も。。。
騙しやすいと思われているんですかねえ。。。(泣)

明日は、通所ではなく、乗馬行ってきます!
新しいクラブにはなかなか慣れなくて、
楽しみと思えてないのが哀しいところです。
Yさんも、風邪には気をつけてくださいね。

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

ジャージー・ボーイズ 2018 3

大音智海さんの、初演後のブログを読み返してみた。
熱い思いがたっぷりで、懐かしかった。
あっきーに憧れているのが、ひしひしと伝わってくる。
私の方も、大好きなあっきーと、大音くんが同じ舞台に立っている!
って、感慨深かったもんなあ。
感動で、泣きそうになったもの。
今回あらためてみても、大音くんすごい!ってなった。
このブログのエピソードの中で、藤岡正明さんが、
「あっきー!そいつはおめーじゃねーんだから!その要求はちょっと・・・!( ;`´)」
って、あっきーに耳打ちしてくれたっていうのが好き。
だって、対等な役者として、要求してくれたって事だもんね。
いや。あっきーと対等って、どれだけ難易度高いの?!って感じだけど。

さて。WHITEの感想、続き。
マサ(中河内雅貴)のトミーって、どうしようもないけど、
なんだか、一生懸命で、気づいたらこんなになってたっていうのが、
自分のせいなんだけど、なんか、可哀想になってしまうのよね。

そういえば、初演WHITEで、ジョー・ペシにトランプひかせるとこ、
本当にカードが当たって、おおっ!って、客席にトランプ見せてくれたんだよね。
マサトミー、お茶目な部分もあって好きです。

海宝直人ボブの天才っぷりがすごくて、眩しいのです。
でもちょっと、黒い部分もありそうで(笑)
そして、歌唱力な!
上手いだけじゃなくて、芝居歌で、本当に素敵。

福井晶一ニックの包容力。安定してる。
ちょっとおかしくて、お茶目な部分もあって素敵。
爆発する部分は切ないよなあ。
歌の安定感もすごいです。

ジャージー・ボーイズ、どうしてこんなに好きなんだろう?
テンポが良いことと。
泥臭いんだけど、どこか爽やかなところ。
そして、何より音楽の魅力かな。
母と行ったのだけど、母はリアルタイムで聞いていた音楽で、
ノリノリになれたらしい。
色んな年代が楽しめるの良いね!


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
blogram
blogram投票ボタン
演劇ブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード