打ちのめされた。初めての失敗。

うあー。
今、足跡を残してくださった方のブログを読んで、
ものっすごく、もっのすごく、痛い。
刺さったわー。まるで、私のことのよう(涙)
根性出して我慢して会社にしがみついてる。
それは、転職する勇気が無いからー。
スキルも無いと思う。
うちの会社の仕事だけでいっぱいいっぱいで、
スキルアップするためのこと、何もしてこなかった。
転職するとしたら、まさにあぴいるぽいんとって、
責任感と根性ぐらいだもんな。。。
あと、向上心。その向上心、うちの会社の中だけじゃなくて、
世の中に通用する方に向けてれば良かったよ。おうふ。
打ちのめされたわー。
ほんとに、ごもっとも。

さて。題名にある、初めての失敗ですけども。
以前、今日は、レミゼの日と書きましたね。
。。。出発時間、1時間間違えた(驚)
こんなこと、初めて!
乗る電車決めて、何時過ぎに出発するか決めて、
何度も確認して、その時間に出たはずなのに!
駅に着いたら、その時間の電車が無い。
1分早くなってる。
ネットで検索したのに、時刻表変わった?!
と、自分が間違えたとはさらさら思わないわたくし。
で。そんなわけないな、と、よくよく見たら、
1時間早く、家を出てただよ。おうふ。←2回目。
1時間遅いよりは、ほんとにほんとにましだけど。
こんな失敗したこと無い。私やっぱりおかしいよう。
会社復帰が近付いていて、頭おかしくなったんだろか。

休職前のブログを読み返していると、
3月あたりから、超悪化してた。
チケット買い間違いしたり、腕を切りまくったり。
どんどん、周りが許せなくなってたり。
チケットの買い間違いも初めての失敗だったんだよなあ。
やっぱりやっぱり会社が嫌なの?!
嫌でも何でも、やるのよ。行くのよ。頑張るのよ。
根性よ。←上の話題で打ちのめされたけど止められない。

今日は、気分的に、元々早めに設定していて、
更に1時間も前に出てしまったので、時間に余裕ありまくり。
ロビーで、おにぎりでも食べようかと思っていたのだが、
日比谷シャンテで、ゆっくりたっぷり夕食食べちゃった。
ちなみに、帝国劇場、敷居が高いと思っている方もいると
思いますが、ロビーや客席(上演時間外)で、
持ち込みのパンとかご飯、お弁当食べてる人、
たくさんいますから、どうぞお気軽に。
格好だって、ジーンズの人も、スニーカーの人もいますぜ。←何キャラ。
私は、帝劇は、ジーンズにスニーカーはやりませんけどね。

結果的に、シャンテの神田グリルで、ふわとろチーズオムライス、
サラダ、ホットコーヒーを頼んで、当日のチケットを持っていると
サービスしてもらえる、デザートまで食べました。
のんびりゆったり。あー。美味しかった。満足満足。


読んでくださった方、拍手してくださった方、ありがとうございます。
とんでもない失敗をして、落ち込んでおりますが、
竜治さん成分を補給したので、大分充電できました。
今期、今一しっくり来てなかったのですが、今日のはすごく素敵だった!
ねー?←って、誰に聞く。
スポンサーサイト

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

拒否反応の影響。舞台関係の独り言。

今日一日、何にもしなかった気がする。
気持ちは焦っているのに、何もできなかった。
でも、日記は書く。書くったら書く。

御見舞御礼、19日(月)の大安に届くように手配
したのだけれど。
自分のとこに送って、顧問に手渡しする方は、
発送完了メールが来たのに、正しいさん宛ての
荷物の方は、発送完了メールが届かなーい。
注文時のPCの拒否といい、発送トラブルも起こるとは、
自分が嫌な気持ちになっているのって、
そんなに如実に影響するものなのかしら。
無事に届くと良いけど。
問い合わせメールしとこう。

明日は、芳雄さんの「謎の協奏曲」一般発売日です。
森新太郎さん演出で、橋爪功さん、井上芳雄さんの
二人芝居なんて、面白いに決まってるわー。
久しぶりに、チケット取り頑張ろうかなあと思っていたのですが、
ついさっき、急にやる気を失くしました。
やっぱり、社会復帰がどうなっているかが気になって。。。
ちゃんと復帰できて、行けるかわかった時には、
既にチケット無いだろうけど、いたしかたない。
どうしても行きたかったら、当日券頑張ろう。

気になるけど購入してないやつ、思いつくまま一気書き。
「デスノート」浦井くんなのに!かっきーなのに!
「RENT」村井マーク、もう一度観たいのに!
「ピーターパン」大音智海くんや入絵加奈子さん、観たい!
「魔都夜曲」観たい人たくさん出過ぎてる!ははは。。。
「ビリー・エリオット」前期は取ったけど、後期もう一回観て、
キャストを網羅したい。
「カゾクマンⅡ」田村孝裕さん作演のカゾクマンの続編。
シュールなやつー。これは多分、観に行くと思われる。
あとはー。
「罠」加藤和樹のダニエルは観たいのだが、演出家さんが
苦手なのと、他キャストが絶対観たい!という感じじゃない。。。

言いたい放題書いて、今日はお終い。
今日は何もできなかったけど、悪い日じゃあなかった、なぁ。
と、言い聞かせつつ。


読んでくださった方、拍手してくださった方、ありがとうございます。
コメントくださったYさま。ありがとうございます。
給湯器は、どうなるでしょう。今日は連絡ありませんでした。
いつお湯が出なくなるかと思うと安心できないので、
できれば、変えてもらえると嬉しいのですが。。。

本当に記憶に無くって、自分が怖いです。
どこか違う次元に行っちゃってたんでしょうか。
トート閣下に会えてたとしたら、わくわくしますね(単純)
お酒では、2回だけ記憶を無くした事あります(告白)

やっぱり、記憶が無かったとは言え、書いたって事は、
それが本音ってことなんでしょうか。
それすら確信できないくらい、ほんとに全く記憶に無くて。
こんなの初めてなもので、恐ろしいです。。。
包丁持って私だけにを歌うって、迫力ありそうー。
私は、包丁持ってる時、歌う余裕無しです。
瀬名さんの、トート閣下は見たことないんです。
宝塚版だとやっぱり、一番最初に見た(映像ですが)、
一路さんの閣下が好きです。
ベルばら、予約しないで、親元に来てしまいました。
こっちでは、CS見られないんですー。
代わりに、トニー賞見たいと思います。芳雄さんも出てるし!

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

世界は嘘で出来ている 2

人身事故に巻き込まれて、こんな時間ー(涙)
うちの管轄の税務署の場所、調べてなかった。。。
なので、急遽PCを起動。ついでに更新しております。
明日は、ゴミ出しして、簡易書留を待ち、
届き次第、税務署へ行くという、私にとっては、
とても忙しく、精神的につらいすけじゅーるです。
とりあえず、税務署が嫌です。さぼりたい(鬱)


さて。「世界は嘘で出来ている」のお話。
私がやたらと勧めたせいもあり、4人程、観に行ってくれました。
ONEOR8、面白いと思うんだけどなー。
もっと、知られても良いと思うんだけどなー。
そして、この話、特に好き。
この間の、一つの記事で終わりにしようと思ってたのですが、
ちょっとした感想や、質問をいただいたので、第二段。

ネタバレありです。
そして、これが、正解というわけではなくて、
私の感想であり、私が、こう思ったということであります!

「お前、クズだな。」
は、仕事を続けると思っていた気持ちが裏切られた、
という気持ちと、
自分にかえってくるような気持ちもあったのかなと。
だから、どちらかと言うと、土井くんに向けてというより、
自分に向かっている言葉な気がしました。
土井くんがじいちゃんに「お前、クズだな。」と言われた
話をした時に、
「だから、(孝行が)どうにかならなかったのかなあ。」
って、べそべそ泣いていたあの時の気持ちに戻っていったの
ではないのかと。
なんで、どうにかしてやれなかったのか。
なんで、気づいてやれなかったのか。
そして、母親に言った
「本当の孤独死っていうのは、誰からも哀しんでもらえないことだ」
「だから、孝行は孤独死じゃない」
母親は哀しんでいる。自分も哀しんでいる。
孝行は決して孤独死ではない。
嘘だと思っていたけど、本当に仕事をしようとしてたんだ。
というのは、自分にも言い聞かせている、嘘と本当の中間の
お母さんに対しての嘘。
でも、皆に好かれていた。苦しまないで死んでいた。のは、
本当の嘘。
こんな気持ちがぐるぐるして、崩れ落ちて泣いたのではないか。
と、思って見ていました。

土井くんは、悪い意味で、今時の子代表みたいな存在かなと。
言いたい事は言うし、哀しい事は哀しむ。
空気も読まない。それでも、時々、本質をついた事言う。みたいな。

孝行は、自分に似ているものだから、どんな人だったかと
言われると。。。
私の場合は、皆と上手くやりたくて、無意識で、
嘘を吐いてしまっていた事があったなあ。
仮病も、使った事ある!
それに、皆と上手くやりたくて、好きな物を好きと言えなかったり、
嫌いな物を嫌いと言えなかったりもした。
でも、誰とも上手いことやってるつもりで、
嘘吐きだって、ばればれじゃ、意味無いですよね。
嘘で塗り固めたせいで、自分の人生が壊れて行く。
お兄さんが出て行くタイミング、彼女が出て行くタイミングで、
ちゃんとしようと思い始めてたんじゃないかなあ。
私は、彼女のために、ちゃんと仕事に受かろうとして、
面接を受けて、受かったんだと思います。
というか、思いたいです。
こればっかりは、見た人それぞれの思いたいように
思って良いと思います。

だがしかし。
本気で、ちゃんと仕事に受かろうとしてた、と、信じていたら、
滝口が、母親に必死についた不器用な嘘は、
上に書いたように、電話の時点では中間の嘘。
初演の、当日パンフに書いてあった、
『嘘もダマしきれば本当になる』なんじゃないかなあ。と。
嘘のつけないお兄ちゃん、頑張った。

孝行の死因ですが、最初は、脳溢血か、脳梗塞かと思ったんですが、
頭痛だけは、嘘じゃなかったと思っているんです。
そう考えると、大分前から、頭痛は起きているので、
脳腫瘍かなあという結論に達しました。
誰か一人でも、しょっちゅう起こる頭痛を心配してあげて、
無理にでも病院に連れて行っていれば、こんなことには
なってなかったのに。。。
という意味でも、滝口は、泣いたんじゃないかなあ。。。

大人にそのまんま、子供役をやらせる手法はよく使いますね。
コルトガバメンツもそうでしたもんね。
ちょっときゅうけーい。←あー、可愛い。

ゴミだらけの部屋を使って、二つの時間軸を
行ったり来たり。ゴミが少しずつ片付いて行く。
ほんと、上手い事構成されてるなあと、
今回も感心してしまった。←偉そう。

母親役の方、若い方なんですよね。
それなのに、肝っ玉母ちゃんって感じで、
大らかで、包容力があって素敵ですよねえ。
畳屋と、衾屋のコンビは、初演に引き続き、
良いコンビネーションで、笑いを起こしてました。

田村さんの作品は、重くなり過ぎず、
笑いをちりばめてくるのに、きゅうに
ぐっっっとくることを突っ込んでくるので、
気が抜けません。
なんだか、書いてみたら、余計にぐちゃぐちゃした感じ。
本当のことを知っているのは、作った人たちのみ。
読まれたら、笑われちゃうような変な解釈だったりして。
まあ、思ったものは仕方ない。
そんな感じであります。


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。
コメントくださったYさま、ありがとうございます。
こんな時間にこんばんは。午前様になってしまいました。
久しぶりの友人とも会ってきました。
お話はちょっと哀しかったです。
猫さんにお薬飲ませるのって、難しいですよねえ。。。
うちの猫さんも、よく、飲みこんだと思ったら、
ぺっっって吐き出してました。なかなかごくりとしてくれません。
喉をさすったりして、頑張ってくださいね!
鰹節控え目は可哀想だなあ。。。←うちの猫さん、大好物でした。
お大事にです。

先生が状態を聞いて、投薬治療してくれるのは安心ですが、
先生によっては、2回目から5分診療になる場合もあるとか。。。
良い先生に当たってると良いんですけどね。
調剤薬局は、病院の目の前なんですが、小っさくて、
その病院の人が皆行くので、混みこみです(苦笑)

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

世界は嘘で出来ている 1

ONEOR8が、2014年10月にやったものの再演。
私、ONEOR8の作品の中で、1,2を争うぐらいに、
この作品好きなのです。
再演ありがとうありがとう!

ちょっと話がそれるけど、田村さんは、
劇団に書き下ろす本が一番どろどろしている気がする。
人間の暗い部分を抉るような話を書く事が多い気がします。
大きい制作会社からの発注とか、有名人が主演する事が
先に決まっていたら制約が多そうだもんね。
自分たちの劇団なら、他よりは自由がきくのかもしれない。
そのせいか、田村作品は、ONEOR8を見た時が一番どんよりする。
嫌などんよりじゃなくて、考え込むって感じなんだけど。
たまーに、全く救いの無いように思える時もある。←「莫逆の犬」とか。

はい。ここから、ネタバレしまくりなので、
何も知りたくない方は要注意。

彼は片付けた。今までの嘘を。
僕らは片付ける。彼の死体を。

脚本・演出:田村孝裕
出演 恩田隆一/伊藤俊輔/冨田直美/山口森広/和田ひろこ/古屋治男/守富龍人(ムツキカっ!)/異儀田夏葉(KAKUTA)/浅野千鶴(味わい堂々)/矢部太郎(カラテカ)/甲本雅裕

エントレさんから、一部粗筋をお借りします。
孤独死があった部屋を片付ける特殊清掃業者の男は、亡くなった弟の部屋を片付けることになった。やがて兄弟2人を軸に、さまざまな人間関係が浮き彫りになり…。

以前、2015-01-21「本当の孤独死」という記事で、
少し感想を書いた事があります。それも交えて。
小さい頃から、嘘ばかりついて、本当の事を言わずに、
上手いこと生きて行く弟。
いじめられているから、学校に行きたくないと仮病を使う。
兄は、相手を家に呼び出して謝らせようとする。
だけどそれは、弟がズル休みしたいだけの嘘。
俺たちいじめてなんていないもん、って泣きだす男の子たち。
古屋さんと、山口さんが、本役の他に一瞬の小学生役(笑)
実は私も、小学生の時、水銀の体温計を操作して、
熱が高い事にして、ズル休みした事があったりする。。。

母が、水商売をしているのも、隠していた事は、
優しい嘘ではないかと思う。

兄は、弟に就職の面倒もみてあげるが、辞めてしまう。
その真意は、弟が死んでからわかる。
どうせ信じてもらえないからと嘘をついていたけれど、
友人だと思っていたタイル屋さんが、
兄に水増し請求していたのだ。
色んな嘘が交錯するのだけれど、本当のこともあったり、
どうせいつもの嘘だろう?と、信じてもらえなかったり。

ずっと頭痛いって言ってたのも、信じてもらえなくて、
彼女も出て行ってしまって、倒れたのも気づいてもらえなかった。
30代40代の孤独死、多いのですって。
今の私、休職中だから、自宅に戻って行き倒れたら
孤独死する可能性あるよなあ。。。何て思って心が痛い。

ハローワークに通って、上手い事失業保険を長くもらおうとして、
仕事を探しているフリをしている、というのが本当なのか。
彼女に出て行ってもらいたくないと、
働くことにしたのが本当なのか。
遺品の中の携帯が鳴る。
兄が出てみると、介護の仕事が決まって、初めての出勤日
だったのだと言われる。
彼女は、自分のために就職しようとしてたなんて言われたら、
重過ぎる。迷惑です。と。←新しい彼がいるっぽい。
友達だと思ってた子にも、たまたま受かっちゃっただけだ
働く気なんて無かったに違いないと。

ここから、前の記事にも書いた事も。
嘘をつけない正直者で不器用な兄が、
孤独死した弟が、本当は苦しんで苦しんで死んで、
(苦しんで死んだ人の死体は、玄関に向かってうつ伏せで
手を伸ばして死んでいることが多いそうだ。苦しくて、
最後の最後に助けを求めたということらしい)
周囲からも、死んでくれてほっとした、とか、
あまり好かれてなかったとか、
そういうよくない評判をきいてしまったけど、
母に報告する時に、必死で嘘をつくシーンがあったんだ。
苦しまないで死んでたよ。
周りの人も良い人ばっかりで、皆、哀しんでる。
仕事もしようとしてたんだよ。
ヘルパーの資格も取って。
「本当の孤独死っていうのは、誰からも哀しんでもらえないことだ」
「だから、孝行は孤独死じゃない」
と、携帯で伝える。それはもう必死に嘘をつく。
嘘をつけない兄が。

最後の最後の仕上げに、細かいところまで掃除機をかける。
客席に背を向けたまま。
掃除機をかけながら、だんだんへたりこんできて、
最後、背中だけで、号泣しているのがわかる。
暗転。終演。

つけない嘘を必死でつく兄の場面や、
掃除機をかけながら泣いて行く背中を見て
泣いてしまうお客さん多数。
いや。私はやっぱり泣かないけどね。

私は、独り暮らしだし、ハローワーク通い経験者、
失業保険受給経験者だから、他の人より、
身近に感じてしまった気がする。
田村氏が書く本は、やっぱり痛いわー。

でも、よく考えてみたら、会社に受かった真相を
明かさなかったのは、田村氏の優しさ、なのかな。
真相はどうであれ、元彼女にとっても、兄にとっても、
皆、自分の一番良いように受け取れば良い。
それこそ、題名の通り「世界は嘘で出来ている」なんだなあと。
時間の入れ替わりといい、嘘と本当の絶妙な加減と良い、
ほんと、良くできた構成と脚本だと思う。←上から目線すまん。

どうしても、甲本さんの良さが際立って、
目立たないかもしれないけど、劇団員の安定感や、
ゲストさんの素敵さ、時間の入れ替わりの絶妙な演出とか、
他の部分にも注目して欲しいなあと思います。ONEOR8好き。
最終的に、題名がストンと、腑に落ちました。
あー。もう、ベンチ席が残ってる日が数日だけみたいだけど、
もう一回観たいなー。でも、今回ばかりは我慢だ。
お勧めした人が3人ほど、観に行ってくれるんだけど、
気に入ってくれるかなあ。。。


読んでくださった方、拍手してくださった方、
ありがとうございます。
コメントくださったYさま、ありがとうございます。
こんばんは!そうなんです。これ以上薬増えると困るんです。
ばっちのコーラの人、久々の出演ですねっ。
ハーゲンダッツにそんな影響があるとは。。。
私は、寒がりで、滅多にアイスを買わないので、
気付かなかったです。
怖いもの見たさで、やってみたいような。。。

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

tag : 舞台 観劇

入院する暇無し!

どうしても、今日が日曜日な気がしてしまう。
そして、土曜日だって気づいて、
明日が竜治くんに会える(違)日
だって思って、その次の日が、病院だわっ。
と、かまえてしまう。
祝日でも開院しているんだけど、私は無理言って、
二週間後の27日にしてもらったんだった。
どうしたんだろー。
昨夜は、どこかで、人が歩きまわる音がして、
何度も何度も、親に確認したんだけど、
聞こえるのが、私だけだった。何だろ。不思議。
げ、げんちょう??????まさかね。

むー。病気が治るまで、せめて、入院が解決するまでは、
新しいチケット買わないぞと、心に決めていたのに、
もう既に、ぐらんぐらんぐらんぐらんぐ(以下繰返し)
一番近いのは26日の「フレンズ・オブ・ディズニー」ね。
去年の映像見たら、楽しかったので。
っていうかー、海宝くんの歌が、無性に聞きたいのです。
また、みっきーのエクササイズやらされるのかなあ。
そうだったら、誰かと一緒にいた方が楽しいよねえ。

はい。次。
「紳士のための~」「君はいい人~」「髑髏城の七人 花」
「アニー」「レ・ミゼ~(回数は書けない)」「あさひなぐ」
「グレート・ギャツビー」「パレード」「ビリー・エリオット」
は購入済み。「パジャマゲーム」は結果待ち。
ほらやっぱり、入院してる暇は無い!

はい。続いて、購入したくなっちゃってるもの。
「あんちゃん」←あゆこさん、情報ありがとー。
「髑髏城の七人 鳥」「RENT」「Beautiful」「魔都夜曲」
「ピーターパン」「罠」「人間風車」「メンフィス」
むむうううううう。他にも出てくるんだろうなあ。。。
これから手を出さなければ、8月9月だけなら入院できる。
けど、その頃には余裕で、復職していたい。うわーん。


読んでくださった方、拍手してくださった方、ありがとうございます。
コメントたくさんくださったYさま、ありがとうございます。
お母様の退院おめでとうございます!!!
ほんとにほんとに良かったですね。心配は残りますが、
笑いが出るほどには、回復できたのはめでたいですね。
看病も、大変だと思いますので、お体には気をつけて。

やっぱり、生きていてごめんなさいと思っていても、
絶対死にたいとは思っていない、ちゃんと生きたいと
思っているって、説明しているんだから、そんなに
心配しなくても良いと思うんですけどねえ。。。
それが、希死念慮ってもんなんでしょうか。
他人を引き込んで一緒に死のうとする人なんて
いるんですね。こ、怖いです。そういう人が、
一般社会で暮らせるなら、私なんて、他人に
対しては攻撃は行かないから、とっても安全ですよね。

通常の自傷する人と同じかどうかはわかりませんが、
昔は、自分が引く事の方が多かった気がします。
正しいさんに耐えられなくなってきた頃から、
がんがん、ぶつかっていくようになって、
こじらせてしまったんだろうなあ。。。
ほんっとに、お医者さんも、カウンセラーさんも、
なかなか手厳しいです。特に、カウンセラーさんが
慎重派なようです。仕事は早くしたいなあ。。。

チケット、2枚の方が、同行者が友達誘ったりして、
見つかりやすいかなあと思ったんですけど、
1枚でも、私みたいな人は喜んで行きます。
実際、友人が困ってる時に、代行観劇したことありです。
お金は払いましたけどねー。
私もいざという時、頼む事があるかもしれないと思って。
♪イッツ・エンターテイメント♪みたいに、
♪さもなければ、1人で観に行け♪ですよねっ。

竜治さんの舞台、明日行って参ります!
心の治療として、認めます!
同行者も、私と同じく、目の前に役者さんが来るのが
苦手な人なので、速攻で帰ってしまうと思います。
が、舞台中は、思う存分見つめたいと思います!

テーマ : 不安定な心
ジャンル : 心と身体

プロフィール

田上ゆう

Author:田上ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メンタルヘルスブログ
メンタルヘルスブログ
blogram
blogram投票ボタン
演劇ブログ
演劇ブログ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム